΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    ネット販売増で馬券105億円超
    2011年3月29日(火)


    - 2011年3月29日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市単独開催4年目のばんえい十勝は28日、今年度の開催(151日間)を終了した。馬券の発売成績は105億6831万円(予算比97・2%、前年度比98・4%)となり、減少幅は2009年度の7・1%(8億1922万円)減から1・6%(1億6783万円)減に圧縮、下げ止まり傾向を示した。ネット販売が初めて本場の発売額を上回り、前年度比2億4353万円増となった効果が大きかった。昨年8月に帯広競馬場にオープンした観光交流拠点施設「とかちむら」の効果で、本場の入場人員は23・6%増と伸びた。

     2007年に始まった新生競馬は3年連続の前年・予算割れとなったが、長期不況と東日本大震災の影響で国内の他の競馬の発売額が軒並み大幅減となる中、ばんえいが唯一持ち直してきた。

     インターネット販売は3年連続の増加。オッズパークは前年度比3・3%増の23億2438万円、全発売額の22・0%を占める収入の柱となった。楽天競馬モールも同56・0%増の5億2329万円と大幅に伸ばした。5重勝は国内の他の地方競馬でも導入された影響で予算比80・9%(2億1766万円)減の5133万円となり、これを除けば全体の発売額はほぼ予算額に達した。

     道内7カ所の直営場外では、旭川が運営受託会社の地域PR強化の成果で前年比97・9%、広域場外発売もばんえいPR馬ミルキー号の派遣などで同98・6%と健闘した。

     来年度は8月に3連勝式馬券を導入予定で、「秋の道東道全線開通と合わせて前年度比横ばい、さらに増加に転じることも可能」(合田隆司室長)とみている。(横田光俊)


     
    ばんえい挙げ被災地を支援
    2011年3月28日(月)

    協力してくれた子供と馬と触れ合う森田獣医師(左)

    - 2011年3月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は27日、最高峰の重賞レース「ばんえい記念」が行われ、帯広競馬場は昨年比521人増の4053人のファンでにぎわった。東日本大震災の支援イベントが数多く行われ、競馬場診療所の森田美範獣医師と厩舎(きゅうしゃ)関係者、ばんえいPR馬が呼び掛けた被災馬支援の募金には来場した子供たちも協力した。

     東北出身者も多いばんえい関係者は震災直後から支援活動を開始、騎手は街頭募金に立ち、帯広競馬場と道内の場外発売所での募金は27日までに約134万円になった。

     27日には入場門近くで、森田獣医師の呼び掛けで被災馬支援活動を行い、募金箱を下げたリッキー号、ミルキー号に子供たちがニンジンをあげながら募金した。帯広稲田小の孔明君は「ばん馬はかわいい」。ニンジンをあげた凛ちゃんは「大好き」とリッキー号の顔をなでていた。(横田光俊)


    大声援を浴びて激走、末脚を伸ばしたカネサブラック(松田道明騎手)

    - 2011年3月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は27日、最高峰の重賞レース「農林水産大臣賞典第43回ばんえい記念」(BG1)を行い、1番人気のカネサブラック(牡9歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、馬主は渡島管内八雲町・トーヨーファーム、生産者は旭川市・坂井牧場)が同記念3度目の挑戦で悲願の初制覇、通算60勝(うち重賞13勝)とした。松井調教師は同記念4度目の優勝、松田騎手は初制覇。タイムは4分7秒7(馬場水分0・9%)。2着は昨年の覇者で2番人気のニシキダイジン(牡10歳、槻舘重人調教師、藤野俊一騎手)、3着は4番人気のフクイズミ(牝10歳、松井調教師、尾ケ瀬馨騎手)だった。(横田光俊、折原徹也)

    残り30メートルで逆転一騎打ち制す
     前夜の降雪、コースの凍結防止ヒーティング停止の影響で軽めの馬場条件となった。

     前半は小刻みに休みを入れながら徐々に(9)カネサブラックが先頭に立ち、第2障害下に到着した。(4)ニシキダイジンが真っ先に障害に挑むが、(9)は十分にためてからじりじりと登坂。(4)が先頭で降りたものの坂の下で止まり、2番手で降りた(9)と一騎打ちになった。止めては走るマッチレースの中で、(9)は残り30メートルで逆転して脚を伸ばし、ゴール寸前で一度止まったが、相手も詰まり、最後に(9)が押し切った。

    体小さく繊細…「悩んだ」 騎手と立てた作戦で勝利 松井調教師
     苦悩の末に2009年最優秀馬カネサブラックが、ばんえい十勝の頂点に立った。レース後の記者会見で松井浩文調教師が涙で声を詰まらせた。「今年に入って(2着、3着ばかりで)勝てない。なぜ勝てないのか。強く調教してもいい馬だったら楽だ。でもカネサブラックは体は小さくて繊細。やり過ぎるとえさも食わなくなる。どうすればいいのか…悩んだ」

     解決のヒントは1月2日の帯広記念にあった。松田騎手は「結果は3着だったが、ロスのない乗り方で手応えがあった」。厩舎(きゅうしゃ)に伝えて調教方法を変えた。十分に休養を取り、緩めのトレーニング。これで本来の動きが復活、2月の重賞チャンピオンカップも含め3連勝と勢いが戻った。担当の高橋広道厩務員が馬体重を細かく管理、ベストの1043キロにした。

     松田騎手は第9レース終了後に松井調教師と最後の打ち合わせを行い「作戦通りに行く」と決めた。

     第2障害を降りるタイミングに全力を注ぐ。力を残して降り、そして相手との競り合いでは終盤で伸ばせるだけ伸ばし、最後の10メートルでぼう(追う)…。ニシキダイジンは第2障害で先行したものの、降りてから手いっぱいになったことが見て取れた。作戦通りの展開が決まった。

     騎手歴21年の松田騎手にとって初の同記念勝利。負けた悔しさを熟知しているゆえに、表彰式ではファンに向かって「出走した全ての馬をたたえてください」と訴えた。

     馬主のトーヨーファーム(渡島管内八雲町)工東哲夫会長の部屋はカネサブラックの重賞優勝肩掛けと記念写真で埋まり、1カ所だけ「ばんえい記念」のために空けてある。この日来られなかった同会長に松井調教師が勝利報告の電話を掛けた。「これから部屋を増築してもっと飾れるようにする」(同会長)。最強馬の栄光の道はまだ続く。


    上:第42回イレネー記念競走出走馬の生産者
    下:第35回ばんえいオークス競走出走馬の生産者


    - 2011年3月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     今年度の優良農用馬生産者表彰式(日本馬事協会主催)が27日午後6時半、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。今期のばんえい競馬のイレネー記念、ばんえいオークスの出走馬を生産した19個人・法人(個人は重複含む)に表彰状などが贈られた。

     ばん馬の生産意欲向上を目的に毎年表彰している。約130人が出席。同協会の赤保谷明正会長が「今後もばんえい競馬発展のために努力していきたい」とあいさつ。同席で史上2人目の通算3000勝を達成した藤本匠騎手の表彰も行った。(中津川甫)

     生産者賞受賞者は次の通り。(敬称略)
     ▽第42回イレネー記念競走(11年3月13日)=北村治嘉(池田町)佐々木啓文(帯広市)西村正順(幕別町)坂東孝一(池田町)卯野斉一(別海町)片山義正(遠軽町)芝桜高橋牧場(滝上町)高橋鉄雄(長万部町)板根一司(むかわ町)

     ▽第35回ばんえいオークス競走(10年11月28日)=北村治嘉(池田町)木幡豊(豊頃町)山端隆治(幕別町)渡部忠司(弟子屈町)稲場洋二(釧路市)藤田千代(弟子屈町)浮須礼子(斜里町)辻口愛子(厚沢部町)佐藤清子(伊達市)早坂末光(石狩市)

     
    ばんえい記念前夜の集い
    2011年3月27日(日)

    ばんえい記念について語る佐々木さん、鈴木元騎手、浅野アナウンサー(左から)

    - 2011年3月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    鈴木元騎手ら、勝ち馬予想披露
     ばんえい十勝最高峰の重賞「第43回ばんえい記念」(27日)を前に、チャリティー前夜の集い(NPO法人とかち馬文化を支える会主催)が26日午後7時、帯広競馬場ファンルームで開かれ、ファン約100人が参加した。

     競馬アナウンサー浅野靖典さんが司会を務め、昨年11月に引退した鈴木勝堤元騎手は同記念について「乗り役(騎手)、馬、厩舎(きゅうしゃ)の全てが絡み合わないと勝てない。自分は(2004年から)3年連続、ミサキスーパー号で2着。何としても勝ちたいと努めたが(4連覇の)スーパーペガサス号に阻まれた」、帯広の生産者佐々木啓文さんは「生産者にとって最高の目標」と語り、それぞれ勝ち馬予想を披露した。

     東日本大震災で被災した東北地方の馬を救援する活動の支援を始めた帯広競馬場診療所の森田美範獣医師に協力、騎手らが提供したグッズでチャリティーオークションを行い、約3万8000円を寄付した。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全23件中)
    著作権 十勝毎日新聞社