΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(7)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • ばんえい馬 チャグチャグ馬コ披露 [9/19]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


    - 2011年2月10日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場(市内西13南9)のとかちむら入り口に10日、カップル・ファミリー・友達同士の記念撮影スポットとして「バレンタインデーモニュメント」が完成した。

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)が企画。大きさは縦2・2メートル、横2・1メートル。白く塗った鉄パイプをハート形に組み立て、車輪付きで移動式。夜にはイルミネーションも点灯する。後ろからハートの中に立って笑顔を見せると、“愛”に包まれた楽しい写真が撮れる。

     11日から3日間、競馬場ととかちむらで始まる「バレンタインウイークエンド」では、このモニュメントの前で各日午前11時から先着20組に記念写真撮影も実施。同協会は「ここで撮影したカップル・家族は愛情いっぱい幸せになれる名所に」と願いを込めている。

    - 2011年2月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は11日から3日間、カップルや家族連れに楽しんでもらえる占い・鑑定コーナーなど「バレンタインウイークエンド」を帯広競馬場、とかちむらで行う。ばんえい十勝の開催日は11日の祝日に合わせて金・土・日曜日の変則開催(通常は土・日・月曜日開催)となる。

     バレンタインデー(14日)にちなみ、同協会が多彩なイベントを繰り広げる。競馬場で初登場の「占い&鑑定コーナー」(11〜13日午前11時〜午後4時、会場はスタンド1階南側)ではタロット占い、数秘術、オラクルカードリーディング、筆跡診断などの専門家を招いて無料で占いや鑑定をしてもらえる。場内イベントで人気の「ネイルコーナー」(11、12日同)では無料でネイルアートを体験。神戸直送のスイーツが当たる抽選会(各日午前11時から、確定前馬券かとかちむらレシート各1000円以上、またはとかちむら配布の整理券提示)も実施。

     とかちむらでは入り口にハートのモニュメントを飾り、これを背景にカップル・家族の記念写真撮影(11〜13日午前11時から、先着各日20組)。とかちむらスイーツ&セレクト各店で購入した具材を噴水状に流れるチョコレートにつけて味わう「チョコレートファウンテン」(各日午前11時〜正午、午後1時〜同2時)も実施する。(横田光俊)



     ばんえい十勝のPRで活躍している帯広市特別嘱託職員リッキー号(服部義幸調教師)の13歳の誕生日を祝うイベントが6日午後、帯広競馬場で行われ、家族連れ・ファンら約150人でにぎわった。


     お祝いに集まってくれた子供たち

     リッキーは1998年2月9日、足寄町・佐々木七郎さんの牧場生まれ。2000年4月から7年間、競走馬で活躍後、07年4月に市の特別嘱託職員に採用された。引退前からばんえい競馬のPRで奮闘、服部調教師は「岩見沢では市内全部の小学校を訪問するなど、十勝を含めて数百カ所を回ってきた」という。

     この努力の成果で、この日のイベント開始前からリッキー号の周囲は100人以上の子供たちと家族で埋まった。


     イベントでは子供たちを代表して睦輝ちゃん(つつじが丘幼稚園)が「誕生日おめでとう」とニンジンを載せた特製ケーキをプレゼントして食べさせた。


     ばん馬が好きで毎週、競馬場に来ている風駕ちゃん(つばさ保育所)は「リッキーはニンジンあげるとたくさん食べてくれる」、恩田さん(音更下音更小)は「3歳の時にイベントで会ってから大好き」と同号の頭をなでて笑顔を見せた。(横田光俊)

     着ぐるみリッキーと、リッキー2頭



    会見で通算勝利記録更新への思いを語る藤本騎手

    - 2011年2月4日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     【東京】地方競馬全国協会(NAR、仲田和雄理事長)主催の「NARグランプリ2010」表彰式が3日、都内で開かれた。ばんえい最優秀馬に選ばれたニシキダイジン号(牡10歳、槻舘重人調教師、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)、特別賞の藤本匠騎手らにトロフィーが贈られた。

     ニシキダイジン号は昨年、ばんえい十勝最高峰レース「ばんえい記念」と「北見記念」を制覇した。仲田理事長からトロフィーを受け取った仙頭さんは「目指していた頂点に到達でき、感無量。強い馬と競い合い、ばんえい競馬を盛り上げていきたい」、槻舘調教師は「ばんえい記念(3月)連覇を目標に調整している。来年も表彰式に呼んでもらえるよう、強い馬をつくりたい」と笑顔で語った。

     藤本騎手は昨年7月、ばんえい競馬史上2人目の通算3000勝を達成。「ミスターばんえい」と呼ばれた金山明彦元騎手が持つ歴代1位の通算3299勝に迫っている。記者会見した藤本騎手は「受賞は身が引き締まる思い。(金山さんの記録を)必ず超えたい」と力を込めた。(池谷智仁)




    ホテルのフロントでオリジナル予想紙を宿泊客に配る平野さん

    - 2011年2月3日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市内のビジネスホテルのフロントに立つ平野雄士さん(35)が昨年暮れから、宿泊客向けにばんえい十勝の重賞レースで独自予想紙を配布、高確率で上位着順の馬を当てて評判だ。札幌の系列ホテルに勤務していた平野さんは、市営競馬時代からの熱烈なばんえいファン。存続運動にもかかわり、転勤を希望して昨年から帯広に移って応援活動を続けている。

     平野さんは「ドーミーイン帯広」(市内西2南9、伊倉弘幸支配人)の勤務。東京出身。札幌で大学時代を過ごしてホテルマンになり、2005年に岩見沢競馬場でばんえい競馬を初めて観戦した。「面白い。実況アナウンサー井馬博さんの声にも魅了された」とファンになり、翌年の存廃危機の際には札幌での存続署名で街頭にも立った。

     フロントでは宿泊客から、ばんえい競馬の観戦方法などをよく質問された。そこで競馬場で知り合った友人2人の協力を得て、重賞レースの独自予想紙を考案。昨年12月下旬のダービーから始めて、これまでに5回の重賞で宿泊客に配った。毎号10〜15部を渡してきたが、1着・2着の的中率は8割。「外れたらごめんなさい」と断り書きがあるものの、よく当たる。「データを整理して約8時間かけて作り上げる。結構(予想した馬が上位に)来ている」と平野さん。

     これから3月27日の最高峰重賞レース「ばんえい記念」など同競馬が最高潮の季節を迎えることから、同ホテルでは、「ばんえい競馬観戦プラン」(1泊2日・朝食付き、2人利用で1人4000円から)も企画。平野さんは「私の予想紙を参考にしながら、ばんえい十勝を存分に楽しんでほしい」と話している。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全17件中)
    著作権 十勝毎日新聞社