΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    ばんえい島津騎手にプロスポーツ賞
    2011年12月15日(木)

    新人ながら勝ち続ける島津新騎手

    - 2011年12月14日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の新人ジョッキー島津新(あらた)騎手(21)=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=が、今年活躍したプロ選手に贈られる日本プロスポーツ大賞の地方競馬新人賞に選ばれた。

     北斗市出身、祖父、父ともに馬主で小さい時から馬に親しみ、今年1月8日の初騎乗で初勝利、同日に2勝の鮮烈デビューを飾った。10月16日のクインカップで重賞初制覇、同23日には1日5勝の同競馬タイ記録を出すなど、現在85勝と驚異的な活躍を見せている。

     「騎手になった時からこの賞を目標にしてきた。本当にうれしい。どの厩舎からも信頼を得られる騎手になりたい」と語る。

     同競馬の同賞受賞は尾ケ瀬馨騎手(1992年)、高橋洋典さん(2002年、引退)、長澤幸太騎手(09年)に続いて4人目。授賞式は今月20日に東京で行われる予定。(横田光俊)

     
    平田調教師が1000勝達成
    2011年12月12日(月)

    関係者の祝福を受ける平田調教師

    - 2011年12月12日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の平田義弘調教師(65)が10日の第2レースで通算1000勝を達成した。ばんえい競馬史上12人目(現役9人目)。

     11日に帯広競馬場で表彰式が行われ、主催する帯広市から賞状が贈られた。調教師仲間や騎手、関係者、ファンから祝福を受けた平田調教師は「一生懸命頑張り、ばんえい競馬を盛り上げていきたい」と喜びを語った。

     1992年4月18日に調教師デビュー、初勝利は翌19日にダイナキング号で挙げた。重賞は6勝。初のオープン馬スーパークリントン号で制した2008年の北見記念が思い出の1勝だという。

     20年目の節目での偉業達成に「年間50勝ずつで定年の65歳までに1000勝するのが目標だった。定年制はなくなったが、これからも1戦1戦を大切にしていきたい」と話している。(丹羽恭太)


    - 2011年12月7日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は10、11の両日いずれも正午から午後3時まで、騎手のサイン入り年賀状が当たる抽選会を帯広競馬場1階スタンド中央で行う。確定前馬券2000円を提示、希望する騎手を指定して応募する。年賀状はレース写真と騎手のサインが入り、新年正月に送られる。応募多数の場合に抽選となる。

     また10日午後3時から同5時ごろまで、同会場でマイクロ一眼レフカメラ、ノートパソコン、オイルヒーターなどの豪華景品が当たる抽選会も行う。確定前馬券2000円で一口応募でき、購入金額に応じて応募口数を増やせるため、買えば買うほど当選確率が上がる。当選者の発表は同日午後5時20分ごろの予定。各抽選会の問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825)へ。

    - 2011年12月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -



     ばんえい十勝は4日、今年度開催の約3分の2に当たる100日間(全154日間)が終了した。累計馬券発売額は62億8910万8900円(予算比6.2%減、前年比4.2%減)で、前年割れが続いている。本場の帯広競馬場が前年額を2割強下回る一方、インターネット・電話販売は3割増で推移し、ネット利用への傾斜が加速している。道営競馬のミニ直営場外「Aiba」での発売協力が道側の都合で、前年より31日少ない61日にとどまっている。

     発売額の内訳を見ると、本場は13億1927万8400円(予算比21・5%減、前年比21・9%減)と苦戦。全体の発売額に占める割合は2割となり、市単独開催初年度から低下傾向にある。

     ネット販売は22億8729万900円(予算比15・4%増、前年比32・8%増)と好調を維持し、全体の36%を占める。07年度時は16%にすぎなかったため、ばんえいの収益構造は大きく転換した。販売各社が馬券購入者に電子マネーや景品などと交換できるポイント還元キャンペーンを展開し、本場や直営場外の窓口で購入するより「お得感」が定着しつつある。携帯電話で買える気軽さもある。

     オッズパークは17億2823万8000円(予算比7・7%増、前年比23・7%増)、楽天の競馬モールは5億3220万2900円(58・0%増、79・3%増)と伸び、5重勝は2685万円(32・8%減、6・6%減)だった。

     広域発売は5億9763万3000円(25・9%減、33・7%減)で、道営ミニ直営場外Aibaでの販売日が減ったことが影響した。道は東日本大震災の復興支援のため岩手競馬の窓口発売日を増やしており、「南関東の発売を軸にばんえい競馬も可能な限り販売している。今年は復興支援で結果的に減っている」(競馬事業室)とする。

     旭川や北見など道内7カ所の直営場外は20億8490万6600円(6・9%減、7・4%減)だった。市ばんえい振興室は「本場の入場者数は前年並みだが、客単価が落ち込み、本場の大口の客がネット購入にシフトしている。Aibaでの販売状況も厳しい。年末年始は重賞レースが続くので、多くの来場と売り上げを期待したい」(田中敬二室長)としている。(中津川甫)

    - 2011年12月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市は来年度以降、ばんえい競馬の新馬券として、国の構造改革特区を活用したインターネット発売限定の「7重勝単勝式」の導入を検討している。指定する7レースの1着馬を全て的中させる馬券で、現在の「5重勝単勝式」を上回る最も難しい賭け式となる。5重勝は的中者がいなければ最高2億円までキャリーオーバー(持ち越し)できるが、低配当額で的中者が続出していた。ばんえいの過去最高配当額は1000万円強で、高額配当が見込まれる7重勝が導入されれば馬券の売り上げ増が期待される。

     構造改革特区は地域を限定して規制を緩和・撤廃する制度。政府は3月に地方競馬に7重勝を導入できる特区での特例措置を決めた。農林水産省が今年度、省令改正で1年間以上の5重勝を導入している主催者に限り認めた。

     ばんえい競馬の既存投票方式の的中確率は1レース最高の10頭立ての場合、単勝式が10分の1、馬複が45分の1、馬単が90分の1、3連単が720分の1。5重勝でも10頭立てで5レースした場合、的中確率は10万分の1と極めて難しいとされ、1票(100円)に対して最高2億円の高額配当も予測されていた。

     ただ、5重勝を導入した7主催者(帯広、岩手、笠松、兵庫、福山、佐賀、荒尾)の最高配当額はキャリーオーバーが少なく低迷。地方競馬全国協会の統計(3月末現在)によると最高配当額は、ばんえいが1022万2930円で、各主催者とも200万〜500万円台にとどまる。こうした事態を踏まえ、佐賀競馬は来年4月の7重勝発売に向けて、特区計画の認定を目指している。

     ばんえい競馬で導入する場合、国や販売元のオッズパークとの調整が必要。農林水産省などによると、構造改革特区の利用は年3回(1、4、9月)募集しており、申請から3カ月以内に認定の可否を決める。特区では7重勝発売を可能とする競馬法施行規則の特例が適用される。

     市ばんえい振興室の田中敬二室長は「佐賀の状況を見ながら前向きに検討したい」、運営受託会社のオッズパーク・ばんえい・マネジメントの新名貴之取締役は「馬券を当てるのが難しくなれば買う人は増える。(競馬事業に)プラスになるならぜひやりたい」と話している。(中津川甫)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全16件中)
    著作権 十勝毎日新聞社