΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(7)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • ばんえい馬 チャグチャグ馬コ披露 [9/19]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

            賞状と盾を手にして「励みにしたい」と語る島津騎手

     - 2011年12月21日十勝毎日新聞紙面より -

    「初心忘れず」
     【東京】今年最も活躍したプロスポーツ選手に贈られる日本プロスポーツ大賞の授賞式が20日午後5時から東京・グランドプリンスホテル新高輪で開かれ、ばんえい十勝の島津新(あらた)騎手(21)=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=に新人賞が贈られた。ばんえい競馬で同賞の受賞は4人目。

     日本プロサッカーリーグ、日本相撲協会など15競技団体が加盟する日本プロスポーツ協会の主催。新人賞と功労賞に各15人・組、最高新人賞1人、殊勲賞3人・団体が選ばれた。大賞には、サッカー女子ワールドカップで初優勝したなでしこジャパンが輝いた。

     島津騎手は北斗市出身。今年1月8日に初騎乗初勝利、同日に2勝の鮮烈デビューを果たし、10月には重賞初制覇。同23日に1日5勝の同競馬タイ記録を達成した。これまでに85勝(うち今季は61勝)を挙げ、新人とは思えない自在の騎乗で勝ち続けている。

     日本のスポーツ界を代表する選手らがそろった華やかな授賞式に臨み、賞状や盾を手にした島津騎手は「やっと実感が湧いた。勝利数的には満足し、受賞は励みになる。これからも初心を忘れずに頑張っていきたい」と話していた。(池谷智仁)



     
    競走馬照らす朝日にファン感動
    2011年12月19日(月)

     調教する馬の体から上がる湯気、吐く息が朝日を浴びて黄金色に輝く(18日午前7時10分ごろ)

     - 2011年12月18日十勝毎日新聞紙面より -

    競馬場でツアー始まる
     ばんえい十勝は18日午前6時半から今冬の朝調教ツアーを始めた。いてつく寒さの中で競走馬が吐く息、体から上がる湯気が朝日を浴びて黄金色に輝き、地元のほか東京、福岡などからのファン9人が感動した。

     気温は氷点下14度。帯広競馬場の厩舎(きゅうしゃ)にいる約600頭の競走馬や来春の合格を目指す新馬が午前3時ごろから調教に出る。その絶景は写真愛好家などに人気で、昨年の冬季ツアーは166人、夏季は72人が参加した。

     今年1月から6回参加している帯広の会社員穂積覚さん(55)は「きょうは最高の写真が撮れた。何度も来たくなる」とシャッターを押した。同ツアーは3月末まで日曜日に実施、新年元旦も行う。(横田光俊)

     - 2011年12月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     日本ケーブルテレビ連盟は来年1〜3月、次代に残したい地域の「宝」をテーマに加盟各局が制作した12番組を全国配信する。第1弾として、帯広シティーケーブル(OCTV)が制作した、ばんえい競馬の番組が放送される。

     「けーぶるにっぽん ふるさとの宝」と題した企画。地域の文化や産業などの魅力を紹介する68企画の応募があり、12作品が選ばれた。136社2098万世帯に向け、各局が連携して同じ番組を放送する。

     OCTVは「北の浪漫・ばんえい競馬」を制作。女性初の調教師谷あゆみさんが馬に注ぐ深い愛情を中心に、十勝の開拓を担った馬耕など、ばんえい競馬の歴史や醍醐味(だいごみ)を伝えている。放送は来年1月1日〜14日。

     15日に都内で発表会が開かれ、OCTVコンテンツ部の丸本靖部長が「馬文化を継承しているロマンを全国や世界に発信し、地域を元気づけるパイプ役になりたい」と話した。

     2週間ごとに番組が入れ替わる。放送時間はいずれも30分。(池谷智仁)

     
    舘澤さん、ばんえい騎手合格
    2011年12月17日(土)

    試験の際に騎乗したスノウパレット号と舘澤直央さん
    - 2011年12月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の舘澤直央(なおひさ)厩務(きゅうむ)員(22)=金田勇(かねたいさみ)厩舎=が15日付で地方競馬全国協会の騎手試験に合格した。「馬が気持ちよく能力を発揮できる騎乗を」と来年1月のデビューレースに臨む。

     岩手県盛岡市出身。近所の馬の牧場に小さい時から通った。小学生の時、金田調教師の親戚に連れられて草ばん馬大会を見て「将来は馬の仕事に」と決意。県内で唯一馬術部がある水沢農業高校に進み、馬術の東北大会で団体優勝。県立農業大学校に進み、人工授精師の資格を得てから20歳で金田厩舎に入った。

     厩務員で2年働き、金田調教師に「さらに上を見るには騎手試験を」と勧められて初受験で合格した。「技術的も精神的にも未熟だが、少しずつできるようになって信頼される騎手になりたい。馬のない生活は考えられない」と抱負を語る。

     金田調教師は「学生の時から休みになると厩舎に来ていた。馬好きであることが一番の原点。苦労することもあると思うが頑張ってほしい」と期待する。

     舘澤さんは来年1月3日に帯広競馬場でファンへのお披露目、同7日以降のレースでデビューする。ばんえい十勝の騎手はこれで30人になる。(横田光俊)


    幻想的な景色が見られる朝調教

    - 2011年12月15日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、幻想的な光景が全国の写真愛好家、競馬ファンらに人気の朝調教ツアーを帯広競馬場で18日から始める。3月末までの毎週日曜日の早朝に行う。

     昨年初めて実施、全国からファンが集まった。競走馬は早朝に厩舎(きゅうしゃ)関係者がトレーニングで調教し、冬は厳しい寒さの中で感動を呼ぶ景色が見られる。

     ツアーは午前6時半から1時間程度。参加費は競馬場プレミアムラウンジ利用、馬券購入券(1000円分)込みで2000円。定員各回10人。申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(34・0825、水・木曜日を除く午前9時半〜午後6時15分)。悪天候などで中止することもある。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全16件中)
    著作権 十勝毎日新聞社