΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    追撃を振り切って勝利したキタノサクラヒメ(島津新騎手)

    - 2011年10月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    2着に末脚鋭くメンコイワタシ
     ばんえい十勝は16日、4歳牝馬オープンの重賞「第36回クインカップ」(BG3)を行い、単勝4番人気で十勝産駒のキタノサクラヒメ(村上慎一調教師、島津新騎手、馬主は村上隆司さん、生産者は足寄町・富田忠雄さん)が先行して逃げ切り、同馬と騎手ともに重賞初制覇を飾った。タイムは2分10秒1(馬場水分4.0%)。2着には5番手で障害を降りた後に脅威の末脚で追い上げたメンコイワタシ(田上忠夫調教師、山本正彦騎手)、3着にはヒロノクィン(西康幸調教師、西謙一騎手)が入った。

     (3)キタノサクラヒメは前半、3回の休みを刻みながら馬群をリードして先頭で第2障害下に着いた。(3)、(10)タケノビジンが真っ先に障害に挑んだが(10)は膝を折り、(3)も折りかけたがこらえて1番手でクリアした。これを(5)ヒロノクィン、(2)ホクショウシャネル、(9)ダイリンビューティ、(1)メンコイワタシの順で追った。(1)が末脚を発揮して前の3頭をごぼう抜き、さらに先頭に迫ったが、(3)が逃げ切った。(横田光俊)

    馬特性生かし先行逃げ切り 重賞初制覇の島津騎手
     今年1月にデビューした島津新騎手(21)がうれしい重賞初制覇を飾った。レース前から「この重賞を取りにいく」と意欲満々。積極的に前に行き、「この馬の持ち味は障害力」(村上慎一調教師)という馬の特性を生かして、先頭で第2障害を降りて逃げ切った。
     終盤は末脚のあるメンコイワタシに追い上げられたが、粘って最後に押し切った。初の重賞制覇に「うれしかった。ほっとした」と島津。今年1月に騎手デビュー、デビュー戦を含めてその初日に2勝の離れ業を演じ、今季はこれで45勝、正月から通算69勝とハイペースだ。2009年にプロスポーツ大賞新人賞とNARグランプリ最優秀新人賞を獲得した2年先輩の長澤幸太騎手は、通算65勝(うち重賞1勝)での栄冠だった。それをすでに上回る島津には、新人賞への期待が大きく膨らむ。

     キタノサクラヒメにとっても重賞初制覇。春から島津が乗り始めて今季すでに8勝になる。「おっとりしている馬。しかし(スタートの)ゲートが開くとガーッと行く」(島津)。先に行きたがる馬との折り合いをつけて、島津には勝利を重ねる腕がある。村上調教師は「この馬は島津に任せていられる。大事に大事に使っていきたい」。馬も騎手も、次の栄冠を目指す。


    鉄そりの重さに顔をしかめながら、懸命にゴールを目指した「人間ばん馬」(16日午前11時40分、山下僚撮影)

    - 2011年10月16日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     「2011ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」が16日、帯広競馬場で開かれた。各チーム5人がばんえい競馬用の鉄そり(150キロ)を必死の形相で引っ張り、ゴールを目指した。

     「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)のメーンイベントで、管内18チームを含む計25チームが出場。ばんえい用の本コース(200メートル)を使って、午前11時半すぎから予選が始まった。女性騎手が第1障害を乗り越えて約110メートルを走り、第2障害の前で待つそりに乗り込むと、ばん馬役の5人が力を合わせて高さ約1・7メートルの障害を乗り越えた。観客はばんえい競馬にも負けない迫力あるレースに大きな声援を送った。

     音更町の知的障害者更生施設「緑陽荘」の職員で結成した「特攻野郎★緑陽荘ちゃん」は予選第1レースで管内勢最高の3位。引き手の佐藤洋輔さん(27)は「障害を下ってからがとても大変だった。太ももが痛いです」と疲れながらも充実した表情を見せた。(深津慶太)

     
    食べ歩き人気、ばん馬まつり開幕
    2011年10月15日(土)

    家族連れなどでにぎわう、ばん馬まつりの会場

    - 2011年10月15日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が15日午前10時、帯広競馬場で始まった。十勝や日高、富良野の特産品を満喫できる「とかち食べ歩き」コーナーや、ばん馬との触れ合いコーナーなどが家族連れの人気を集めた。16日まで。

     馬文化を守り、地域資源のばん馬を地域活性化につなげようと企画。ばんえい競馬が帯広単独開催となった2007年度から開催している。

     帯広物産協会が新メニューの「とかちハヤシ」「十勝ハーブ牛バーガー」などを提供したほか、初参加の浦河町はつくだ煮や日高昆布、「ふらのワインハウス」(富良野)はチーズフォンデュやワインを販売した。FM−JAGAのDJと巡るパドックツアー、ビンゴ大会も会場を盛り上げた。

     幕別町から家族3人で訪れ、ばん馬のミルキー号と触れ合った煌一ちゃん(4)は「ニンジンを食べてくれてうれしかった」と笑顔を見せていた。

     地域振興をはかる会の川田章博会長は「家族連れや若者に足を運んでもらってこそ、ばんえい競馬を次世代につなげることができる。皆さんの力で盛り上げてほしい」と話していた。

     16日は午前10時半から「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」を開催する。(犬飼裕一)


    - 2011年10月11日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬の継続に向けた市民意見を提言する「ばんえい競馬検討委員会」(後藤健二委員長)の報告書素案が11日、明らかになった。新たな収入確保の方策として、馬の走る姿が見られるレストランの整備など施設全体の充実や、無料のバックヤードツアーを案内料1000円を徴収し同額分の馬券を提供する案などを盛り込んだ。

     帯広競馬場の入場者を増加させるため、海外旅行客の高額所得者層をターゲットにした予約制VIPサロンの整備も要望する。さらに、旭山動物園の「行動展示」の発想からヒントを得て、練習風景など競馬場の1日の生活を展示する取り組みを求めた。帯広を訪れるビジネスマンに足を運んでもらうため、月曜日以外の平日開催拡充も提言素案に採り入れた。

     現在ボランティアで実施している馬とのふれあいに関する取り組みの有償化の検討を求める。運営受託会社の業務委託方法については「これまでの委託方法の見直しについて検討」と明記し、「将来に向けた再投資コストを確保する必要がある」と公費投入の可能性にも触れた。

     素案は委員の意見を聞いて修正し、来月上旬にも成案とする予定。(中津川甫)





    - 2011年10月11日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は10日、今シーズンのナイター開催を終了した。6月18日からの計51日間の累計馬券発売額は、34億5814万1900円(予算比4・45%減、前年度比0・64%減)となり、ナイター前の昼間開催前半終了時点(4月16日〜6月13日、同9・62%減、同7・92%減)より計画額に対して改善した。8月からの3連単・3連複発売効果が売り上げを押し上げた。馬券の発売内訳ではインターネット・電話投票が帯広競馬場の2倍となり、通信機器の普及でファンのネット購入への傾斜が顕著になっている。


    新馬券効果、ネットで伸び 
     3連単は1〜3着の馬番号を着順通り、3連複は着順とは関係なしに1〜3着の馬番号の組み合わせを当てる賭け式。3連単は窓口・券売機で買える馬券で最も難易度が高く、1票(100円)に対する配当額10万円以上が続出。今月9日のレースでは現在までの最高額46万1310円を含め10万円以上の配当が3レースもあった。

     累計発売額の内訳を見ると、帯広競馬場(本場)が6億8696万2400円(予算比21・26%減、前年度比21・66%減)。直営場外では旭川場外が帯広に迫る4億2000万円を売り上げ、道内7カ所合計で10億3430万5300円(同9・77%減、同9・17%減)となった。 

     ネット・電話投票は、オッズパークが前年を3割上回る10億円以上を販売。楽天グループの「競馬モール」も前年比8割弱増の3億3200万円以上売り上げ、ネット利用の好調さが目立っている。ポイント制度などの特典や気軽さが人気を後押ししているとみられ、今後も同様の傾向が予測される。

     道営競馬のミニ直営場外「Aiba」を含む広域場外は、3億3860万6500円(同15・92%減、同26・22%減)だった。

     1日当たりの予算額を超えた日は計16日間。3連単・複導入後の30日間では前年を0・69%上回る明るい兆しも見えた。

     田中敬二ばんえい振興室長は「3連単導入以降の売り上げが良く、震災で落ち込んでいた春先の厳しい状況から挽回してきた。3連単・複の効果がデイ(昼間)開催移行後も続くのか注視したい」としている。

     市単独開催5年目の今年は、昨年度(6月19日〜10月11日)と同じ51日間でナイターを開催。15日からはデイ開催が始まる。(中津川甫)



    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全16件中)
    著作権 十勝毎日新聞社