΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年1月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市が主催するばんえい競馬の来年度開催概要の調整が、大詰めを迎えている。現時点では8月上旬にも、ファン待望の賭け式となる「3連単」「3連複」を販売する。全国16の地方競馬の馬券発売情報をコンピューターで一元化する「共同トータリゼータシステム」の導入に伴う措置。賭け式の増加や馬頭数の減少などにより、「枠番2連勝複式」(枠複)を廃止する方向で検討にも入った。ナイター開催は今年度並みの51日間で調整を進めている。

     共同トータリゼータシステムは、地方競馬全国協会(東京)が各地方競馬の主催者に導入を提案。従来は各主催者が自前でシステムを原則更新してきたが、地方競馬の売り上げ低迷で更新に要する経費が負担になっていたため、共同で整備することで経費を分担する。

     ばんえい競馬が現在発売している馬券は(1)単勝式(単勝)(2)複勝式(複勝)(3)枠複(4)馬番2連勝複式(馬複)(5)馬番2連勝単式(馬単)(6)5重勝単勝式(ネット販売限定)−の6種類。自前のトータリゼータシステムが3連単、3連複の販売に対応しておらず、3連単は全国16の地方競馬で唯一導入していなかった。現在の賭け式では5重勝が最も難易度が高いが、窓口販売では馬単が一番難しく配当が高い賭け式となっている。

     ばんえい史上最高の配当金は5重勝の1022万2930円(2010年1月31日)で、窓口販売に限れば馬単の22万110円(05年6月4日)。3連単や3連複の導入で、窓口販売の高額配当化が進むことが予想される。現時点では8月5日からの販売を予定している。

     新たな馬券導入に伴い、枠複の廃止も検討。馬の頭数減で10頭立てのレースが難しくなり、出頭馬の枠番と馬番が重なり、馬複との違いが希薄化していた。投票も分散されるため、配当の伸び悩みで魅力が薄れている傾向にもあった。

     市ばんえい振興室は「馬の頭数確保の問題が大きい。今主流の3連単、3連複で新たな客層が増えてくれれば」と話している。

     市は来年度開催について今年度より3日多い153日間で計画。土・日・月曜日での開催を予定している。(中津川甫)

     <3連単・3連複>
     3連単は馬番3連勝単式の略称。1着から3着まで順番通りに当てる馬券。これに対し、3連複は3着までの馬を着順に関係なく当てるもので、馬番3連勝複式の略称。いずれも予想が難しく、高額配当が予想される。





    - 2011年1月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場内の観光交流拠点施設「とかちむら」で4日、新年を祝う餅まき大会が開かれた。

     管理運営会社「SPCとかちむら」(国分裕正社長)が企画。出展店舗や馬主協会の関係者が協力し、午前11時と午後2時の2回に分けて実施した。餅は手作りの一口サイズ。約1000個を用意し、店舗の割引券や商品券と一緒に袋に詰めた。

     店舗関係者が高台から餅の入った袋を投げると、集まった数十人の来場者は目の色を変えて飛びつき、入れ食い状態。「偶然立ち寄ったらやっていた。多くの餅を取れた」と士幌町の自営業川崎康さん(35)。餅の“大漁”で今年は幸先がよい!?




    独走態勢のままゴールに向かうキタノタイショウ(大河原和雄騎手)

     ばんえい十勝は3日、明け5歳馬の王者決定戦となる第4回天馬賞(BG1)を行い、デビュー以来各年代のチャンピオンタイトルを獲得してきた1番人気のキタノタイショウ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手、馬主は留萌管内羽幌町・木下栄三さん、生産者は豊頃町・衣原国雄さん)が圧倒的な強さを発揮して独走で圧勝、重賞5勝目を飾った。タイムは1分41秒8(馬場水分1・9%)。2着にはフクドリ(牡、皆川公二調教師、工藤篤騎手)、3着にはホクショウバンク(牡、槻舘重人調教師、安部憲二騎手)が入った。

     前日に続き、馬場水分は低いが軽い馬場となった。ばんえい重量は牡760キロ、牝740キロの定量戦。出走10頭の中で唯一、これより重い770キロを引いて古馬相手にも互角の実力のある(2)キタノタイショウが完勝した。序盤の第1障害から早くもトップ。途中4回の休みを刻み、第2障害もひと腰で越え、後は手綱を動かすこともなく大差のまま余裕のゴールだった。(横田光俊)



    重賞5勝目を挙げたキタノタイショウ(左から2人目が服部義幸調教師)

     
     服部厩舎一丸「頂点を目指す馬を」  

     圧勝してゴール後、そりを降りた大河原和雄騎手は、キタノタイショウを2歳から担当する諏訪俊治厩務(きゅうむ)員とがっちり握手を交わした。服部義幸調教師が「ばんえい十勝の頂点を目指す馬にする」と言い続ける通り、厩舎一丸になって新馬から大事に育て上げた結果の快勝だった。

     神経質な馬だ。「その性格は今も変わらない」(大河原騎手)と言う。新馬の頂点「イレネー記念」、3歳馬の頂点「ダービー」、そして4歳(明け5歳)の天馬賞。各世代の栄冠を獲得できる馬にするには諏訪厩務員の不断の努力を基盤に、さらに大河原騎手が「とにかく我慢させる」というレースの折り合いで磨きを掛けてきた。

     諏訪厩務員とキタノタイショウ

     昨年9月の銀河賞は見事な差しで勝利。今回は先行・逃げ切り。メンバーによって、展開によって自在に戦えることが証明された。「自分で競馬をつくれるようになった。これでさらに有利に戦えるようになった」(服部調教師)と自信を深めた。

     大河原騎手は「人間で言えば高校を卒業したぐらい。昨年の春からは教える時期だった」と「教育期間」はほぼ終了。「名前の通り、厩舎全員の力でばんえいの『大将』にする」(同騎手)と新年の好スタートを切った。


    勝利騎手インタビューで笑顔の大河原和雄騎手



    勝負服姿をファンに披露、闘志を見せる(左から)赤塚、井上、島津、西の新人騎手4人 

     ばんえい十勝で1日に騎手免許が交付された赤塚健仁(20)=久田守厩舎(厩舎)=、井上真司(23)=今井茂雅厩舎=、島津新(20)=岩本利春厩舎=、西将太(21)=西康幸厩舎=の新人ジョッキー4人が3日午後1時54分、帯広競馬場で勝負服を披露、ファンに向かって力強く活躍を誓った。4人は8日からの開催で順次、デビューする。

     元日の開催からもちつきイベントなどでファンサービスの先頭に立ってきた4人は、真新しい勝負服を着て緊張気味にパドック前の表彰台の上に登場した。

     赤塚騎手は「緊張する。(騎手でも活躍した)久田調教師に負けないように頑張る」、井上騎手は「騎手になるからには重賞レースで勝ちたい。当面の目標は50勝」と宣言。島津騎手は前日の帯広記念も制した藤野俊一騎手に似た胴赤の勝負服で「小さいころから見ていた藤野騎手が目標。どんな馬でも乗りこなせるようになりたい。馬券は自分からよろしく」。西騎手は「一生懸命、うまくなって、期待に応えられる騎手になりたい」と抱負を語った。

     この日の帯広競馬場は重賞「天馬賞」などでにぎわい、前年比同日28・6%増の2255人が入場、馬券の売り上げも予算比約5%増の約1億1500万円で、2日連続の1億円突破となった。正月開催は5日まで。
    (横田光俊)





     ばんえい十勝で初めて実施するファン投票でレースの騎乗騎手を決める「ゴールデンジョッキー賞」は、計1024人のファンの投票の結果、トップは「イケメンジョッキー」阿部武臣騎手(38)が191票でトップ、7票差でばんえい騎手としては異色の関西(奈良県)出身騎手の浅田達矢騎手(33)が2位に入った。

     人気馬の投票はこれまでもあったが、騎手の人気投票は初めて。先月25日から今月2日まで実施、帯広競馬場と直営場外で587人、インターネットでも437人が投票して全国から応募があった。このほか女性に大人気の牝馬フクイズミ号の主戦ジョッキー尾ケ瀬薫騎手(45)が101票で3位、昨年度史上最多の200勝を達成した鈴木恵介騎手(34)が86票で4位。若手では帯広出身の貝羽智生騎手(21)が39票で7位に入った。同賞は9日にレースを行う。

     上位10人のこのほかの騎手は次の通り。
     大河原和雄(60票)、松田道明(59票)、藤野俊一(36票)、大口泰史(30票)、藤本匠(29票)
                      (ばんえい番記者・横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 26-30  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社