΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    写真教室で指導する太田宏昭さん

    - 2011年1月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     NPO法人「とかち馬文化を支える会」(柏村文郎理事長)は、競走馬や能楽の写真で有名な写真家太田宏昭さん(東京在住)が指導する「プロカメラマンに教わる〜ばんえい写真教室」を30日午後1時35分から帯広競馬場で開く。参加者(定員15人)を募集している。参加料500円。

     太田さんは市営競馬時代から競馬場やばん馬の生産農家などの撮影を続け、札幌などのキヤノンギャラリーや帯広競馬場で個展を開いたほか、昨年末には「ばんえい競馬『光と砂』2011カレンダー」が完成、全国的な反響を呼んだ。

     教室では太田さんに撮影方法について指導を受けた後、日ごろは一般人立ち入り禁止のゴール地点でレース写真の撮影に臨む。参加条件は(1)カメラ持参(2)未成年者は保護者同伴(3)案内者の誘導を守り、競馬実施を妨げることなく撮影できること(4)フラッシュ、三脚、脚立などの使用は厳禁。

     申し込みは同会(ファクス0155-67-6891か、Eメール=info@umabunka.com)に「参加人数・住所・氏名・電話番号」を送付。電話(0155-67-6890)での問い合わせは火曜日と金曜日のみ。(横田光俊)

    - 2011年1月19日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は22日から31日まで、牝馬限定の5レースをメーンレースなどで実施する「プリンセスシリーズ」を行う。期間中は女性の帯広競馬場入場が無料になる。

     実施レースは(1)シンデレラ賞(23日・6歳以上選抜特別)、(2)白雪姫賞(24日・4歳オープン)、(3)重賞・第21回ヒロインズカップ(30日・4歳以上オープン)、(4)かぐや姫賞(同・3歳オープン)、(5)アリス賞(31日・5歳オープン)。(4)以外はいずれもその日のメーンレースとなる。

     第1弾のシンデレラ賞は、牝馬の最高峰を決める女王決定戦ヒロインズカップに次ぐ新設の特別戦で、エメラルド号(8歳、通算27勝)、スターエンジェル号(11歳、同25勝)などが出走予定。また23日には女性騎手・調教師らによるトークショー(時間未定)も予定している。(横田光俊)




     ばんえい十勝で「中高年の星」として人気のゴールデンバージ号(牡14歳)の奮闘ぶりを取材したドキュメンタリー番組「目撃!日本列島 老いてなお挑戦〜『還暦』ばん馬と老調教師〜」が15日午前11時半からNHK総合テレビで全国放送される。


     帯広競馬場スタンド入り口の看板(右がゴールデンバージ) 

     帯広競馬場スタンド入り口の巨大看板にもなっている名馬ゴールデンバージ号は2008年に引退したが、山田勇作調教師(65)に見いだされて見事に再起、昨年7月に復帰して14戦3勝と活躍を続ける。人間で言えば60歳(還暦)になる馬だが、今年も元日からすでに3レースに出走、同競馬史上初の「14歳馬勝利」を目指して5日はトップとわずか0・2秒差で2着、10日も3着など得意の末脚を生かしてファンを沸かせる。

     NHKは同号と山田厩舎(きゅうしゃ)の奮闘ぶりを昨年から取材、24分間のドキュメンタリー番組として放送する。(横田光俊)



     ばんえい記念、北見記念を制したニシキダイジン(藤野俊一騎手) 
     地方競馬全国協会(NAR)は11日、昨年の国内地方競馬で活躍した人馬を表彰する「NARグランプリ2010」の受賞人馬を発表、ばんえい最優秀馬には昨年のばんえい記念などを制した十勝産駒のニシキダイジン号(牡10歳、槻舘重人調教師、馬主はオホーツク管内湧別町・仙頭富萬さん、生産者は足寄町・管野富夫さん)、特別賞には、ばんえい競馬史上2人目の3000勝を達成した藤本匠騎手(47)=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=が選ばれた。表彰式は2月3日に東京で行われる。

     ニシキダイジン号は、219戦30勝、うち重賞5勝。ばんえい重量が重くなると力を発揮する名馬として知られ、昨年3月のばんえい記念、同10月の北見記念、今月2日の帯広記念をいずれも藤野俊一騎手の騎乗で制している。槻舘調教師は「夢のよう。確実に強くなっていると実感している。馬主の仙頭さんは以前からこの賞を取りたいと言っていたので、夢が一つかなった」と喜ぶ。

     藤本騎手は昨年7月3日に3000勝を達成し、現在3062勝。「ミスターばんえい」金山明彦氏(現在調教師)の史上最多3299勝に次ぐ記録をつくり、昨年12月には日本プロスポーツ大賞功労賞も受賞している。藤本騎手は「選ばれて光栄。受賞を励みに、よりいっそう頑張っていきたい」とコメントした。(横田光俊)



    新成人の抱負を記した色紙を掲げてファンの祝福を受ける島津騎手(右)、赤塚騎手(左) 

     ばんえい十勝は10日午後1時15分、新成人の新人騎手で8日にデビューした島津新(あらた)騎手(20)=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=と赤塚健仁(けんじ)騎手(同)=久田守厩舎=の成人式を帯広競馬場で行い、ファンが祝福した。

     競馬開催中のため成人式に出席できない2人のため、「ばんえい十勝成人式」として開いた。合田隆司開催執務委員長が花束を渡して「おめでとう。頑張って」と激励、2人は新成人の抱負を島津騎手は「永遠に挑戦者」、赤塚騎手は「成長」とそれぞれ色紙に記して表彰台の上で掲げ、晴れやかな表情を見せた。

     矢野吉彦アナウンサーの質問に答えて島津騎手は「重賞レースに出たい。馬券は自分が乗る馬から買ってほしい」、赤塚騎手は「皆に見てもらえることがうれしい。若い人に競馬場へ来てほしい」とアピール。式の模様はNHKテレビとテレビ朝日系列のニュースで全国に放送された。
     島津騎手はこの日も第7レースで勝利し、3日間の10戦で早くも4勝。赤塚騎手は6戦で最高3着と健闘している。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社