΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2011年1月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は30日、女性客の帯広競馬場入場無料などを行っている「プリンセスシリーズ」(31日まで)イベントの一環として、女性競馬予想家山崎エリカさん(東京在住)をゲストに迎えて、バックヤードツアー、場立ち予想などを行う。

     山崎さんは新潟県出身。自ら考案したPP(パワーポイント)指数を使って中央競馬などの予想を展開、雑誌連載などで幅広く活躍している。

     ばんえい競馬の応援活動も続け、インターネットの「オッズパーク・ばんえい競馬情報局」(http://blog.oddspark.com/baneiinfo/)で重賞の予想を掲載、大井競馬場(東京)での場立ち予想なども行い人気を呼んでいる。

     今回は30日の重賞「ヒロインズカップ」に合わせて帯広競馬場に来場。

     バックヤードツアー(午後0時40分ごろから、スタンド1階インフォメーション集合、定員20人)を行うほか、午後2時半ごろからスタンド1階中央の特設コーナーで場立ち予想を実施。同重賞表彰式ではプレゼンテーターを務める。(横田光俊)


    トークショーに登場した寄木厩務員(左)と清水川厩務員姉妹

    - 2011年1月24日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    調教のこつ 5人が披露
     ばんえい十勝は23日午後、「プリンセスシリーズ」(31日まで)イベントの一環で、女性厩務(きゅうむ)員、騎手・調教師のトークショーを帯広競馬場スタンド1階の特設会場で行った。巨体のばんえい競走馬を女性の手で扱う極意を「馬との信頼関係をつくること」と心を通わせる調教のこつを語った。

    馬との信頼「子育てと同じ」
     ばんえい競馬初の企画。第3レース後に寄木由紀厩務員と清水川由佳厩務員姉妹、第4レース後に竹ケ原茉耶騎手と佐藤希世子元騎手、第5レース後に谷あゆみ調教師が登場、小枝佳代アナウンサーの司会で語った。

     寄木さん、清水川さんは皆川公二調教師の長女と次女。ともに同厩舎の厩務員と結婚して昨年6月に合同で式を挙げ、家族ぐるみで競走馬の調教に当たる。マックスセンプー号など牡馬3頭担当の寄木さんは「重賞レースに出る馬をたくさん育てたい」と意欲を語り、ワタシハキレイズキ号など牝馬3頭が担当の清水川さんは「1着を取って厩舎に帰ってきたときはかわいい。馬は(女性が相手だと)手加減してくれる」と語った。

     昨年末に騎手を引退した佐藤さんは「思い出のレースは初勝利と最後の騎乗。精神面では男性が多い世界の方が楽だった」と振り返り、ばんえい唯一の女性騎手となった竹ケ原騎手は「きよちゃん(佐藤さん)のファンも、まやちゃん(自分)のファンになってもらう意気込みで頑張る」と決意を披露。

     谷調教師は「馬は叱るときに叱り、褒めるときに褒めて信頼関係をつくると『この人の言うことは聞こう』となってくれる。子育てと同じ」と話した。(横田光俊)



    - 2011年1月23日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    日本プロスポーツ大賞とNAR特別賞ダブル受賞

     昨年最も活躍したプロスポーツ選手に贈られる「日本プロスポーツ大賞」功労賞(昨年12月)に続いて、「NAR(地方競馬全国協会)グランプリ2010」特別賞(授賞式は2月3日)に輝いた。ばんえい競馬史上初の偉業だ。昨年7月に史上2人目の3000勝を達成、ばんえい騎手会会長としてジョッキーたちの先頭に立つ。勝ち続けるための“匠(たくみ)の技”はどこから生まれたのか。(文・横田光俊、写真・山下僚)



    不滅の記録「3299勝」に追いつきたい

    白鵬、宮里藍と
    ▽−−−−−▲
     −史上初、ダブル受賞の感想は。
     坂本東一さん(現調教師)がばんえいで初めてプロスポーツ大賞功労賞(2007年12月)をもらっていたが、まさか自分がとびっくり。表彰式に行って、大相撲の横綱白鵬、女子ゴルフの宮里藍らに会えて、会場の大きさと記者の多さにもびっくり。今回のNAR特別賞もまたびっくりした。私を育ててくれた調教師の先生、馬主さんら皆さんのおかげです。

     −33年前、15歳でばんえい厩務(きゅうむ)員になった当時のことを聞かせてください。
     札幌で育って、旭川の叔父が馬主で馬も飼っていた。冬休みなどに叔父の家で馬の世話をしていた。中学を出て、叔父の勧めで本沢政一厩舎に入った。「3年ぐらいやってみるか」という気持ちで始めたが、働いているうちに馬が好きになった。自分が世話している馬がレースで勝てばうれしい。本沢先生の勧めで騎手試験を受けて2年目に合格しました。

    金山さん目標
    ▽−−−−−▲
     −騎手デビュー日のメーンレースで初勝利…。
     その年の開幕日、新人騎手にメーンの特別競走を任せてくれて、キタノウルフ号で初勝利だった。厩舎には“ミスターばんえい”金山明彦騎手(現調教師)がいて、金山さんが乗らない馬を本沢先生が私に乗せてくれた。兄弟子・金山さんを見て勉強し、新人の年に500回も騎乗させてくれた。順調に来られたのは、人に恵まれたからです。

     −最も思い出の馬は、サカノタイソン号(史上初の19連勝達成の名馬)でしょうか。
     4歳で厩舎に来て育てた馬。常に一番人気で、勝たなければならない。プレッシャーの中で度胸をつけさせてもらいました。

     −次の目標を聞かせてください。
     金山さんの史上最多3299勝。金山さんの記録は年間開催日が少ない中での数字で不滅の記録ですが、追いついてみたい。そして、ばんえい競馬を十勝の財産として認知してもらい、売り上げが伸びることが一番の願いです。

     ふじもと・たくみ
    1962年、札幌市生まれ。中学卒業で本沢政一厩舎に入り、6年間の厩務員を経て騎手試験に合格、83年騎手デビュー。西邑春夫厩舎を経て、現在は岩本利春厩舎に所属。88年から帯広に自宅を構える。家族は妻と2男2女。通算勝利数(1月17日現在)は3063勝、うち重賞45勝。



     ばんえい十勝は23日、「プリンセスシリーズ」イベントの一環で、女性騎手・調教師・厩務(きゅうむ)員のトークショーを帯広競馬場スタンド1階の特設会場で行う。

     ●午後0時40分から寄木由紀厩務員と清水川由佳厩務員(皆川公二調教師の長女と二女) 
     ●午後1時10分から竹ケ原茉耶騎手と佐藤希世子元騎手 
     ●午後1時35分から谷あゆみ調教師
     
     それぞれ女性の視点で競馬を語ってくれる。同シリーズは31日まで牝馬限定のメーンレースなどを実施、女性客の競馬場入場が無料となっている。

     ばんえい十勝は、22日のレースから第2障害の高さを、従来から10センチ高くして170センチにする。競走馬の「障害力」が求められるコースとなる。馬券はもちろん、「障害巧者」のお馬ちゃんから、と考えることになる。 

     今季の第2障害の高さは、昨年4月の開幕時はコースの砂入れ替えに伴い150センチで開始、5月15日から155センチにしたが、馬の障害力が高まり6月12日から昨年度同様の160センチにしていた。

     また、これまで金曜日に実施していたロータリーハロー(トラクターの後部に着けて、土を砕いて整地する機械)による走路整備(第1障害から第2障害までの約77・2メートル、第2障害からゴールまでの約62・7メートル)は=(1)金曜日の夕方(2)土曜日の最終レース後(3)日曜日の同=と開催日前日に3日間行うことになり、21日から実施。ばんえい競馬らしい力勝負が期待される。スピード勝負より、力勝負が得意の馬からとなるか。

     さてこの変更、特に障害が高くなってレースはどうなるか…

     昨年、春先の新馬戦では、障害が越えられずにそりを外す馬の姿も見られた。障害力が付いて、すんなり越えられる馬が増えた結果による変更なら歓迎すべきことだ。しかし障害に手こずる馬が増えて、縦に長いレース(先行馬と、後方の馬が離れて、ゴール際の接戦が少なくなる)が目立つようになると、ゴールの方で取材する記者(独走する馬だけ写真に撮ればよい)にとっては楽だが、レースとしては面白みが薄れるかも知れないな。あす(22日)からのレース展開に注目する必要がある。

     まず皆さん、競馬場に行こう。(ばんえい番記者・横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社