΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2011年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年9月(8)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ばんえい馬 チャグチャグ馬コ披露 [9/19]
  • 来月7、8日 ばん馬まつり [9/19]
  • オレノココロ逆転V、ばんえい岩見沢記念 [9/18]
  • ばんえい十勝 帯広競馬場でイベント [9/17]
  • オレノココロ有力 ばんえい岩見沢記念予想 [9/16]
  • 帯広競馬場で17日「馬の日」イベント [9/16]
  • 募金500円で「ばん馬バッジ」 「赤い羽根」70周年 帯広2種類 衣替え [9/6]
  • ばんえい藤本匠騎手4000勝セレモニー、ファン祝福 [9/4]
  • キタノタイショウ号急死 2015年ばんえい記念優勝馬 [8/29]
  • ミノルシャープ重賞初V ばんえいはまなす賞 [8/28]
  • 勝てるうちは乗る 「サカノタイソン号のおかげ」 4000勝達成 藤本匠騎手 [8/28]
  • 藤本騎手通算4000勝 前人未到「達成できるとは」 [8/27]
  • フウジンライデン有力 あすはまなす賞 [8/26]
  • 優勝賞金88万円 「人間ばん馬」出場チーム募集 [8/23]
  • JRAのトップ騎手らがばんえい競馬体験 ジョッキーDAY開催 [8/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     名牝フクイズミ(10歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手、馬主はトーヨーファーム、生産者は旭川・さくら牧場)が1月30日のヒロインズカップで快勝、重賞11勝目を挙げた。フクちゃんは、大好きな佐々木康弘厩務員に甘えて、この通り!


     表彰式では大勢のファンが詰めかけて「フクちゃん、おめでとう!」。佐々木さんは女の子のファンに、フクちゃんの紫色の髪飾りを渡した。佐々木さんの粋なファンサービスがいつも見られる。ますますこの人馬が好きになってしまう。



     松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手による「愛のむち」で、障害前の気合い入れ作戦を敢行、この成果で復調した。気持ちよく第2障害を上がるようになった。10歳になって、復調して、ますますフクちゃんは、かわいさが増している。

     でもそろそろ、お母さん(繁殖牝馬)にならなくちゃいけない年齢だな。
    チャンピオンカップ(2月27日)、ばんえい記念(3月27日)を狙って、さて引退の時期は?


     もし引退したら寂しいけど、子馬に期待できる。ちなみに今年はあのアンローズ、サダエリコの名牝の子馬が春にはデビューという話もある。
     ばんえいは、大好きだった牝馬の子の登場を待つ楽しみもあるのだ。(ばんえい番記者、フクちゃんにますますぞっこん記者・横田光俊)
     

     競走馬や能楽の写真で著名な写真家太田宏昭さん(東京在住)が指導する「プロカメラマンに教わる〜ばんえい写真教室」=NPO法人「とかち馬文化を支える会」(柏村文郎理事長)主催=が1月30日午後、帯広競馬場で開かれ、道内外から17人の写真愛好家が参加した。

     パドック裏から写真を狙う教室参加者と太田さん(左)

     ばんえい十勝は写真の題材として全国のアマチュアカメラマンに注目され、競走馬の生産牧場も訪れてシャッターを押している。

     太田さんは市営競馬時代からばん馬の撮影を続け、東京・銀座のキヤノンギャラリーや帯広競馬場で個展を開いてきた。昨年末に完成した「ばんえい競馬『光と砂』2011カレンダー」は全国的な反響を呼んだ。31日朝に帯広入りした太田さんは、東京・台東写真連盟会員の久保田典子さん、上田みえ子さんとともに三井牧場(帯広市川西町)を訪れ、引退した繁殖牝馬のアンローズ号とその子馬を撮影、久保田さんらは「ばん馬は初めて撮影したが、かわいい」と感動した。

     午後1時35分からの教室で太田さんはレース写真の撮影方法などを指導、第6レースをゴール地点で撮影した。


     音更町から参加した会社員軍司勝さん(53)は「夏はラリー、冬はばんえい十勝の写真を撮りたい。夢中でシャッターを押し続けた」と興奮。太田さんは「ばん馬は素朴で優しい。馬と人が近くで感じられ、写真として撮りやすい。全国の写真愛好家に人気になっている。ぜひ競馬場に来て撮ってほしい」と話していた。


     ゴール地点で撮影した第6レース「太田宏昭カレンダー完売記念」で勝利、デビュー後10勝目を挙げた島津騎手に、太田さんは表彰式で賞金を渡して笑顔を見せた。(ばんえい番記者・横田光俊)

     1月8日にデビューした新人騎手の島津新(あらた)=岩本利春厩舎(きゅうしゃ)=が30日の第6レースで勝利、早くも10勝目を挙げ、ゴール後に10本の指を立てて笑顔を見せた。


     前日にはメーンレースの特別戦も新人騎手のばんえい減量(10キロ)なしで制しており、勢いが止まらない。

     「いい馬に乗せてもらい、馬にリードしてもらっている。デビューした最初のころとは違って平常心で乗れるようになった」と確実に進化している。「これからも頑張る。応援をよろしく」とファンへの言葉にも力がこもる。

     10勝目を飾ったレースは、有名写真家太田宏昭さんの写真教室で、大勢の写真愛好家、テレビ・新聞各社が居並ぶ前での勝利。島津が勝つときには、必ずドラマがある。      (ばんえい番記者・横田光俊)


    着ぐるみリッキーと滑り台で遊ぶ子供たち(29日午前10時45分ごろ、塩原真撮影)

    - 2011年1月29日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     十勝の冬を彩る「第48回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は29日、2日目を迎えた。十勝晴れとなった帯広市内は、正午現在、氷点下5・3度とほぼ平年並みの気温で、絶好の“まつり日和”。会場の緑ケ丘公園はもちろん、協賛イベント会場にも多くの家族連れらが詰め掛けてにぎわった。

     今年は、ばんえい競馬馬主協会が初めて氷まつりと連動。同日午前10時から帯広競馬場で「競馬場冬まつり」を開催した。同協会のイベントサポーターチーム十勝応援団(青山祐子代表)が考案した多彩なイベントが繰り広げられた。

     高さ約8メートル、幅約10メートル、長さ約20メートルの巨大滑り台は大人気。他では体験できない“ジャンボ”な迫力に多くの子供たちが歓声を上げていた。着ぐるみリッキーと一緒にチューブに乗って勢いよく滑り降りた廉士ちゃん(4)は「スピードが速くて楽しかった」と母しのぶさん(32)に笑顔を見せていた。

     この他「氷グラス作り」「うさぎカフェ」など多彩なイベントが目白押し。同まつりは30日も開かれる。(関根弘貴)


    - 2011年1月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市は28日、来年度のばんえい競馬を4月16日から開催することを発表した。開催日数は26開催153日間(来年3月26日まで)で、ナイター開催は51日間(6月18日〜10月10日)とした。残る開催は昼間開催となる。

     今年度と同じ土・日・月曜日に原則開催し、4、12月、1月の一部日程で連続開催日数(原則3日連続)が変則している。

    1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全34件中)
    著作権 十勝毎日新聞社