\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 844
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
ばん馬が写真愛好家に大人気!写真家太田さんの教室盛況
2011年1月31日(月)
 競走馬や能楽の写真で著名な写真家太田宏昭さん(東京在住)が指導する「プロカメラマンに教わる〜ばんえい写真教室」=NPO法人「とかち馬文化を支える会」(柏村文郎理事長)主催=が1月30日午後、帯広競馬場で開かれ、道内外から17人の写真愛好家が参加した。

 パドック裏から写真を狙う教室参加者と太田さん(左)

 ばんえい十勝は写真の題材として全国のアマチュアカメラマンに注目され、競走馬の生産牧場も訪れてシャッターを押している。

 太田さんは市営競馬時代からばん馬の撮影を続け、東京・銀座のキヤノンギャラリーや帯広競馬場で個展を開いてきた。昨年末に完成した「ばんえい競馬『光と砂』2011カレンダー」は全国的な反響を呼んだ。31日朝に帯広入りした太田さんは、東京・台東写真連盟会員の久保田典子さん、上田みえ子さんとともに三井牧場(帯広市川西町)を訪れ、引退した繁殖牝馬のアンローズ号とその子馬を撮影、久保田さんらは「ばん馬は初めて撮影したが、かわいい」と感動した。

 午後1時35分からの教室で太田さんはレース写真の撮影方法などを指導、第6レースをゴール地点で撮影した。


 音更町から参加した会社員軍司勝さん(53)は「夏はラリー、冬はばんえい十勝の写真を撮りたい。夢中でシャッターを押し続けた」と興奮。太田さんは「ばん馬は素朴で優しい。馬と人が近くで感じられ、写真として撮りやすい。全国の写真愛好家に人気になっている。ぜひ競馬場に来て撮ってほしい」と話していた。


 ゴール地点で撮影した第6レース「太田宏昭カレンダー完売記念」で勝利、デビュー後10勝目を挙げた島津騎手に、太田さんは表彰式で賞金を渡して笑顔を見せた。(ばんえい番記者・横田光俊)

篏罔罸ユ域腓