΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


    - 2010年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競走馬の“中高年の星”として人気沸騰中のゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作調教師)を谷あゆみ調教師が切り絵でデザインした日本手ぬぐい(500円)が4日、帯広競馬場内リッキーハウスで発売開始された。

     NPOとかち馬文化を支える会(理事長・柏村文郎帯畜大教授)が企画した同号グッズの第3弾。ゴールデンバージ号の日本名を「黄金曳馬(ばんば)」と表現、茶色の栗毛(くりげ)の馬の色をできる限り実物に近いカラーで印刷した。ばんえい界の芸術家・谷さんの傑作だ。

    一度引退しながら現役復帰して勝利、活躍する同号は「リストラに遭っても負けずに頑張る中高年のシンボル」として注目されている。この手ぬぐいをきりりと締めて、奮闘するファンも多く出そうだ。限定150枚。



    ポニーが競馬場本コースを力走、優勝したトカチイサム号に笑顔で騎乗する寄木由紀さん

    - 2010年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    調教師発案催し 続々成功

     ばんえい十勝で初のポニーばん馬模擬レースが5日午後3時10分、帯広競馬場で行われ、管内のポニー5頭に全員女性の調教師、騎手、きゅう務員が騎乗してかわいいレースを繰り広げ、場内の子供らに大好評だった。金山明彦調教師(58)の発案でNPO馬文化を支える会が主催。8月の「本別町デー」でも西邑春夫調教師(62)発案の催しが成功しており、調教師がイベント企画でも奮闘している。

     ポニー(体高147センチ以下の馬の総称)は道内外の草ばん馬で人気を呼び、金山調教師の知人で帯広在住の会社社長田村勇さん(62)が4頭、同、自営業吉井幸作さん(同)が1頭を提供した。田村さんは5年前から各地のポニーばん馬で活躍、「帯広競馬場でも立派に走れる」と重さ50キロのそりを準備して臨んだ。

     騎乗したのは谷あゆみ調教師、佐藤希世子騎手、寄木由紀きゅう務員(皆川公二調教師の長女)、清水川由佳きゅう務員(同次女)、長澤沙也佳きゅう務員(長澤幸太騎手の妻)の女性5人。夫や父などの勝負服を着てレースに臨んだ。

     レースは「かわいい」「頑張れ」の大声援の中、田村さん自慢の強豪馬トカチイサム号(牡4歳)が独走勝利。騎乗した寄木さんは「強かった。新鮮で楽しかった」。会場で「ポニー馬券」をもらい優勝馬を当てた子供たちにお菓子を配った。金山調教師は「ポニーばん馬で活躍する馬10頭をそろえて、本格的レースも企画したい」と次の企画に向けて意欲を燃やしていた。(横田光俊)


    2勝目を挙げたシルクタロー号

    - 2010年9月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で初の一口馬主所有馬シルクタロー号(牡2歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、生産者は幕別町・佐渡孝徳さん)は5日の第2レースで、6月のデビュー戦以来となる2勝目を挙げた。通算成績は7戦2勝。

     同号はシルクホースクラブ(東京)が馬主を募集、6月19日の初戦で独走勝利を飾った。その後は9着2回など結果を出せないできたが、馬体重も852キロと増え始め、この日のレースは第2障害を真っ先に降りてそのまま後続を振り切った。

     松田騎手は「2日間ほどきつめの調教でレースに備えた。最近少しずつ力を付けている。長い目で見守って応援してほしい」、松井調教師は「松田騎手の腕でうまく勝利した。今後も体重を増やして期待に応えたい」と話している。(横田光俊)

    - 2010年9月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場敷地内に観光交流拠点施設「とかちむら」が開業し、6日で1カ月を迎える。帯広市は市民や議会にばんえい競馬との「相乗効果」を繰り返し訴え、運営会社に対する施設建設費の全額補助を押し通した経緯がある。新施設は同競馬場(本場)の馬券発売額の底上げに貢献している一方、相乗効果を単なる「オープン特需」に終わらせないための継続的な取り組みを求める声も上がっている。

     とかちむらは8月6日にオープン。開業後、ばんえい競馬が開催された日は8月末現在で12日間を数える。



    開業1カ月を迎える「とかちむら」。ばんえい競馬の売上増に貢献している(8月6日のオープン日)

    ■入場者78%増
     本場入場者数(午後1時10分以降集計)は8月14日の4314人(前年比84%増)をピークに、いずれの日も前年実績を大幅に上回った。前年実績に対する伸び率は、最大で23日の180%(2309人)増。最低でも21日の19%(338人)増を記録した。

     開業前(4月24日〜8月2日の計45日間)の入場者数が6万3828人(前年比6%減)だったのに対し、12日間の入場者数は3万3150人(同78%増)と好調に推移。累計入場者数は9万6978人(同12%増)と前年実績を上回る水準に好転した。

     市ばんえい振興室の合田隆司室長は「道東道無料化や盆休みもあり、管外ナンバーの車や子供連れ、女性年配者の団体などが多かった。馬券の購入方法を教えるビギナーコーナーにもたくさん人が集まっていた」と振り返る。

    ■予算比14%増
     入場者数の増加と連動し、本場の馬券発売額にも一定の波及効果が表れた。12日間のうち予算額、前年実績とも上回った日は半数超の7日間。12日間の累計発売額は約2億2700万円に上り、予算比14%(2825万円)増、前年比12%(2509万円)増と記録的水準に達した。

     こうした「とかちむら効果」を反映し、今年度の累計発売額は予算比で開業前より3%増の6・5%減、前年比も4%減まで回復した。オッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)の新名貴之社長は「入場者が増えれば売り上げは伸びる。これを継続させる仕掛けが必要」と強調する。

     とかちむらの今後の展開について、大塚徹市議(清翔クラブ)は「地元の人をどうリピーターにするか。競馬開催日の土・日・月曜しかやっていない雰囲気がある。もっとPRがほしい」と助言。施設の話題性を持続させるには、とかちむらの認知度を高める工夫が不可欠とする。

    ■評価は今後
     市原秀朗市議(民主・市民連合)は「(話題性が薄れる)観光シーズンから外れた時期や夜間の入り込み客はどうなるのか。長い期間で見なければ評価は難しい。市の公費を入れた以上、一定の結果を示さないといけない」と推移を見守っている。

     とかちむらでは18〜20日の3連休、収穫祭を中心とした「秋フェスタ」を開催する予定で、客の呼び込みを狙う各種イベントを仕掛ける。

     競馬事業との相乗効果を持続できる仕組みづくりの可否は、運営赤字が続く競馬の存廃問題にも直結する。とかちむらの塚田一雄運営マネジャーは「今後もOPBMと馬券購入につながる連携をしていく」と意欲を示している。(中津川甫)




    世界で唯一のばんえいトロッコに試乗、感動する鉄道ファンら

    - 2010年9月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で4、5の両日、帯広競馬場の本コース脇でレース用そりの運搬に使われているトロッコの初の試乗会が行われ、鉄道ファンに注目された。約40年前、夕張市の炭鉱からレール・枕木を譲り受けて敷設、帯広市内の自動車修理工場に依頼して製作した気動車が引くトロッコは、今や世界で唯一の貴重品。「SLとかち号」の乗車で来勝したファンは乗り心地、運転音、レトロな姿に酔いしれ、ばんえいの新たな名物が生まれた。

     ばんえいトロッコのレールの距離は直線200メートル。2本のレールの間隔(ゲージ)は762ミリで、JR在来線の1067ミリより狭い。炭鉱で使われていたレールは長年の使用で上部の丸みが削れて平らになっている。敷設当初は気動車がなく、4トントラックでけん引していたが、効率化のために市内の自動車修理工場に依頼してガソリン駆動の初代気動車を製作、次いでディーゼルエンジンの現在の気動車になったという。ブレーキ、アクセル、変速レバーはいずれも自動車の部品。極めて珍しい運搬装置だ。

     約30年間、運転している大熊穣さん(70)は「積んだソリが落ちないか安全確認のために、運転席は進行方向の後ろ向き。常にバックミラーを見ながら運転する」と運転方法も特殊。冬季は線路上に積もった雪を人手でかき出し、スリップに気を付けながら運転する。2006年3月までの市営競馬組合時代には道内4カ所の競馬場にあったトロッコも、07年4月からの新生競馬で帯広だけになり、希少価値が増した。

     今回は、35年ぶりに十勝で走ったSLの記念に、安全性に十分に配慮して、超スロー運転で往復約100メートルの限定距離で試乗運転、初日の4日には9人が参加した。

     横浜市の会社員田村光正さん(55)は熱烈な鉄道兼ばんえいファンで、旧国鉄の広尾線廃止(1987年2月)、士幌線同(同年3月)の際にも訪れ、ばんえい競馬は97年に名馬フクイチ号がばんえい記念2勝目を挙げた時から毎年ほぼ3回のペースで通っている。「北見競馬場でもスイッチバック式のトロッコに乗ってみたかったが、今はない。念願のトロッコに乗れた」と写真を撮り、運転音を録音して感動にひたっていた。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全30件中)
    著作権 十勝毎日新聞社