΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    末脚を発揮、後続を引き離して快走するキタノタイショウ(大河原和雄騎手)

    - 2010年9月20日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    今季3連勝、重賞4勝目
     ばんえい十勝は19日、4歳三冠重賞レースの第2弾「第18回銀河賞」(BG2)を行い、同世代実力トップのキタノタイショウ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手、馬主は木下栄三さん、生産者は豊頃町・衣原国雄さん)が堂々の末脚で先行4頭を抜き去り王者復活の勝利を挙げ、今季3連勝で重賞4勝目。タイムは1分47秒2(馬場水分3・4%)。2着はアアモンドヤマト(牡、小林長吉調教師、藤本匠騎手)、3着はトモエエーカン(牡、岡田定一調教師、藤野俊一騎手)だった。

     レース開始前からやや強めの降雨。(7)コマクインが先行、真っ先に第2障害を降り、(3)ワタシハキレイズキが続き、有力馬の(8)トモエエーカン、(9)アアモンドヤマト、(10)キタノタイショウが追った。(10)はスピードに乗って先行馬を次々に抜き去り、残り20メートルでトップに。さらに後続を引き離して快勝した。(横田光俊)

    苦境の中「辛抱」 逸材にさらなる期待
     2歳馬の頂点「イレネー記念」、3歳でも「菊花賞」と「ダービー」で勝利、同世代の頂点に立ったキタノタイショウは今季、クラス上のメンバーと戦い苦戦が続いた。「ゆるくなかった。どう使えばよいか、相当迷った」(服部義幸調教師)と言う。

     その苦境の中でベテラン大河原和雄騎手(50)は「馬には辛抱させ、一つひとつを教えた」と馬と向き合った。気性が勝り、前に行こうとする馬だが「とにかく気持ちを落ち着かせること」。第2障害の前で辛抱して立ち、呼吸を整えてから行くという勝ちパターンが前走(9月5日、ゴールデンホース賞、1着)でうまくいった。その勝ち方で、今回の大勝負もばんえい重量トップハンディ(730キロ)を引きながらも快勝した。

    辻本騎手が引退 
     ばんえい十勝の辻本貴信騎手(34、音更町出身、辻本誠作きゅう舎)がこのほど引退した。

     同騎手は2002年1月5日にリキミノル号騎乗で騎手デビュー、同4月29日に同号で初勝利。通算成績は1347戦63勝。地元十勝出身の「怪力マッスルボーイ」と親しまれた。これでばんえい騎手は29人になった。

     服部調教師は「2歳の時から調教に苦労した。河さん(大河原騎手)だから、馬との折り合いが付けられた。(苦境を乗り越えての勝利に)うれしいのひと言に尽きる」と語る。

     4歳世代は、上り調子のアアモンドヤマト、トモエエーカンなど有力馬がそろう。将来のばんえい十勝を担う逸材の中でも、王者キタノタイショウへの期待は大きい。「これから先も伸びる可能性を秘めている」(大河原騎手)、「きゅう舎全員、この馬でばんえいの頂点を極めたいという思いで取り組んでいる。頑張ります」(服部調教師)と力を込めた。


    ゆるキャラの徒競走に笑いの渦、大好評だった選手権(昨年のイベントで)

    - 2010年9月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、企業・団体の癒やし系キャラクターの着ぐるみが帯広競馬場で徒競走、ばんえい模擬レースで競う「ゆるキャラ選手権2010」を10月11日に帯広競馬場で行う。参加着ぐるみを募集している。優勝賞金は5万円で、優勝着ぐるみは競馬実況テレビでスタジオから全国にPRもできる。

     昨年初めて実施して、JRA(日本中央競馬会)の「ターフィー」、ばんえいの「着ぐるみリッキー」、十勝毎日新聞社の「ぴぴっとかちまい」「カチマイデビル」、函館競輪の「りんりんくん」、鹿追町のYOSAKOIソーランチーム「鹿っとびグランディア」の「ぐらんでぃー」など多彩なメンバーが参加、大好評だった。

     選手権では65メートルの徒競走で予選(各キャラクターの身体能力によってハンディあり)を行い、上位5体が現役競走馬が引くそりに同乗してレースで対決、優勝者を選ぶ。今季ナイター開催最終日を飾るイベントとなる。

     申し込み・問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155-34-0825、帯広競馬場内)へ。(横田光俊)





    - 2010年9月14日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、25日に新規開設する網走場外発売所(同市南4東1)の愛称を募集する。採用者には「網走海鮮セット」を贈る。

     直営場外は7カ所目。旭川は「レラスポット北彩都」、北見は「ミントスポット北見」となっており、網走の新レジャースポットとしてふさわしい名前を募る。

     応募は「名称案と由来、住所、氏名、電話番号、メールアドレス」を明記して郵送(〒080−0023、帯広市西13南9、帯広競馬場内、オッズパーク・ばんえい・マネジメント網走場外愛称募集係)で10月11日まで。またはホームページ(http://www.banei-keiba.or.jp/)で25日午後1時から10月11日同6時まで受け付ける。



     
    日ハム「B★B」ファンと交流
    2010年9月13日(月)

    B★Bにサインをもらうファン

    - 2010年9月13日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     プロ野球北海道日本ハムファイターズのマスコット「B★B」が11日、帯広競馬場に登場しファンと交流した。地域振興、ファンとの交流を目的に道内全市町村を回っており、管内には9日に新得町、10日に清水町も訪れた。
     B★Bは訪問先で地域の見どころをまとめた映像制作のためロケを行い、終了後に各地のファンとの交流会を開いている。十勝では帯広市が10カ所目。

     ばん馬「リッキー号」のそばでファンが長い列をつくり順番待ち。帯広栄小の斉藤君(10)は「ヒットでつないで勝つ日ハムが好き」と話し、記念撮影などに喜んでいた。父宏明さん(49)は「普段競馬場には来ないが、せっかくなので競馬も楽しみたい」と話していた。(関坂典生)


    家族連れが見守る中、力強く畑を耕すリッキー号(11日午前10時50分ごろ、金野和彦撮影)

    - 2010年9月11日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     満寿屋商店(杉山雅則社長)は11日午前10時半、ますやパン麦音店(帯広市稲田町南8線)の敷地内の畑で、ばん馬の「リッキー号」による馬耕を行った。家族連れら約100人が見守る中、力強く馬耕用プラウ(畑を耕す農機具)を引いて、小麦収穫後の畑を耕した。

     同店ではパンの原料になる小麦の生育を身近に感じてもらおうと「ハルユタカ」を栽培、先月上旬に収穫した。収穫後の畑はこれまで機械で耕していたが、十勝を開拓した馬の力、昔ながらの農業を伝えようと今回初めてリッキー号に頼んだ。

     約1500平方メートルの畑を耕し始めると、来場者は「力がある」「頑張れ」と声援を送っていた。リッキー号との触れ合い時間では、記念撮影やニンジンの給餌をしてリッキーをかわいがった。

     帯広市内の主婦弘子さん(52)は孫の彩心ちゃん(1)と馬に見入り「馬が耕すところを初めて見た。昔はこんな風にやっていたんだと分かって楽しかった」と話していた。

     耕した畑には、同社で秋まき小麦で超強力小麦の「ゆめちから」と春まき小麦「ハルユタカ」を植える予定。(関坂典生)



    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全30件中)
    著作権 十勝毎日新聞社