΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年9月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    「名古屋おもてなし武将隊」登場
    2010年9月27日(月)


    - 2010年9月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     「名古屋おもてなし武将隊」の豊臣秀吉と徳川家康が25日、帯広競馬場に登場、よろいかぶと姿でばんえいPR馬に騎乗、笑顔を振りまいた。

     太閤殿下・秀吉はリッキー号に対面して「こりゃ、できゃあ(でかい)馬じゃなあ」、家康公は芦毛(あしげ)のミルキー号に騎乗して「いい眺めじゃ。(白馬にまたがり)こりゃ暴れん坊将軍じゃな」。競馬場内の観光交流拠点施設「とかちむら」も視察して「よいところじゃなあ」。イケメン2人の軽妙なやりとりに、随所で観客の笑い声が起きた。

     名古屋開府400年の観光PRと、ばんえい競馬の盛り上げのために、“ばんえい秋の陣”で奮戦した同隊は、26日も今季のフィナーレを迎えたオビヒロホコテン会場で大活躍。ご苦労じゃった…。

    - 2010年9月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     【網走】ばんえい十勝で7カ所目の直営場外となる網走場外発売所が25日、同市南4東1、ATPマツブンビル1階にオープンした。この日は50人が来場、予算比約140%超の148万4700円の売り上げで好スタートを切った。

     同日午後0時15分から開所式を行い、大場脩網走市長、北野清丸網走中央商店街振興会理事長、本迫哲帯広市副市長、新名貴之オッズパーク・ばんえい・マネジメント社長の4人がテープカットした。船山蔵人騎手のトークショーや抽選会も行った。

     施設は広さ約160平方メートル、収容人員80人で、自動発券機4台、払い戻し機2台のほか大型ディスプレーを備える。同市の中心街活性化も目指す施設で「通いやすいとファンに好評」(合田隆司帯広市ばんえい振興室長)という。

     
    長澤幸太騎手が100勝達成
    2010年9月27日(月)
    - 2010年9月26日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の長澤幸太騎手(22、服部義幸きゅう舎)が25日の第4レースでタカラテンリュウ号に騎乗、通算100勝を挙げた。昨年1月にデビュー後1年9カ月でのスピード達成。同騎手は昨年の日本プロスポーツ大賞新人賞、NARグランプリ最優秀新人騎手賞を受賞している。「調教師や先輩騎手など周りの人の支えで達成できた。努力を惜しまずトップジョッキーを目指す」とコメントした。

    - 2010年9月24日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は25日、“武将の聖地”名古屋で観光PR活動を続けている「名古屋おもてなし武将隊」が来場してイベントを繰り広げる。

     同隊は名古屋開府400年の今年に合わせてゆかりの武将6人に扮(ふん)するPR組織として結成、名古屋城で観光案内、演武などおもてなし活動を続けている。ばんえい競馬を盛り上げるために「徳川家康」「豊臣秀吉」らが十勝に“出陣”、同日午後1時20分からPR馬のリッキー号、ミルキー号に騎乗して登場、来場者との記念撮影に応じる。第1レース「名古屋開府400年記念」(同2時20分発走)では表彰式でプレゼンテーターを務める。

     またこの日は市農業施策推進委員会主催で「牛乳婚活」を実施、乳製品を片手に農業青年と女性が午後6時半からナイター競馬を観戦する。(横田光俊)



    完成した宣伝カーで十勝各地を回り、ばんえいPRに奮闘するイベントサポーター(右手前が応援団の青山代表)

    - 2010年9月21日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    「とかちむら」などPRで連日盛況
    来月、初の女性向けイベントも


     7月から活動を始めた「ばんえい馬主協会イベントサポーター十勝応援団」の若者10人が抜群の行動力でばんえい十勝を盛り上げ、入場者数と売り上げ増に貢献している。8月に帯広競馬場にオープンした観光交流拠点施設「とかちむら」は応援団のPR活動の成果で連日盛況、同施設から客を競馬場に案内して馬券購入の楽しさを伝える活動も効果を生んでいる。10月3日には初の女性向けイベント「バラフェスタ」を競馬場で開き、女性の集客を図る。

     同サポーターは同協会(大野清二会長)が市の緊急雇用創出推進事業委託を受け、来年3月末まで雇用した平均年齢27歳の若者たち。男性5人、女性5人で出身地は帯広、大樹、足寄、幕別町忠類、新得、苫小牧など。これまでに帯広、新得、本別、大樹、忠類などのイベントに出掛けて同競馬と「とかちむら」をPR、各会場ではアンケート調査も行い住民の意向もとらえている。

     特に力を入れているのが、年中無休で午前10時から午後9時まで営業している「とかちむら」での活動だ。各店舗で500円以上使った客を対象に人数限定で1日数回、100円の単勝馬券をプレゼント、競馬場見学ツアーにも案内する。競馬が初めての客がレースに興奮、勝ち馬を当てると歓喜して自分でも馬券を買い始める。市ばんえい振興室は「確実に初心者向けの単勝馬券の売り上げが伸びた。イベントサポーターの行動力のおかげ」と感謝する。

     10月3日午後2時からはメーンレース「紅バラ賞」に合わせて、場内でプロの手によるバラを使ったヘアアレンジやネイルアートの無料体験、フラワーアレンジメント教室など「かわいいがいっぱい〜キラ☆もり☆バラフェスタ」を開く。イベントリーダーの佐々木寿充(としみ)さんは「今まで競馬場に来たことがない女性に来てほしい」、応援団代表の青山祐子さんは「競馬場のファンは、実はおしゃれして来ている。競馬場が『かわいい』でいっぱいになるイベントを」と語る。応援団の宣伝カーもこのほど完成し、さらに力が入る。問い合わせは同イベントサポーター(0155・34・0825、競馬場内、内線40)へ。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全30件中)
    著作権 十勝毎日新聞社