\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 740
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛12(2)
2017綛11(15)
2017綛10(11)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー

ばんえいで10月3日に女性向けイベント開催
2010年9月29日(水)
- 2010年9月29日掲載十勝毎日新聞紙面より -

 ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は10月3日午後2時から、同競馬で初の女性向けイベント「キラ☆もりバラフェスタ」を帯広競馬場で開く。競馬場にはおしゃれをした女性の来場が急増しており、当日のメーンレース「楽天競馬杯紅バラ賞」にちなんで場内をバラで飾り、バラを使った多彩なイベントを展開する。

 今年8月に観光交流拠点施設「とかちむら」がオープンして以降、競馬場への女性の来場者が増えた。ファンに最高人気の最強牝馬フクイズミ号が出場する日には、おしゃれをした女性が競技コース沿いに並ぶ。同協会イベントサポーター十勝応援団の青山祐子代表は「若い年代の女性も喜ぶ、女性のための『かわいい』がいっぱいのイベントを」と企画した。

 競馬場入り口から会場まではバラで装飾された「バラロード」が設けられ、競馬場見学ツアー(午後2時5分、同3時15分、同6時、同7時45分の4回、とかちむら西側入り口で受け付け)参加の女性100人に生バラをプレゼントする。

 バラのアクセサリーを使ったプロの手によるヘアアレンジ(午後2時〜同7時、無料、200人まで)、バラのネイルアート(同、無料、80人まで)、フラワーアレンジメント教室(午後2時半、同3時半、同4時半、所要時間は40〜50分、無料、各回先着10人)などを開く。

 バラにちなんだカクテル、ローズティー、花のクッキーも味わえ、バラの小物やアクセサリー、服も販売する。同応援団イベントリーダーの佐々木寿充(としみ)さんは「帯広競馬場は若い女性が気軽に来られる場所。今まで来場したことがない方にも来てほしい」と呼び掛ける。問い合わせは同応援団(0155・34・0825、競馬場内、内線40)へ。(横田光俊)



篏罔罸ユ域腓