΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ファンを歓喜させた往年の騎手によるマスターズカップ出場の調教師10人(右から5人目が優勝した西弘美さん)

    マスターズカップ 往年の名騎手大活躍

     ばんえい十勝は15日、前半戦ヤマ場の重賞レース「第22回柳月杯ばんえいグランプリ」や往年の名騎手によるエキシビションレース「マスターズカップ」などを行い、帯広競馬場は前年比62%増の3660人の来場者でにぎわった。売り上げは今季初の1億円台となる1億374万5500円だった。

     午後7時5分からは往年の騎手によるマスターズカップ(NPOとかち馬文化を支える会主催)が行われ、岩本利春、金山明彦、金田勇、中島敏博、西弘美、服部義幸、林豊、久田守、平田義弘、皆川公二の10人の調教師が登場。ファンから「先生、格好いい」と声援が飛び、昨年末に引退したばかりの西さんがオオバコ号で勝利した。

     ファンの人気投票上位馬などによるグランプリでは帯柏葉高吹奏楽部の12人(リーダー本間結衣さん・2年)がスタンドで3曲を披露した後に発走のファンファーレを演奏、本間リーダーは「わたしたちの演奏で盛り上がれば」と気持ちを込めた。

     レースは強い雨にもかかわらずコース沿いは大勢の観客で埋まった。陸別町産駒のナリタボブサップ号(牡8歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)がトップでゴール、「ボブ、やった」と大歓声。同レースの売り上げは1レースとして今季最高の2236万8200円となった。(横田光俊)


    小学生らと綱引きで力比べをするミルキー号

     ばんえい競馬のPRイベントが15日、東京シティ競馬(TCK)大井競馬場で行われ、子供たちがばん馬との綱引きなどを楽しんだ。

     TCKが同日開催の「第22回ばんえいグランプリ」を場外発売したことに合わせ実施した。

     帯広市特別嘱託職員のミルキー号(牡7歳)と小学生40人が本馬場で綱引きを行い、ミルキー号が“瞬殺”で勝利。続いて保護者が加わり約100人で対戦、序盤は優勢だったミルキー号も力負けし、子供たちが歓声を上げた。都内の小学生、田南部君は「でかくて強かったが、勝ててうれしかった」と笑顔で語った。

     現役馬のガッツ(牡3歳)とサンダーアレックス(牡6歳)によるデモ走行では、船山蔵人騎手、林義直騎手の手綱で平たんコースを豪快に疾走。ばん馬の背中に乗れるふれあいコーナーも人気を集めた。(池谷智仁)


    「ぴぴっと&デビル杯」の優勝馬アウルメンバーとぴぴっと

     9日午後8時発走のメーンレースは「第60回勝毎花火大会特別」(A2−1、320万円未満)を実施、4番人気のホリセンショウ(牡5歳、尾ケ瀬富雄調教師)が快勝した。同馬に初騎乗の西謙一騎手は「我妻瞳吉きゅう務員が馬を仕上げてくれたおかげで、乗りやすかった」と感謝。帯広競馬場はにぎわい、同レースの販売額は819万2900円となった。(横田光俊)


     帯広競馬場で開催中のばんえい十勝は、全レースを十勝毎日新聞社グループが協賛した「勝毎デー」を8日に、第60回勝毎花火大会特別レースを9日に行い、両日とも予算額を突破する好売り上げに貢献した。

    アウルメンバーぴぴっとと写真
     8日は十勝毎日新聞社グループが全レースを協賛する「勝毎デー」を実施した。

     メーンレース「勝毎賞サマーカップ」をはじめ全12レースを本社グループが協賛。第6レース「ぴぴっと&デビル杯」では、本社のマスコットキャラクターぴぴっとが表彰式のプレゼンテーターとして登場。

     優勝したアウルメンバー(牡3歳、岩本利春調教師、藤本匠騎手)とともに記念写真に収まった。

     ぴぴっととばんえい十勝のマスコットリッキーによる子供たちを対象としたばんえい○×クイズ、「第60回勝毎花火大会」(13日開催)の特別観覧席招待券や勝毎グッズが当たる抽選会などもあり、夏休みでにぎわう同競馬場を盛り上げた。(丹羽恭太)

     
    アアモンドガンバレ号 初勝利
    2010年8月9日(月)
     茶色と白色のまだら模様(栗ぶち毛)がかわいいアアモンドガンバレ号(牡2歳、小林長吉調教師)が7日、帯広競馬場でのばんえい十勝第2レースで9戦目にして初勝利を飾った。

     ぶち毛はサラブレッドなどの軽種馬には存在せず、ばんえい競馬でも競走馬は珍しく、国内競馬史上初の記録となる。4番人気の同号は「頑張れ、頑張れ」の声援に応え、第2障害を3番手で降りた後、先行する2頭をとらえてゴール直前に逆転した。

     騎乗した藤野俊一騎手は「まじめな馬で、最後まであきらめずに頑張った」、小林調教師は「一生懸命、調教に応えてくれた」と喜ぶ。ひたすら頑張れば結果は出る−という新たなばんえいの感動ドラマが生まれた。

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社