΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝は21日、帯広競馬場で「本別町デー」を実施、伝統芸能「本別駒踊り」を午後2時、同2時半からスタンド前で披露する。メーンレース「本別きらめきタウンフェスタ杯」(同8時発走)の勝ち馬予想大会を同5時10分から行い、確定前馬券2000円分提示で的中者の中から抽選で本別の特産品などが当たる。



     
    ばんえい初の記念入場券発売
    2010年8月19日(木)
    武豊騎手ら23日来勝

     ばんえい十勝応援のためJRA(日本中央競馬会)の人気ジョッキー武豊ら10騎手が帯広競馬場を訪れる23日の「JRAジョッキーデー」で、同競馬初の記念入場券が発売されることになった。

     JRA騎手のばんえい応援は2007年以来4回目。今回は初参加の武豊、弟・幸四郎(3回目)の兄弟そろい踏みが実現、世話役の藤田伸二とともに4回目となる安藤勝己、勝浦正樹、四位洋文のほか、横山典弘、上村洋行、田中勝春、藤岡佑介の豪華な顔触れとなる。いずれも自費で十勝を訪れる。毎回、大勢のファンが本州からも駆け付けるため、初の記念入場券(100円)を午後1時10分の開場から発売することになった。同券は裏面の整理番号で、JRAグッズなどが当たる抽選会に参加できる。

     各ジョッキーがばんえい騎手とともに騎乗する模擬レースは午後6時20分と同7時33分ごろの2回実施、合計の成績で優勝を競う。トークショー(同6時55分ごろと、同8時15分ごろの2回)も予定している。(横田光俊)


    ばんえい十勝のPRでオリジナル商品が並ぶ「とかち・帯広フェア」(ローソン帯広駅北店で)

     北海道ローソン支社(札幌、沖博之支社長)は17日、全道の店舗(533店、うち十勝管内は24店)で「とかち・帯広フェア」をスタートさせた。十勝の食材を使ったオリジナル弁当・パンなど6点、カップめん「みすゞラーメン」などタイアップ商品6点の計12点を「ばんえい十勝」の写真入りシール、商品説明広告(ポップ)付きで販売する。30日まで。

     ローソンは2008年に道と地域活性化の包括協定を結び、09年11月には地域連携開発商品の第1弾「十勝幸福行カレーパン」を全道で発売、大好評だった。留萌、小樽との連携販売も実施、今回で4回目となる。

     今回のオリジナル商品は帯広競馬場で評判のハンバーガーをアレンジした「ばんばーがーサンド」(250円)、「十勝産ポークの焼きそば」(435円)、人気の同カレーパン(148円)など6点で、うち「十勝産ポークの炒飯(チャーハン)」(498円)など2点は19日から販売。いずれも十勝の素材を生かした味の逸品だ。

     本州からの観光客の来店も多いローソン帯広駅北店(西2南11)の藤川勝彦オーナーは「地元十勝にしかないおいしさを、大いにPRしたい」と販売に力を入れている。(横田光俊)



     ばんえい十勝は15日、全日程の3分の1となる開催50日間が経過した。累計馬券発売額は32億7474万7500円(予算比8・54%減、前年比6・07%減)。ネット販売の「5重勝式」の売り上げ不振、7月上旬に予定していた「網走場外」の開設が1カ月以上遅延していることなどが影響した。8月に入り、1日当たり発売額が今期初めて1億円を突破するなど、持ち直しの兆しも出ている。

     1日の平均発売額は6549万4950円(予算額7161万480円)。開催50日間のうち1日当たりの馬券発売予算額を超えた日は計7日間(前年比2日増)にとどまっている。ただ5〜7月の予算額を超えた日は各1日のみだったのに対し、8月は15日までで既に4日間と好調に推移している。

     発売額の内訳では、帯広競馬場(本場)が8億8162万6900円(予算比5・02%減、前年比7・48%減)。今月6日の観光交流拠点施設「とかちむら」開業に伴い、本場の入場者数が急増。50日間累計で7万9495人と前年を3%上回るまで伸びてきた。

     入場者数の伸びが及ぼす本場の売り上げ効果は限定的。とかちむら開業以降の6〜15日の開催日計5日間のうち、前年の発売額を下回った日は3日間もあった。

     旭川や北見など道内6カ所の「直営場外」は11億413万7100円(予算比10・66%減、前年比10・73%減)と苦戦。網走場外が農水省の決裁の遅れでいまだに開設の見通しが立たず、50日間で計画していた3000万円以上の売り上げが見込めなくなった。

     ネット販売も5重勝式が計画額の14%にとどまり、市は現在無作為に選ぶランダム方式から自由に選べる「セレクト方式」への変更を検討中。市ばんえい振興室は「網走場外の開設、5重勝のセレクト方式が実現すれば少しは持ち直す」としている。(中津川甫)




    【ばんえいグランプリ】第2障害を先頭で降り、終盤の粘りも発揮するナリタボブサップ(右、鈴木恵介騎手)。左はニシキダイジン(鈴木勝堤騎手)

    2年ぶりの重賞5勝目

     ばんえい十勝は15日、前半戦最大のヤマ場となるファン人気投票上位馬などによる最高グレードの重賞「第22回柳月杯ばんえいグランプリ」(BG1)を行い、激しい雨の中でのレースでナリタボブサップ(牡8歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手、馬主は滝川市・大森勝廣さん、生産者は陸別町・林豊嗣さん)が第2障害を先頭でクリアして終盤も粘り、約2年ぶりの重賞5勝目を遂げた。タイムは2分8秒5(馬場水分3.6%)。往年の騎手によるエキシビションレース「マスターズカップ」はオオバコ(牡5歳)騎乗の西弘美調教師が勝利。第9レースは同競馬史上初のスピードレース「サッポロビール杯第1回スピードスター賞」を行い、ワタシハスゴイ(牝4歳、皆川公二調教師、松田道明騎手)が56秒6の驚異的タイムで優勝した。(横田光俊)

    雨の中絶妙の騎乗…“ボブ”復活に手応え

     ファン人気投票3位のナリタボブサップがゴールした瞬間、「ボブやった」「おめでとう!」と場内に歓声が響いた。2008年7月の北斗賞で勝利して以来、重賞に16回挑戦しながら2着3回、3着3回と惜しいレースが続いた。昨年春から33戦すべてに騎乗してきた鈴木恵介騎手は「ようやく重賞で勝てた。1つ取ってこれで楽な気持ちで次からも勝利を目指せる」と喜んだ。

     馬主の大森勝廣さん(滝川市)が「思っていた以上の乗り方」と絶賛する絶妙の騎乗だった。激しい雨で視界が悪い。第2障害までの道中、逃げを狙うニシキダイジン(鈴木勝堤騎手)が馬群を抜けて真っ先に障害に挑む動きを冷静に見ていた。「ニシキダイジンにペースを合わせて、ひと息つけた。相手が第2障害の途中で止まったタイミングで」とふた腰(2度の挑戦)で障害をクリア。後はゴール際で動きが止まりがちなナリタボブサップの息を持たせてゴールを切った。

     大友栄人調教師は「自分のペースで展開を作れば持ち味が出る馬。いい騎乗だった。夏バテを克服して馬体重も前走より29キロ増えた。これから重賞狙いでいく」とボブの復活に手応え十分な様子だった。



    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社