΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    メーンレースで優勝したキタノタイショウ号と高橋部長(馬の左)、瀬口委員長(同右)

     ばんえい十勝は22日、JA士幌町青年部(高橋司部長、114人)が全レースを協賛、ミニSL運行、ふわふわ遊具、乳製品の試飲、トラクター試乗など青年部設立50周年記念事業「俺たちバンバるでいっ!!(頑張るDAY)」を盛大に行い、農業青年たちが終日活躍した。帯広競馬場の入場人員は前年比倍増の2980人、馬券の売り上げも同競馬場を中心に伸びて予算比・対前年比ともに上回る約7900万円となり、青年部パワーが大きな効果を生んだ。

     午後1時10分の開場直後から、家族連れの来場者が続々。ジャガイモ詰め放題コーナーやふわふわ遊具などの前は黒山の人だかりとなった。高橋部長は「士幌のPRと、ばんえいを盛り上げるためにと企画したが、これほど喜ばれるとは」、記念事業実行委員会の瀬口真宏委員長も「大成功」と手応えを語った。

     場内の随所で農業青年の元気な声が響き、競馬関係者も「若い力で、ばんえい競馬が若返る気がする」(服部義幸調教師)と発奮。全レースを青年部が協賛したのに応えて、第1レースから浅田達矢(33)、西謙一(25)、貝羽智生(21)の若手騎手が次々に勝利した。メーンレース「JA士幌町青年部50周年記念」は若駒キタノタイショウ号(牡4歳)が優勝、同号に騎乗の大河原和雄騎手は士幌特産のミニトマトジュース「しほろキュート」を高橋部長から受け取り「本当にありがとう」と感謝した。(横田光俊)


    山田きゅう舎前でゴールデンバージ号(右は齋藤さん、左は山田調教師と齋藤さんの長男で同調教師の孫)

     ばんえい十勝で一度引退しながら競走馬に復帰、「リストラされても負けなかった中高年の星」として注目されるゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作調教師)がテレビで全国に紹介され、大人気となっている。テレビカメラが居並ぶ中で臨んだ21日夜のレースも見事な逆転劇で連勝、これで復帰4戦で3勝目。公式ホームページに特設応援コーナーが同日開設され、記念グッズを各地の企業などが企画、23日に来場するJRA人気騎手の武豊さんとのご対面も予定され、フィーバーが続く。

     同号は2008年に一度引退、草ばん馬大会で活躍していたが廃用直前に山田調教師が馬主に頼んで買い取ってもらい、今年7月19日の復帰戦で劇的勝利。8月15日の復帰第3戦も逆転勝利を飾った。

     人間の年齢に換算(同号の満年齢14歳×4)して56歳とされ、「復帰した中高年の星」の話題がTBS系(道内はHBC)の「みのもんたの朝ズバッ!」で19日に紹介されると、きゅう舎には「千葉県の女性から『夫がリストラされたが、馬の走りをテレビで見て元気を取り戻した』と電話が来た。群馬県の女性からも『感動した』とリンゴのプレゼントが近く届く」(山田調教師)と反響が続々。23日にも日本テレビ系(道内はSTV)「ズームイン!!SUPER」などで放映の予定だ。

     競馬主催者は特設ホームページhttp://www.banei-keiba.or.jp/goldenverge/
    を設けて次の出走日程などを紹介、絵はがき・人形など記念グッズを複数の企業などが企画している。23日のJRAジョッキーデーで来場する武豊騎手の模擬レース(午後6時20分と同7時33分ごろ)にも同号は出走し、ご対面も実現しそうだ。

     山田調教師(65)は「草レースでばんえい重量1・2トンを引いて優勝した馬。出会いがあった」、担当きゅう務員の齋藤誠さん(25)は「普段は穏やかだが、レース前には闘志を燃やす馬」と言い、中年ファイターの熱い戦いが続く。(横田光俊)

     
    帯広競馬場で「本別町デー」
    2010年8月22日(日)


     ばんえい十勝は21日、帯広競馬場で「本別町デー」を行い、郷土芸能「本別駒踊り」が初めてスタンド前で披露され、躍動感ある踊りで観客を魅了した。

     同踊り保存会(登坂昇会長)で小学1年のときから舞ってきた本別高、帯農高、仙美里中の踊り手11人は「ばんえい応援のために気持ちを込めて」(本別高・細田君)と馬の出陣・騎馬戦・凱旋(がいせん)を表現した踊りを「さのさ、さのさ」の掛け声とともに演じた。

     ばんえい関係者もこの若さあふれる応援に発奮。この日は澁谷益久騎手(38)中山直樹騎手(39)の2人がともに通算100勝を達成するなど場内は沸いた。69年間、馬を思って舞い続けられてきた駒踊りは、勢いを呼び込んだ。

     
    「ばんば君」グッズ発売
    2010年8月21日(土)


     石狩市在住の女性イラストレーター「まうのすけ」さん製作のキャラクター「ばんば君」のグッズが20日、JR帯広駅構内のコンビニキヨスク帯広店と、スーベニアキヨスク帯広店で発売開始された。

     商品はあぶらとり紙(399円)6種類と、マグネット(262円)2種類で力強くてかわいい「ばんば君」が躍動する。企画した工房アルティスタ(札幌市)は、さっぽろテレビ塔の「テレビ父さん」などご当地キャラで有名。同工房の竹内三樹夫さんと「まうのすけ」さんが3月に十勝を訪れ、北海道キヨスク帯広支店と「ばんえいを盛り上げたい」と話し合って実現した。

     ばんば君の馬番号「8」にちなんで、売り上げの8%をばんえい振興に寄付する。10月にはノート、クリアファイル、来春にはストラップ、キーホルダーなども発売予定だ。競馬場では北海興農ビジネスの売店で販売する。



     JA士幌町青年部(高橋司部長)は22日、帯広競馬場(西13南9)で「JA士幌DAY(デー)」を行う。同日のばんえい競馬全12レースに協賛するほか、町内産の農作物などを販売し同競馬の盛り上げに一役買う。場内でのイベントはいずれも午後1時半から。

     同部の設立50周年記念事業の第2弾。レース名は「初代青年部長 三浦一太郎杯」に始まり、「牛乳いっぱい飲んでね杯」(第5レース)、「士幌牛芋バカ一代杯」(第8レース)などユニークな冠名がそろう。メーンレース(第11レース)は「JA士幌町青年部50周年記念」。

     イベントは、乳製品の試飲、飲食や士幌産バレイショの詰め放題(なくなり次第終了)、士幌牛のステーキなどを販売する「士幌町物産展」など。ミニSLや「ふわふわランド」もあり、子供たちも楽しめる。

     同部50周年記念事業実行委員会の瀬口真宏委員長は「競馬場で士幌の雰囲気を味わってほしい」と来場を呼び掛けている。(伊藤寛)



    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社