΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年8月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年7月(7)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 22、23日にばんえい十勝イベント [7/21]
  • ニュータカラコマ先行逃げ切り連覇 北斗賞 [7/18]
  • 16日は足寄記念 17日はお笑いイベント [7/15]
  • ニュータカラコマなど有力、ばんえい北斗賞予想 [7/15]
  • 岩本調教師が通算1000勝 [7/11]
  • ばんえい阿部武臣騎手、通算1000勝達成 [7/4]
  • マルミゴウカイV ばんえい柏林賞 [7/3]
  • とかち色いろ「白黒のばんえい競走馬が登場」 [6/30]
  • 啓西小でばん馬の出前授業 [6/28]
  • 24日からばんえいグランプリ・ファン投票 [6/23]
  • ばんばの出走間近で ばんえい「スタート地点ツアー」24日から [6/23]
  • 23日にばんえい競馬テーマで講演会 [6/21]
  • オレノココロ驚異の末脚でV ばんえい旭川記念 [6/19]
  • ばんえい旭川記念予想、オレノココロ有力 [6/17]
  • 一部破損でそりを変更 ばんえい十勝 [6/10]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    独走でゴールに向かうレットダイヤ(大口泰史騎手)

    序盤から先行、独走

     ばんえい十勝は29日、3歳三冠重賞レースの初戦となる第35回ばんえい大賞典(BG3)を行い、2番人気で今季絶好調のレットダイヤ(牡、松井浩文調教師、大口泰史騎手、馬主は北見市・高柳稔さん、生産者は豊頃町・門志美さん)が序盤から先行して真っ先に第2障害をクリア、独走で重賞初制覇を遂げた。タイムは2分6秒1(馬場水分1・1%)。2着は5番人気のツジノコウフクヒメ(牝、久田守調教師、鈴木勝堤騎手)、3着には7番人気のフェイ(牡、服部義幸調教師、長澤幸太騎手)が入った。(横田光俊)

     昨年の新馬検査でトップタイムを出していたレットダイヤが念願の重賞初制覇を遂げた。今季すでに7勝と絶好調、持ち味の先行力を生かしたのは陸別町出身の大口泰史騎手の左腕だった。「(ばんえい重量は)トップより30キロ軽い670キロ。馬場は乾いて重い。この条件でどうやって逃げ切るかの勝負だった」(同騎手)。

     ばんえい騎手で数少ないサウスポーに、馬は敏感に反応した。第2障害までの道中も積極的に前に出る。第2障害も一気にひと腰でクリア。苦しい終盤も大口騎手の気合に応えて2着に7秒4の差を築いて圧勝した。松井浩文調教師は「最高の騎乗だった」と絶賛した。

     新馬の昨季も4勝を挙げたが、1分台のスピードレースで実力を発揮できないことが多かった。「今シーズンは砂が入れ替わって重くなり、この馬のペースに合う」(大口騎手)と馬場も味方する。松井調教師は「性格もうるさいことはない。障害力もある。今年は3歳の重賞全部に出す」と次戦の菊花賞(10月31日)、年末のダービー(12月26日)を狙う。

     大口騎手にとっても重賞制覇は2008年1月のヒロインズカップ(優勝馬トカチプリティー)以来。この日の前のレースでは10歳になったトカチプリティーが勝利しており、馬に負けられない。また重賞で勝てるように「頑張ります」と日焼けした顔に決意を込めた。


    帯広競馬場で発売開始したゴールデンバージ号のハンドタオル

     ばんえい十勝で一度引退しながら競走馬に戻って活躍し現在復帰後4戦3勝、「リストラされても負けなかった中高年の星」として全国的な注目を浴びるゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作調教師)のグッズが28日、帯広競馬場内のリッキーハウス(スタンド1階入り口)で発売開始された。絵はがきセット(5枚入り、450円)とハンドタオル(500円)。早速ファンが買い求めている。

     NPOとかち馬文化を支える会(理事長・柏村文郎帯畜大教授)が企画・販売。グッズの売り上げは、必要経費を除いた分がばんえい振興に使われる。

     絵はがき、ハンドタオルの写真は、同競馬の運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメントの広報担当職員で同号の熱烈なファンが撮影した写真を使っている。レースで勝利したときの写真、朝の調教時の坂越えのシーンなど愛情たっぷりの写真が「かわいい」と評判。同写真はリッキーハウス内の「ばんえいギャラリー」でも展示されている。同号のグッズはさらに、谷あゆみ調教師がデザインした手ぬぐいが9月4日に発売開始予定。同ハウスは開催日の午後1時10分から同8時40分ごろまで営業。問い合わせは同会(0155-67-6890)。


    帯広競馬場でもレースを見ながら携帯電話からツイッターに投稿してつぶやく

    ばんえい「ツイッター」盛況
     ばんえい十勝でインターネットの新コミュニケーション手段「ツイッター」での投稿が連日数十件を超えて増え続け盛況だ。レースのライブ映像を見ながら全国のファンが「この馬が勝ちそう」「やっぱり来た」とつぶやき(ツイート)を書き込み、“中高年の星”として全国的人気が出たゴールデンバージ号(牡13歳)が復活勝利した直後にも「前人未到の記録では」と情報を発信してブームに火をつけた。同競馬の売り上げはインターネット販売が全体の4分の1を超えて増加傾向を続け、ツイッターでの情報交換がそれを後押ししている。

     28日の最終レース(午後8時35分発走)。ダイエイヒーロー号騎乗の澁谷益久騎手が勝利すると、ツイッターでは「さすがはここぞというときのミスターシブヤ!ありがとう!」と馬券を当てたファンからの投稿がすかさず入る。自宅ではパソコンから、帯広競馬場内でも携帯電話からファンが続々とつぶやきを書き込んでいる。

     7月19日にゴールデンバージ号が2年ぶりに復活、勝利した2分後には「これって記録では」とツイッターでファンが指摘。「人間でいえば56歳、リストラに遭っても復活勝利した奇跡の馬」と話題になるきっかけにもなった。開催日以外にも「ばんえい応援のために馬を1頭買おうかと思う」と馬主志願の投稿があると、「感動しました。うれしい」の反応(フォロー)が即座に数件。8月23日にJRA(日本中央競馬会)の武豊騎手らが同競馬場に来た際には一気に盛り上がり、現在でも「大雨の中でも盛り上がった。馬主協会と主催者が一体になった熱意がすごかった」と感想が寄せられている。

     同競馬業務受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)は、8月6日から公式ホームページの競馬ライブ中継(http://banei.oddspark.com/player.html)画面のそばに、ばんえいのツイッターを掲示、中継を見ながらつぶやきも見られるようにした。同社の新名貴之社長は「競馬場ではファン同士が常につぶやき、情報交換している。ネット上でも全国のファン同士のつぶやきで交流が広まり、全員参加型のばんえい十勝がさらに進んだ」と大きな反響に手応えを語る。

    <ツイッター>インターネット上で気軽につぶやきを投稿することで情報を共有する手段。国内利用者はすでに1000万人を超えている。ツイッター公式サイト(http://twitter.com/)。

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は、帯広競馬場内の観光複合施設「とかちむら」で28〜30の3日間、500円以上の買い物・飲食をした客を対象に各日3回、100円の単勝(1着の馬を当てる)馬券をプレゼントする。また初心者向けの競馬場ガイドツアーも行う。同施設とばんえい十勝の連携を強め、馬券を通じてばんえいレースの魅力をPRするのが狙い。とかちむら内の特設ブースで午後1時40分(第1レースの馬券、先着50〜100人)、同2時25分(第2レース同、同25〜50人)、同3時25分(第4レース同、同)から馬券を贈呈、レースを楽しんでもらう。ガイドツアーは同ブースに同2時5分、同45分、同3時55分集合、レースを観戦する。(横田光俊)




    模擬レースでトマランサー号に騎乗、そりの前方で手綱さばきを披露する武豊騎手。右は船山蔵人騎手(23日午後6時23分ごろ、金野和彦撮影)

    JRA人気騎手レース
    ファンら3590人が大声援


     全国から大勢のファン、競馬関係者、報道陣を引き連れて、JRA(日本中央競馬会)3347勝の大人気ジョッキー武豊(41)ら10騎手が23日、ばんえい十勝応援のために帯広競馬場に登場した。場内は前年比約3倍の3590人の観客で埋まり、馬券の売り上げも予算・前年比ともに約5割増の約9100万円と月曜日としては記録的な数字。同騎手は「(ばんえい競馬の苦境は)ひとごとではない。ばん馬の一生懸命さが分かった。来年も来たい」と、ばんえい騎手たちと笑顔で交流した。

     帯広競馬場は開場(午後1時10分)前から正門前に100人以上の観客が雨の中で並んだ。開場と同時に記念入場券は約30分間で500枚が売れた。

     JRA騎手らはトークショーやテレビ出演、協賛レース表彰式などで観客の前に登場して笑顔でサービス。旭川市から夫婦で来場した男性(63)は「ばんえいには前から来たいと思っていたが、武豊騎手が来ると聞いて、いい機会になった」と馬券も当てて喜んでいた。

     午後6時20分と、同7時40分からはJRA騎手が乗る模擬レースを行い、武豊騎手は第1レースでトマランサー号(牡7歳、船山蔵人騎手)に乗って7着、第2レースはホッカクヒメ号(牝7歳、入澤和也騎手)で6着。「ばんえいには技がある。真っすぐに走るのが難しかった。自分はやっぱりJRAで頑張る」と語り、入澤騎手は「前に落ちないでくれとだけ頼んだ。武さんは馬のたたき方がうまい、センスがある」と、約50人の報道陣の前で握手。JRA騎手の同活動をとりまとめている藤田伸二騎手(38)は「来年はもっと盛り上がるように協力したい」と話した。

     これに先立ち、JRA騎手10人は同日午後2時半、市役所を表敬訪問、米沢則寿市長と面会した。武豊騎手は「いつか来たいと思っていた。われわれが少しでも力になれれば」とあいさつ、米沢市長は「大切なばんえいをこれからも育てていきたい。応援してもらえて本当にありがたい」と感謝した。(横田光俊)



    天才ご満悦(右)
    模擬レースを終えて武豊騎手は「楽しかった。馬の偉さがまた分かった」

    埋まるスタンド(左上)
    女性ファンを中心に全国から来場した観客で、コース沿いやスタンドが埋め尽くされた

    スター集結(左下)
    JRA騎手10人(前列8人と中列の2人)、ばんえい騎手が「一緒に頑張ろう」

    場内一体 歓喜の笑顔

     ばんえい十勝を応援するため23日、初来場したJRA(日本中央競馬会)の“天才ジョッキー”武豊をひと目見ようと、帯広競馬場は全国から駆け付けた観客3590人の熱気に包まれた。ファンは武豊スマイルに歓喜、模擬レースなどで、JRA騎手10人とばんえい騎手は笑顔で交流して団結を深めた。(横田光俊、金野和彦)

    1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社