΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    コウシュウハゴー号で大記録を達成した藤本騎手

     ばんえい十勝は3日、藤本匠騎手(48、西邑春夫きゅう舎)が史上2人目の3000勝を達成した。“ミスターばんえい”と呼ばれた金山明彦氏(1999年騎手引退、現在調教師、通算3299勝)が97年10月に達成して以来13年ぶりの大記録。

     藤本騎手はこの日の第1レースにホクセイヒカリ号(牝2歳)で独走勝利、さらに第8レースのコウシュウハゴー号(牡3歳)で途中5番手からの大逆転で優勝、大歓声に包まれた。

     ばんえい十勝で騎手会長でもある藤本騎手が3日、史上2人目の3000勝を達成、帯広競馬場は興奮に包まれた。藤本騎手は新人時代に同じきゅう舎の先輩で後に“ミスターばんえい”と呼ばれた金山明彦さん(1999年引退、現在調教師、通算3299勝)を目指して努力を重ねた。次の目標は「金山さんの史上最多勝記録を塗り替えること」と誓い、金山さんも「おれを超えるのは藤本騎手しかいない」とエールを送る。

     3000勝を決めたこの日の第8レース。「大胆にして繊細」(携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さん)と称される藤本騎手の腕が光った。コウシュウハゴー号(皆川公二調教師)は後半の脚力がある。5番手で第2障害を降り、残り30メートルで前の4頭をごぼう抜き。「この馬の脚なら勝てる」と後ろに着け、一気に差し切った。

     この騎乗スタイルの原点は新人時代にあった。83年、騎手になった時に所属していた本沢政一きゅう舎で11歳先輩だった金山さんはすでにスター騎手として活躍。「聞けば何でも教えてくれた。でもまねはできなかった」と藤本騎手。

     金山さんは「やんちゃな若者だったが、自分を抑えて真剣に馬と向き合った」と21歳の新人を見ていた。デビュー日の同年4月29日のメーンレース(特別レース)を藤本騎手は任され、キタノウルフ号で初勝利、「新人初勝利が特別賞」という歴史に残る快挙だった。

     その後、西邑きゅう舎に移るが「自分のきゅう舎もほかのきゅう舎も、チャンスのある馬にたくさん乗せてもらえた。20代で最高峰の農林水産大臣賞(現在のばんえい記念)にテンシヨウリ号で勝利して夢のようだった。19連覇達成のサカノタイソン号では負けられないプレッシャーの中で勝つ度胸を学んだ。勝たせてもらった馬のおかげ」と同騎手は調教師や馬主に感謝する。

     そして「金山さんは自分の見本。ばんえいで最高の記録、金山さんの3299勝を目標に頑張りたい」と語った。

     
    ばんえいHPが一時閲覧不能に
    2010年7月3日(土)
     ばんえい十勝の公式ホームページが2日午前3時ごろからレンタルサーバーのシステム障害で閲覧不能になり、同日午後7時40分ごろ復旧した。同ページには出走馬の情報などを掲載、ファンに活用されているが3日の開催日前日のトラブルのため帯広競馬場には苦情の電話が多数寄せられた。オッズパーク・ばんえい・マネジメントは「ご迷惑を掛けて申し訳ない。サーバー業者(東京)には再発防止を申し入れる」としている。



     ばんえい十勝は、騎手会長でもある藤本匠騎手(48、西邑春夫きゅう舎)が通算2998勝で、史上2人目の3000勝が目前に迫っている。今週末の開催(3〜5日)にも達成の可能性が高い。“ミスターばんえい”と呼ばれた金山明彦氏(1999年騎手引退、現在調教師、通算3299勝)が97年10月に3000勝を達成して以来13年ぶりの大記録に帯広競馬場の話題を独占。緊張からか勝ち星を挙げるペースが遅くなっているが、同騎手は「早く達成したい。ぜひ応援に来場を」と呼び掛けている。

     藤本騎手は札幌出身。1983年4月に騎手デビュー、その日に初勝利を挙げ、94年に1000勝、2003年には2000勝を史上最速で挙げた。金山氏が3000勝を達成したのはデビュー後28年4カ月だったが、今回、藤本騎手が3000勝に到達すれば同27年2カ月の最速記録になる。

     前週の開催(6月26〜28日)では18回の騎乗で1勝と、今季の勝率(10・5%)からみるとスローペースになっているが、7年前の2000勝達成直前には1日に3勝して王手をかけたドラマもあった。周囲は気遣い「静かにしてくれている」というが「一気に決めたい」と勝負師としての気合十分だ。ばんえい十勝の各日の開催時間は午後1時10分開門、第1レース発走同2時20分、最終レース同8時35分。(横田光俊)



     ばんえい十勝騎手会、同調教師会、ばんえい競馬馬主協会、NPO法人とかち馬文化を支える会、市、オッズパーク・ばんえい・マネジメントが帯広競馬場で5月29日から6月28日まで、帯広競馬場で募金を呼び掛けてきた宮崎県口蹄(こうてい)疫被害義援金は、すでに送金した分も含め合計24万9189円となった。募金は宮崎県共同募金会などに送金する。


    << 前へ 1 2 3 4 5   

    表示件数 21-24  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社