΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝を応援している歌手葛城ユキさんの「ばん馬応援ライブ」が30日午後6時半から帯広競馬場(西13南9)特設ステージで開かれる。おびひろ「ばん馬」応援隊実行委(奈良のり子委員長、委員20人)が主催、「市民一丸になって、馬産地・十勝の経済を支えているばんえい競馬の応援を」(実行委)と昨年に続いて開催する。

     葛城さんはバレーボール選手として高校、実業団で活躍後、歌手に転身、「ボヘミアン」(1983年)などのヒット曲で知られる本格シンガー。昨年7月、北海道ツアーの際に「ばんえい十勝を応援したい」と応援ライブが実現、同競馬場に観客約800人を集めて大成功を収めた。

     今年は、前座に十勝のカントリーバンド「チャックワゴン」、ダンスチーム「テキサス・トルネード」が出演して盛り上げる。チケット(前売り・当日とも2500円、中学生以下無料)は勝毎サロン(藤丸7階)、藤丸チケットぴあ、市民文化ホール、帯広競馬場で販売中。問い合わせは事務局(0155・25・3445、福岡さん)へ。(横田光俊)

     
    ばんえい若手騎手が期日前投票
    2010年7月9日(金)

    市役所で期日前投票を行う貝羽、菊池、渡来、林、長澤の各騎手(右から)

    「参院選投票に行こう!キャンペーン」を実施

     ばんえい十勝で2009、10年にデビューした貝羽智生(21)、菊池一樹(23)、長澤幸太(21)、林義直(23)、渡来心路(21)の若手5騎手が9日午前10時、市役所で参院選の期日前投票を行い、庁舎玄関でPRティッシュ500個を市民に配り、「必ず投票へ」と呼び掛けた。

     初の「ばんえい十勝・投票に行こう!キャンペーン」の一環で行った。競馬関係者は投票当日が開催日に重なり投票に行けないため、期日前投票を利用している。この日は5騎手が勝負服で市役所を訪れた。帯広出身の貝羽騎手は「これで選挙の投票は3回目。問題のない候補・政党を選んだ。有権者は大切な権利を行使するため必ず投票に行って、その後は競馬場にも来てほしい」と訴えていた。10日午後も競馬場入場門でPRする。(横田光俊)

     ばんえい十勝で2009、10年にデビューした貝羽智生(21)、菊池一樹(23)、長澤幸太(21)、林義直(23)、渡来心路(21)の若手5騎手らが、参院選(11日投票)に向けて9、10の両日、「ばんえい十勝・投票に行こう!キャンペーン」を行う。

     同競馬は投票当日が開催日に重なるため、騎手らは期日前投票をするため9日午前10時に市役所に出掛けて投票をPR。10日午後1時10分の競馬場開門時間から入場門で来場者に投票に行くよう呼び掛ける。同競馬は07年から帯広単独開催になり、多くのきゅう舎関係者が帯広市民になり各選挙で投票している。(横田光俊)


    リッキー号との触れ合いを楽しむ児童

     【本別】仙美里小学校(佐々木修一校長、児童38人)でこのほど、とかち馬文化を支える会専務理事の旋丸巴さんを招いた出前授業が行われた。ばん馬のリッキー号も登場、触れ合いを通じて児童が馬文化に理解を深めた。

     仙美里地区で本別駒踊りが継承され、戦時中には旧軍馬補充部十勝支部があるなど馬文化にかかわりが深いことから、同校が、児童に地域特有の文化を伝えようと初めて企画した。国語と総合学習、生活科の授業を活用した。

     旋丸さんによる授業「馬って、どんな動物?」と、体験学習「馬とのふれあい体験」の2本立て。授業で旋丸さんは、ほかの動物との違いや馬の特徴などを紹介した。

     児童はこの後、校庭でリッキー号とミニチュアホースにニンジンを与えたり、リッキー号が引く馬車に乗車するなど触れ合いを楽しんだ。布施君は「リッキー号の体は、とてもふわふわしていた。大きくてびっくりした」と大喜びしていた。(杉原尚勝)


    仲間の騎手、家族らの祝福を受けた藤本匠騎手(左から4人目)

     ばんえい十勝で史上2人目の3000勝を達成した藤本匠騎手(48、西邑春夫きゅう舎)の表彰式が4日午後7時40分、帯広競馬場で行われ、ファンや家族、仲間の騎手らが盛大に祝福。藤本騎手は「騎手をやってきて良かった」と感無量の表情を見せた。

     3日に2勝を挙げ、“ミスターばんえい”金山明彦さん(1999年騎手引退、現在調教師、通算3299勝)が97年10月に達成して以来13年ぶりの3000勝。金山さんの騎手デビューから28年4カ月での達成を塗り替え、同27年2カ月での記録となった。 藤本騎手は88年に自宅を帯広に構え、4人の子供を育ててきた。表彰式には和美夫人、次男、次女が駆け付け、家族から花束を受け取ると同騎手は満面に笑みを浮かべた。和美夫人は「自宅では競馬の話はしない。家庭では子供に優しくて、時に厳しくしかる父親。よく頑張った」、子供たちも「よくやった」と父の晴れ姿を見詰めた。

     調教師会、騎手会、ファン、生産者からも多くの花束が贈られた。藤本騎手は「(記録が達成できて)ほっとしている。馬が好きで、自分で選んだ道。騎手はファンの期待に応えて勝つことが責任。勝つことで自分の喜びにもなる。ここまで来たら、(金山さんの3299勝の史上最多記録を)塗り替えるように頑張りたい」とファンの前で誓った。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社