΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ゴール前約20メートルで逆転後、末脚を生かして勝利したアアモンドヤマト(藤本匠騎手)

     ばんえい十勝は25日、3歳と4歳の世代対抗戦となる重賞「第22回はまなす賞」(BG3)を行い、4番人気のアアモンドヤマト(牡4歳、小林長吉調教師、藤本匠騎手、馬主は下内美繪子さん、生産者は片山三枝子さん)がゴール前約20メートルで、先行した1番人気のコマクイン(牝4歳、金田勇調教師、尾ケ瀬馨騎手)をとらえて差し切り、重賞初制覇。タイムは1分43秒9(馬場水分2・9%)。2着はコマクイン、3着は2番人気のジャングルソング(牡4歳、西弘美調教師、細川弘則騎手)だった。

     第2障害からゴール前までの砂が入れ替わりその影響が注目されたが、前日からの降雨で水分が上がり、軽めの馬場となった。第2障害までの道中は先行逃げ切りを図る(6)コマクインが先頭に立って2回の休みを刻んだ。(6)が真っ先に同障害をひと腰で越え、そのタイミングに合わせて(3)アアモンドヤマトもひと腰で続いた。終盤に(6)のスピードが鈍り始め、1馬身差で追った(3)が脚を生かして鮮やかに逆転、そのまま差し切った。(横田光俊)

    三拍子そろい勝利 藤本騎手、実力を発揮

     「はまなす賞」の前の第10レースもアアモンドヤワラ(牡6歳)が見事な差しで勝利、いずれも馬主は下内美繪子さん(根室市)、小林長調教師、藤本匠騎手のコンビでの連勝劇だった。「アアモンド」シリーズで有名な下内さんに「初の重賞勝利も贈ることができた」と小林長調教師は快挙に歓喜した。

     ばんえい競馬史上2番目の3000勝ジョッキー藤本騎手は雨の中でもアアモンドヤマトの調教を続けた。「まじめで、ずるっ気のない馬の気性を分かってくれて、レース前の調教もうまくいった」(小林長調教師)と万全の体調で本番に臨んだ。

     道中は予想通りにコマクインが先行。「(相手は)休みなしに行くかと思ったが、2回目の休みを刻んでくれた」(藤本騎手)と余裕ができた。ヤマ場の第2障害は、5月22日に「一度乗った経験が生かされた」と馬の障害への食いつきのタイミングを逃さずに勝負に出て、ひと腰でクリアした。1馬身差は十分に逆転できる範囲内だった。「馬の体調、馬場水分、ばんえい重量の3拍子そろっての勝利」(同騎手)と振り返るが、騎手自らの念入りな調教・きゅう舎との連携・勝負度胸の3つがそろっての栄冠であることは間違いない。

     有力馬がそろう4歳世代の意地を見せたアアモンドヤマト。「次の重賞(9月の銀河賞)も挑戦していかないと」と小林長調教師は表情を引き締めた。




    会員が約2000人に達した「ばんえい十勝サポートメンバーズカード」

    特典拡充、管内加盟10店に

     ばんえい十勝の馬主らでつくる「ばんえい十勝サポート推進会議」(佐々木啓文議長)が昨年10月、全国共通ポイントカード「クラブネッツ」のシステムで発行を始めた「ばんえい十勝サポートメンバーズカード」の会員がこれまでに2000人を突破し、管内の支援加盟店は10店になった。同カードはこのほど、楽天とのポイント交換もできるようになり、会員・加盟店の増加に期待が掛かる。

     カードは同会議がクラブネッツの代理店として発行、ばんえい十勝支援加盟店で会員が飲食・買い物をすると、個人負担なしにポイントの5〜10%相当額(1ポイント1円)がばんえい十勝の振興資金として市に寄付される。全国約450万人のクラブネッツ会員が十勝の加盟店を利用した場合も同様で、獲得ポイントはANA(全日空)のマイルなどのほか、12日からは楽天スーパーポイントとの交換も可能になった。

     加盟店は北見地区にも21店があり美容室やファミリーレストランなど業種は多彩。同会議は「店には新規の客を呼び込む効果がある。十勝の経済とばんえい競馬の連携で、地域振興の起爆剤に」と会員と登録店の加入を呼び掛けている。カード(発行料500円、年会費無料)は帯広競馬場総合案内、同会議ホームページ(http://banei-support.com/)などで発行。問い合わせは同会議事務局(0155・67・6890、土・日・月曜は0155・34・0825内線27)へ。

     ◆十勝の支援加盟店=▽たべものや慎之介▽カクテル&ショットバー・a−glass▽カクテル&ワイン・バーラウンジEL・TOVAR▽チャイニーズ&ジャパニーズKAKEMURA▽レンタルルーム&カラオケ・タイムゾーン帯広▽ジンギスカン・生ラム・ホルモン・天神▽ショットバー・ラヴァーズ▽ばんえいグッズ販売・リッキーハウス▽すしの久田▽焼き肉・味覚園音更店(横田光俊)



    高齢と長期ブランクを感じさせず、勝利をつかんだゴールデンバージと山田調教師

    “中高年の星”復活勝利 2年ぶり出走

     ばんえい十勝に“中高年の星”が誕生した。19日に帯広競馬場で行われた第6レースで勝利を飾った満13歳の「ゴールデンバージ」(山田勇作きゅう舎、馬主は旭川市・金山良雄さん、生産者は釧路管内白糠町・飯塚忠夫さん)。人間の年齢に置き換えると56歳。いったんは競走馬登録も抹消されたばん馬が復活勝利をつかむのは極めて珍しい。

    一時は登録抹消

     同馬は1997年5月19日生まれ。99年5月にばんえいデビュー、204戦32勝の成績を残した。高齢を理由に草ばん馬レースに転向するため08年6月20日の第9レースを最後に出走しておらず、09年10月に登録も抹消。道南や道央などの草ばん馬レースで活躍していたため、種馬か廃用馬にならずに済んでいた。

     同馬の草ばん馬で走る姿が印象に残っていた山田さんは「素質がある」とほれ込み、きゅう舎に入れたいと考えていた。5月ごろ廃用馬にされるという話を聞き、馬主に依頼して安値で買い取ってもらった。当初は馬主の意向で草ばん馬に出る予定だったが、口蹄(こうてい)疫問題で草ばん馬の中止が相次いだ。そこで、ばんえいでの再出発を図るため6月末に山田さんのきゅう舎にやってきた。

     再登録・再検査を経て臨んだ19日のレースは、年齢と2年1カ月ものブランクを感じさせないレース運びで、2位に10馬身の差をつけて圧勝。山田さんは「もともとは差し馬なのに、第2障害から一気に逃げ切る強さをみせた。この勢いで今後のレースも期待できる」と太鼓判を押す。

     担当きゅう務員の齊藤誠さんも「満11歳の馬も担当しているが、ゴールデンバージは馬体に張りがあり、若さを感じる。まだ活躍できると思う」と心を込めて世話をする。次は25日の第6レースに出走予定で、山田さんは「勝ちに行きます」と話している。(山崎大和)

     
    グランプリ出走馬ファン投票受付
    2010年7月20日(火)
    抽選で温泉宿泊券も当たる

     ばんえい十勝は、ファン投票で出走馬を決める夏の名物重賞レース「柳月杯第22回ばんえいグランプリ」(8月15日)の投票を受け付けている。31日まで。今年からレースの格付けが最高グレードのBG1に昇格、前半戦の頂点を決める重要レースとなる。投票者の中から抽選で温泉宿泊券などが当たる。

     対象馬は3歳以上で、投票は(1)帯広競馬場1階インフォメーションで用紙に必要事項を記入して投票箱に(2)インターネット特設ページ(https://www.banei.jp/gp/gp2010.html)のフォームに記入して送信(3)はがきに必要事項(候補馬名・最大3頭まで、住所氏名、電話番号、希望賞品)を記入、〒080−0023、帯広市西13南9、帯広競馬場グランプリ投票係まで郵送の各方法がある。同一人物による複数投票は無効。

     賞品は特賞(選べる温泉ペア宿泊券・1組)、A賞(騎手サイン入りポスター・2人)、B賞(柳月菓子詰め合わせ5000円相当・2人)、C賞(「とかちむら」うまいもんセット・5人)、D賞(ばんえい十勝オリジナルグラス・5人)、E賞(柳月菓子詰め合わせ2000円相当・10人)。(横田光俊)


    ゴール前で大接戦、カネサブラック(右、松田道明騎手)がニシキダイジン(左)を制して勝利する

     ばんえい十勝は18日、帯広競馬場で古馬路線で人気の重賞「第18回北斗賞」(BG3、3歳以上オープン別定)を行い、1番人気のカネサブラック(牡8歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、馬主はトーヨーファーム、生産者は坂井牧場)が先行したニシキダイジン(牡9歳、金田勇調教師、鈴木勝堤騎手)をとらえて逆転勝利、同賞の連覇を遂げた。タイムは2分8秒9(馬場水分1・9%)。カネサブラックは現役最多の51勝、重賞は11勝。3着はホクショウダイヤ(牡7歳、松井浩文調教師、大口泰史騎手)で、フクイズミ(牝9歳、同、尾ケ瀬馨騎手)はきん差で4着だった。

     レース前に雨が降り、馬場状態が若干軽くなった。(5)ニシキダイジンが前半、休みを1回刻んだだけで先行、真っ先に第2障害に挑んだ。(5)の2腰目に合わせて(6)カネサブラックが障害に挑戦、前脚のひざを着いたがすぐに立て直して2番手で障害をクリア。前を行く(5)の速度が鈍り、ゴール前約25メートルで(6)がとらえたが、(5)も盛り返して最後まで大接戦。(6)が半馬身差で制した。(横田光俊)

    半馬身差の逆転劇 最強馬に好敵手出現
     ばんえいで目下最強、昨年のNAR(地方競馬全国協会)最優秀馬のカネサブラックに好敵手が現れた。3月のばんえい記念を制し、上り調子のニシキダイジン。この2頭の駆け引きが北斗賞を盛り上げた。

     ベテラン鈴木勝堤騎手の腕でニシキダイジンは前半、一気に先頭に立った。今季重賞初制覇を目指して「ぜひ勝ちたい」(松田道明騎手)と必勝態勢のカネサブラックは、ニシキダイジンの早い障害越えのタイミングに「合わせるしかなかった」と続いた。

     第2障害をクリアして先頭のニシキダイジンとカネサブラックの差は約4馬身。「砂が入れ替わって重たい馬場だが、その中でもレース前の雨で少し軽くなった。そのわずかな脚の差」(松田騎手)がカネサブラックの快走を生み、逆転劇につながった。

     暑い夏場を、カネサブラックの松井調教師は「早朝の練習で体調管理に努めた」と万全のトレーニングで今回の勝利をものにしたが、「今年はニシキダイジンが要注意」と気を引き締める。松田騎手も「相手は強くなってきている」。8月15日の前半戦最高のヤマ場、ばんえいグランプリに向けて、両雄の戦いに目が離せない。


    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社