΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年7月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     JRA(日本中央競馬会)で3343勝の人気ジョッキー武豊(41)ら騎手10人が8月23日、ばんえい十勝応援のため来勝、模擬レースなどに臨むことになった。

     ばんえいとJRAの騎手は、以前からサッカー対抗戦などで交流があった。ばんえい競馬馬主協会の須藤一夫理事と、JRA元騎手の安藤賢一調教助手が2007年に帯広競馬場での「JRAジョッキーデー」を発案、藤田伸二騎手が仲間に呼び掛け同年7月に実現した。今年で4回目になり、参加騎手は自費で来勝、全員がレースに個人協賛して「馬券購入でばんえいを支えて」と訴えてきた。

     武豊騎手は初回から参加を要請してきたが日程が合わず、今回ようやく実現した。オッズパーク・ばんえい・マネジメントの新名貴之社長は「めったにない機会。大勢の来場を」と期待する。(横田光俊)

     このほかの参加予定JRA騎手は次の通り(敬称略)。
     ▽安藤勝己▽上村洋行▽勝浦正樹▽四位洋文▽武幸四郎▽田中勝春▽藤岡佑介▽藤田伸二▽横山典弘

     ばん馬の「リッキー号」が芽室にやって来る−。NPO法人めむの杜(もり)=小寺卓矢理事長=は29日、小・中・高校生を対象に、ばんえい十勝や馬文化の普及で活躍するリッキー号と触れ合い、その感想をミニ壁新聞にまとめる新聞記者体験企画を実施する。

     町内在住のエッセイストで「とかち馬文化を支える会」専務理事の旋丸巴さんが、新聞作りを指導する。多数の参加を呼び掛けている。

     当日は午後1時に町図書館に集合し、同1時半から同館西側駐車場でリッキー号を30分ほど“取材”。その後、図書館で旋丸さんを講師にA5判のミニ壁新聞作りに入る。リッキー号を見て、聞いて、触れて感じたことや考えたことを文章化。出来上がった新聞は同館に展示する。

     対象は小学4〜6年生と中・高校生。無料。タオル、筆記用具(マジック、色鉛筆など)を持参する。

     旋丸さんは大阪出身。酪農学園大を卒業後、出版社に勤務。馬文化に関する著書があり、同館の「文章教室」の講師なども務めている。問い合わせは、めむの杜(080・3293・3538)へ。

     ばんえい十勝は、8月13日に十勝川河川敷特設会場で開かれる第60回勝毎花火大会を帯広競馬場(西13南9)3階プレミアムラウンジで観覧する「勝毎花火大会特別プラン」(定員60人、完全予約制)の予約受け付けを開始した。

     当日は競馬開催はないが、ゆったりと同ラウンジで花火を観覧、煉瓦亭特製弁当付き、飲み放題で楽しめる。馬券購入券1000円分、とかちむらクーポン、同ラウンジ無料招待券も含まれる。料金8000円。問い合わせ・申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825、競馬場内)へ、7月27日、同30日、8月3日、同6日は午前9時15分〜午後6時、7月31日〜8月2日、同7日〜9日の競馬開催日(土・日・月曜)は午後0時半〜同9時15分。同ラウンジでの直接申し込み(開催日の午後1時半〜同9時)も受け付ける。

     
    服部義幸調教師に感謝状
    2010年7月26日(月)


     25日に開催された帯広まちなか歩行者天国(ホコテン)の会場で感謝状の贈呈式が開かれた。感謝状をもらったのは子供たちに大人気のばん馬馬車を引く「リッキー号」を管理する「服部義幸調教師」。

     ばん馬馬車は2007年に初登場。08年にはミルキー号も加わり、馬車を運行している。ホコテンの目玉イベントで、今年は全12回のホコテンのうち、6回で運行する(残り日程は8月8、22日、9月19、26日)。

     子供たちを乗せた馬車が戻ってくると、藤本長章実行委員長が服部調教師に感謝状を手渡した。「ありがとうございます」と少し照れたような笑顔を浮かべた恩師の姿にリッキーも優しいまなざしを送っていた。


    競馬場のイベント会場で活躍、笑顔で働く応援団スタッフ

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)が市の緊急雇用創出推進事業委託を受けて発足させた「馬主協会イベントサポーター十勝応援団」の10人が25日、帯広競馬場でのファミリー向けイベントでデビュー、平均年齢27歳の若い力で場内は活気づいた。

     同事業では帯広、大樹、幕別町忠類など管内を中心に20代〜40代の男性5人・女性5人が来年3月末まで雇用され、競馬場内での各イベントを運営、管内などの催しに出掛けてチラシ配布などのPR活動で活躍する。これまで研修を重ねてばんえい競馬の仕組みなどを理解、この日の仕事始めを迎えた。

     午後1時10分の開門前に正門に並んだファンに、明るい黄緑色のウエア姿のスタッフははつらつとした声で「馬主協会イベントサポーターです。本日の催しをご案内します」とあいさつ。開門後は並んで出迎え、スタンプラリーの受け付けなどで笑顔で親子連れらを迎えた。この日のイベントリーダー佐々木寿充(としみ)さん(34)は「以前、販売員で働いていた接客の技術を生かしたい。競馬場近くに住んでいるが観戦に来たことがなかった。だれでも来やすい競馬場であることを多くの方に知らせたい」と意欲を見せていた。

     同応援団は今後、8月6日に競馬場にオープンする観光交流拠点施設「とかちむら」のPR活動にも取り組む。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全24件中)
    著作権 十勝毎日新聞社