΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    合同結婚式を挙げる(右から)清水直仁さん・由佳さんと長女。由紀さん・寄木貴広さん夫妻と長男長女。左が皆川調教師。馬はマックスセンプー号

     家族挙げてばんえい競馬に取り組む皆川公二きゅう舎で、いずれもきゅう務員の4人が14日に北海道ホテルで合同結婚式を挙げる。寄木貴広さん(31)と皆川調教師(51)の長女・由紀さん(26)、清水直仁さん(29)と同次女の由佳さん(22)。4人は騎手時代に1000勝ジョッキーとして競馬の黄金時代を担った皆川さんにあこがれ、いずれも騎手を目指している。両夫婦と3人の孫に囲まれた皆川さんは「馬とともに生きる3世代で競馬を盛り上げたい」と意気込む。

     皆川さんは1978年に騎手デビュー、2001年に引退するまで23年間で1040勝を挙げた。翌年に調教師として開業、昨年度最多勝(14勝)のフクドリ号(セン4歳)や、美しい馬体で有名なマックスセンプー号(牡8歳)、オレワスゴイ号(牡5歳)やワタシハキレイズキ号(牝4歳)などユニークな馬名の活躍馬も育てる。

     由紀さん・由佳さん姉妹はレースごとに馬のたてがみをきれいに結い上げ、華麗な髪飾りで馬を仕立ててパドックに現れることで知られ、ファンにとってアイドルのきゅう務員。2組とも入籍はしているものの、忙しい仕事に追われ結婚式を挙げられずにいたが、「6月の花嫁」として競馬関係者の盛大な祝福を受けることになった。

     由紀さんは「ファンに喜んでもらえるように頑張っている」と語り、馬が大好きな長女、長男と幸せいっぱい。由佳さんも3月に長女が誕生、かわいい笑顔がきゅう舎関係者を元気づける。皆川さんは「娘2人は競馬場で生まれ育った。頑張るきゅう務員と夫婦になって、孫も競馬場から保育所に通っている。自分たちはいつも馬と生きていく」と発展するファミリーで競馬にまい進する。


    送金に訪れた(右から)鈴木騎手、阿部騎手、谷調教師、旋丸専務

     ばんえい十勝騎手会、同調教師会、ばんえい競馬馬主協会、NPO法人とかち馬文化を支える会、市、オッズパーク・ばんえい・マネジメントは11日、先月末から帯広競馬場で募金活動を続けてきた「宮崎県口蹄疫被害義援金」の1次分19万3517円を同県共同募金会などに送った。

     同日午前10時、帯広電信通郵便局(田中政行局長、東4南5)に谷あゆみ調教師、鈴木恵介騎手、阿部武臣騎手、馬文化を支える会の旋丸巴専務が訪れ窓口に手渡した。鈴木騎手らは「大勢のファンに協力してもらった。苦境にある宮崎県の畜産農家に頑張ってほしい」。募金は5月29日から開始、今回は6日間の募金を送金した。競馬場では6月28日まで1階インフォメーションでさらに募金活動を続ける。(横田光俊)


    「馬が育てられる騎手に」と100勝を達成した若手のホープ船山蔵人騎手

    ダイナミックな騎乗にも注目

     ばんえい競馬で珍しい左利きジョッキーで“努力する好青年”とファンに人気の船山蔵人(くらんど)騎手(26、鈴木邦哉きゅう舎)がデビュー4年目で100勝を達成、減量騎手(ばんえい重量10キロ減)を卒業して一人前の騎手になった。恵まれた体格(身長183センチ)によるダイナミックな騎乗も注目されている。

     船山騎手は釧路管内浜中町出身。父・喜勝さん(現在馬主)が馬を飼い、幼少の時から世話してきた。近所に後輩長澤幸太騎手(22、服部義幸きゅう舎)の実家もある。知人の紹介で19歳できゅう務員に。鈴木調教師が「きゅう舎に入るからには騎手を目指せ」と厳命、同きゅう舎のスター騎手・鈴木勝堤さん(51)にあこがれた。「まじめで、一生懸命に仕事を覚えた」(鈴木調教師)と努力した。

     競馬が存続問題で揺れた2006年暮れに騎手試験に合格、翌07年正月にデビュー。ばんえい騎手(30人)で左利きは大口泰史騎手とともに2人だけ。左側からたたかれることに慣れていない馬はレースで頑張る傾向もあり貴重なサウスポーだ。勝ち星を重ねて5月29日にギャンブラーキング号で100勝を達成。6月5日から減量騎手の扱いがなくなり一人前になった。

     船山騎手は「馬主、きゅう舎、ファンのおかげで思ったより早く100勝を達成できた。走るたびに馬がよくなっていくように、馬が育てられる騎手を目指したい」と決意を語る。鈴木調教師は「もっと駆け引きを覚えて、切れ味のいい勝ち方を」、鈴木騎手は「これからもっと頑張る男だ」と激励。携帯電話サイト「かちモバ」で予想を担当する小寺雄司さんは「船山騎手のひたむきさに多くのファンがひかれている」と期待する。(横田光俊)


    騎手、観客らが笑顔でミルキー号と対決した綱引き

     運動会シーズンにちなんで帯広競馬場で初の「ばん馬と人間の綱引き」が6日午後3時10分、入場走路で行われた。PR馬のミルキー号(牡7歳)が大人25人、子供8人の計33人と2回対戦した結果、人間側の2勝だった。

     各地で小学校の運動会が開かれたこの日、競馬場に家族と訪れた子供たちに参加してもらって催した。人間側には船山蔵人、菊池一樹、長澤幸太の各若手騎手、着ぐるみリッキーも加わってやる気十分。現役時代に8勝のミルキー号は最初の引きで圧倒したが、子供たちへのサービス精神からか途中で力を緩めて勝ちを譲った。

     帯広から参加した蓮ちゃん(4)は「楽しかった」、母・杏子さんは「ミルキー号の最初の引く力がすごかった」と感心していた。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4   

    表示件数 16-19  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社