΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年6月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ばんえいナイター開幕をPRするポスター

     ばんえい十勝は19日から10月11日までの51日間、ナイター開催となる。帯広競馬場の開門は午後1時10分、レース発走は同2時20分〜8時35分。ナイター開幕の3日間(19〜21日)は、有名写真家・太田宏昭さんの写真展・撮影会、一口馬主所有馬のデビュー戦、サッポロ生ビール黒ラベル「ばんえい十勝缶」発売記念イベント、伝統の重賞旭川記念などで盛り上げる。

     ばんえいナイターは十勝の夏の観光スポットとして定着、馬券の売り上げ向上に期待が掛かる。

     ばん馬の命を感じさせる作品で感動を呼ぶ能楽写真の大家・太田さんの写真展「ばんえい競馬・光と砂」は19〜21日に競馬場1階で開かれる。19日午後2時から太田さんとゴール前で撮影会も実施。先着15人で、カメラ持参。

     同競馬初の一口馬主所有馬シルクタロー号(松井浩文きゅう舎)は19日の第4競走(午後4時5分発走)でデビュー。ゴール前から観戦する特別バックヤードツアーを同3時から行う。申し込みは1階案内で同2時半まで。定員30人。サッポロビールの管内限定発売の黒ラベル「ばんえい十勝缶」発売を記念して、20日の重賞「旭川記念」(午後8時5分発走)の表彰式で先着100人のファンに同缶を1本ずつプレゼント。また同日の第6競走「足寄町産駒記念」(同5時5分発走)では、同レースの馬券購入者先着200人に、同4時10分ごろから同町特産品(チーズなど)をプレゼントする。(横田光俊)



    特製弁当などプランを発表した(左から)黒川支配人、吉田総料理長、北海道じゃらんの武内琢哉さん

     十勝川温泉に泊まり、特製弁当付きでばんえい十勝のナイターを満喫する「十勝川モール温泉+ばんえいナイトレース観戦プラン」が7月3日〜9月20日の土・日曜日(祝日の月曜日を含む)に行われる。同温泉と競馬の連携は4年目。今年は女性向けの特典も用意、同温泉の8館で予約受け付けを開始した。

     十勝川温泉観光協会、リクルート北海道じゃらん、市、オッズパーク・ばんえい・マネジメントが15日午後、帯広競馬場で発表した。

     同プランは午後5時にバスで温泉から競馬場に向かい、プレミアムラウンジでの観戦、バックヤードツアー、表彰式での記念撮影、特製弁当を味わい同9時に競馬場発で温泉に戻る。今年は女性向け特典(入浴剤、ばんえいウエットタオル)も設けた。同温泉の第一ホテル、ホテル大平原、笹井ホテル、観月苑、はにうの宿、富士ホテル、民宿旅館田園、国際ホテル笹井の8館で実施。料金は9000〜1万6000円程度。

     弁当は4ホテルが持ち回りで製作、7月3日から「特製2段重箱弁当」を提供する第一ホテルの吉田真二総料理長は「モール温泉豚の蒲焼き、広尾産の魚・油棒(アブラボウ)のゆずみそあん焼きなど十勝にしかない素材で楽しくなる弁当を」と考案した。はにうの宿の黒川澄男支配人は「道東道の無料化も視野に客を呼び込みたい」と語った。昨年の同プランは42日間で道内外から258人の集客があった。問い合わせは各館へ。(横田光俊)


     ばん馬と共に地域振興をはかる会(川田章博会長)の「ばん馬まつり推進会議」が14日、帯広経済センタービルで開かれた。今年で4回目を迎える「ばん馬まつり」を10月16、17日に開催することを決めた。

     「ばん馬まつり」は世界に唯一のばんえい競馬の振興を図るために、経済界が中心となって2007年から開催している。会議には19団体から約30人が出席した。川田会長は「口蹄(こうてい)疫などイベントを開催する上で向かい風が吹いているが現状でできることを考えていこう」とあいさつした。

     昨年は10月31日、11月1日に開催したが、気温の低さが客足に影響したこともあり、2週間程度早めて10月16、17日に開催することを決めた。開催週の変更で「ばんえい菊花賞」(BG2)だったまつり2日目のメーンレースは「クインカップ」(BG3)となる。

     まつりでは物産販売のほか、毎年恒例の「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」も開催される。帯広競馬場が馬場の砂を入れ替えたことでレース時間にこれまでとは差が出ることが予想され、スタート方法などのルールを今後検討するとした。(大谷健人)



     ばんえい十勝は14日、昼間開催前半の24日間が終了した。馬券の累計発売額は15億1448万1200円(予算比10・06%減、前年比8・45%減)で、計画より1割減となった。1日当たりの発売見込み額を超えた日は1日のみだった。序盤は低温で客足が伸び悩み、口蹄(こうてい)疫の防疫上の観点で外出自粛ムードが広がったことも影響した。19日からはナイトレースが始まり、10月11日までの51日間開催される。

    場外、ネット大苦戦
     1日の平均発売額は6310万3383円(予算額7016万958円)。4000万円台の低調な開催日も2日間あった。帯広競馬場の入場者数は前年比2・32%(858人)減の3万6055人、旭川など道内6カ所の直営場外は12・84%(4495人)減の3万519人で、いずれも前年割れした。

     累計発売額の内訳では、帯広競馬場が4億4077万5600円(予算比2・20%減、前年比5・69%減)と善戦したが、直営場外は5億3400万8700円(同12・56%減、同15・47%減)と苦戦した。岩見沢と名寄は計画額を上回っているが、旭川、釧路、苫小牧は予算額より約2割も落ち込んでいる。

     ネット・電話投票も3億2252万6500円(同11・99%減、同5・50%減)と苦戦。高額配当が期待された「5重勝」も493万7300円で計画額の1割強という低水準にとどまった。道営競馬の直営場外「Aiba」などの広域場外は2億1717万400円(同15・17%減、同1・52%増)だった。

     市はナイター開催に向けて「100万ドルの夜競(やけい)」と題したPR活動を展開。帯広競馬場内に建設中の複合施設が7月下旬に完成予定で、競馬関係者は相乗効果に期待を寄せている。網走場外も新設されるため、市ばんえい振興室は「1日1億円の発売で100万ドルのレースになれば。夏本番になるので、観光客を含めて多くの人に足を運んでもらいたい」と話している。(中津川甫)


    PRする田中支社長(右)と新名社長

     サッポロビール北海道本部は、今年もサッポロ生ビール黒ラベル「ばんえい十勝缶」を管内限定で16日に発売する。2007年以来4作目となる同缶は、昨年度の最優秀馬カネサブラック号(牡8歳、松井浩文調教師、松田道明騎手)のレースシーンを大きくあしらい、19日に始まるナイター開催を後押しする。

     同社の田中道雄道東支社長は「北海道遺産のばんえい十勝を応援、北海道を元気にしたい。十勝地区のサッポロビールの売り上げは、ばんえい十勝缶の効果もあって今年から前年比プラスになった」と手応えを語り、同競馬の運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメントの新名貴之社長は「ナイター開催でも売れること間違いなし」と期待する。

     サッポロビールは競馬の応援に力を入れ、JRAでは有馬記念(12月)の記念缶、ホッカイドウ競馬では今年9月に名馬コスモバルク号(5月引退)の缶を発売予定。田中支社長は「ばんえい十勝缶も負けない仕上がり」とカネサブラック号の黄金に輝く髪飾りなどの豪華なデザインに胸を張る。20日の第10競走では協賛レース「ばんえい十勝缶発売記念」も行う。

     同缶の発売数量は3000箱(1箱350ミリリットル24本入り)。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全19件中)
    著作権 十勝毎日新聞社