\
BANEI THEATER
HOME > 競馬場ストーリー 670
CATEGORY眼
BACKNUMBER 潟
2017綛10(8)
2017綛9(15)
2017綛8(12)
2017綛7(9)
2017綛6(9)
2017綛5(11)
2017綛4(20)
2017綛3(19)
2017綛2(15)
2017綛1(13)
2016綛12(13)
2016綛11(13)
2016綛10(11)
2016綛9(7)
2016綛8(11)
2016綛7(11)
2016綛6(4)
2016綛5(4)
2016綛4(19)
2016綛3(16)
2016綛2(8)
2016綛1(9)
2015綛12(8)
2015綛11(10)
2015綛10(10)
2015綛9(9)
2015綛8(11)
2015綛7(12)
2015綛6(8)
2015綛5(4)
2015綛4(19)
2015綛3(19)
2015綛2(14)
2015綛1(11)
2014綛12(13)
2014綛11(8)
2014綛10(20)
2014綛9(14)
2014綛8(20)
2014綛7(14)
2014綛6(9)
2014綛5(8)
2014綛4(23)
2014綛3(25)
2014綛2(9)
2014綛1(22)
2013綛12(17)
2013綛11(23)
2013綛10(19)
2013綛9(16)
2013綛8(9)
2013綛7(15)
2013綛6(18)
2013綛5(8)
2013綛4(15)
2013綛3(20)
2013綛2(10)
2013綛1(11)
2012綛12(15)
2012綛11(18)
2012綛10(13)
2012綛9(11)
2012綛8(11)
2012綛7(8)
2012綛6(8)
2012綛5(9)
2012綛4(22)
2012綛3(21)
2012綛2(14)
2012綛1(9)
2011綛12(16)
2011綛11(7)
2011綛10(16)
2011綛9(21)
2011綛8(13)
2011綛7(7)
2011綛6(15)
2011綛5(9)
2011綛4(29)
2011綛3(23)
2011綛2(17)
2011綛1(34)
2010綛12(33)
2010綛11(18)
2010綛10(31)
2010綛9(30)
2010綛8(24)
2010綛7(24)
2010綛6(19)
2010綛5(11)
2010綛4(27)
2010綛3(37)
2010綛2(29)
2010綛1(38)
2009綛12(31)
2009綛11(19)
2009綛10(26)
2009綛9(21)
2009綛8(15)
2009綛7(17)
2009綛6(23)
2009綛5(16)
2009綛4(25)
2009綛3(20)
2009綛2(16)
2009綛1(17)
2008綛12(21)
2008綛11(8)
2008綛10(19)
2008綛9(3)
2008綛8(2)
2008綛7(2)
2008綛6(5)
2008綛5(1)
2008綛4(5)
2008綛3(2)
2008綛2(12)
2008綛1(14)
2007綛12(12)
2007綛11(5)
2007綛10(3)
2007綛9(10)
2007綛8(2)
2007綛7(6)
2007綛6(22)
2007綛5(39)
2007綛4(54)
2007綛3(33)
2007綛2(19)
ENTRY 潟
LINK 潟

SEARCH 罎膣


違翫
WEB篏

Powered by Google


 
  競馬場ストーリー
柏林賞 ジャングルソング制す
2010年6月28日(月)

驚異の末脚で差し切るジャングルソング(左)、3着のアアモンドヤマト(右)

 ばんえい十勝は27日、4歳3冠重賞レースの初戦となる第4回柏林賞(BG3)を行い、4番人気のジャングルソング(牡、西弘美調教師、細川弘則騎手、馬主は米澤保祐樹さん、生産者は岩本国造さん)が第2障害を6番手で降りた後に驚異の末脚を発揮して大逆転、重賞初挑戦での勝利、今春開業の西調教師は重賞初栄冠を獲得した。タイムは2分1秒3(馬場水分0・6%)。2着は終始レースをリードしてゴール直前までトップだったコマクイン(牝、金田勇調教師、尾ケ瀬馨騎手)。3着はアアモンドヤマト(牡、小林長吉調教師、鈴木勝堤騎手)だった。

 猛暑でコースは乾燥し、散水したものの重い馬場。それでもレースは逃げ馬の(4)コマクインなどが引っ張り、高速展開となった。第2障害は(9)ワタシハキレイズキ、(10)アオノレクサスが先に仕掛けたが(4)が真っ先に降りた。(6)ジャングルソングは6番手で降り、そこから一気に速度を上げて先行4頭をごぼう抜き。最後に(4)もゴール前約5メートルで差し切った。(横田光俊)

猛暑の中で大逆転劇
 ナイターとはいえ、暑い。白熱した大逆転劇を演じ終えて、細川弘則騎手は水道の蛇口から豪快に水を頭からかぶって笑顔を見せた。「重い馬場なのに展開は速い。これはもうだめかなと思ったが、第2障害を降りてから馬に勢いがあった。このチャンスは逃さないと勝負した」。

 ジャングルソングの生産者は今春調教師を通算400勝で引退した岩本正好さんの父・国造さん(旭川市)。細川騎手がばんえいの世界に入った時から世話になった岩本さん親子への恩返しを果たし、さらに今春トレーナーデビューの西弘美調教師に「こんなに早く重賞初勝利をプレゼントできて感無量」と喜んだ。

 岩本正・元調教師の後を継いで気性の荒いジャングルソングを飼養する西調教師は「とにかく体重を落とさないように」と猛暑の中での管理に細心の注意を払った。馬体重は前走(6月14日)に比べて9キロ増の1025キロに持っていき、この日の勢いにつなげた。「(4月25日に)調教師初勝利ももたらしてくれた馬。ローテーションを考えながら大事に使っていく」と4歳3冠レースの残り2戦(9月19日の銀河賞、来年1月3日の天馬賞)に照準を合わせていく。

篏罔罸ユ域腓