΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年5月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    第3レースの表彰式で双子の女の子たちと一緒に記念撮影に収まった海城代表(左)

     アイドル育成ゲームの双子キャラクターを中心にした同人誌即売会「兄ちゃん!×2 とかちつくちて〜inとかち」(実行委主催、15日)に全国から参加した一行が翌16日、帯広競馬場でばんえい十勝の4レースを個人協賛した。馬券購入を楽しみ、来場していた双子の女の子たちと表彰式に臨むなど場内を大いに盛り上げた。

     300人が参加した前日のとかちプラザでのイベント、十勝川温泉での150人参加の合宿に続いて、この日は同温泉アクアパーク付近で朝のラジオ体操代わりに、キャラクターの「双海(ふたみ)亜美・真美」のダンスを踊った。競馬場にはラッピングバスなどで約60人が参集した。

     亜美・真美の誕生日は5月22日。これを前に「あみまみ☆とかちつくちて記念」など4レースを協賛、豪華なトロフィーなども副賞で勝利騎手に贈り、第3レースでは幕別町から両親と会場に来ていた双子の奈緒美さん・尚子さんも表彰式に加わって海城くうみ実行委代表とともに記念撮影。2人は亜美・真美のかわいいイラスト入り色紙をもらって「うれしい」と喜んだ。

     馬券の方も、日ごろからインターネットで競馬に親しむメンバーもいて、ほぼ順調に的中。「ゴール直前に止まる馬もいて面白い。平地競馬ではありえない展開」と大阪から来た男性(31)は、ばんえい競馬を存分に楽しんでいた。(横田光俊)



    一口馬主第1号、馬名「シルクタロー」(予定)でデビューを目指す新馬と松井浩文調教師

     ばんえい十勝で初導入される「一口馬主」に募集の3倍となる約300口の応募があり、このほど抽選が行われ100口の馬主が決まった。馬名は同馬主希望トップの「シルクタロー号」で登録予定。6月中旬の競馬デビューを目指す。調教師は「人気に応えられるように体をつくる」と張り切っている。

     インターネット馬券販売の楽天競馬と一口馬主クラブのシルクホースクラブ(東京、阿部幸也社長)が共同で企画。2月22日から案内を開始、4月11日に帯広競馬場で行われた第1回能力検査の結果、栗毛の新馬・募集名「シルク8−61」(生産者は幕別町・佐渡孝徳さん、検査時の登録馬名メジロタロー号、松井浩文調教師)が第1号の募集馬(1口当たり購入費2万4000円、同維持会費月1500円、計100口)に選ばれていた。

     4月17日には東京で説明会を開き、その場で応募者が続出するなど人気を呼び、同クラブの阿部社長は「クラブ会員(約1万人)と会員外から、それぞれ約150口の応募が全国からあった。予想外の反響で、ばんえい競馬を支えたいという方が各地にいることが分かった」という。

     抽選で決まった一口馬主の中で希望馬名として最も多かった「シルクタロー」号は今後、馬名変更などの手続きを行う。競走デビューは第5回開催(6月12日から)ごろを目指す。今回の人気を受けて「2頭目も検討したい」と阿部社長。

     記念すべき第1号の一口馬主所有馬を預かる松井調教師は「全国の多くのファンに注目してもらった大事な馬。体をつくって期待に応えられる競馬ができるようにする」と力を込める。(横田光俊)


     目指せ、2000勝! ばんえい十勝は9日午後、通算1500勝を3日に達成した尾ヶ瀬馨騎手の表彰式を開き、史上13人目の快挙を祝った。
     
     1992年に初騎乗した同騎手は、札幌市出身の45歳。2005年の1000勝達成後も“燃える闘魂騎手”として順調に勝ち星を積み重ねてきた。重賞はフクイズミ号での帯広記念連覇(08、09年)を含む24勝。昨年は126勝を挙げた。
     
     表彰式では騎手仲間や厩舎(きゅうしゃ)関係者らが花束などを贈呈。尾ヶ瀬騎手は「これからもファンの期待に応えられるような騎乗がしたい」と決意を新たにしていた。アラフォー世代の熱血漢が今年のばんえい十勝を熱くする−。


    開催6日間発売額 予算の1割強120万円

    ばんえい競馬で今年導入したインターネット購入馬券「5重勝単勝式」の今期売り上げが大苦戦している。4日まで開催6日間の累計発売額は予算額1075万円に対し、1割強の120万円にとどまる。的中者がいない場合に生じるキャリーオーバー(持ち越し)額がたまっていないことに加え、5重勝式の導入で追随した他の地方競馬にファンが流れていることが要因に挙げられている。

    他競馬での導入も影響

     開催6日間で直近の5重勝が的中した日は開催4日目の今月1日。配当金は73万6680円と高額だったが、発売実績は48万6000円と低調で、予算額179万3000円の27.11%にすぎなかった。過去には1000万円以上や数百万円単位の配当実績があるだけに、キャリーオーバー額が少ないと盛り上がりに欠ける傾向がみられるという。

     5重勝式は競馬界初のかけ式として登場、指定5レースの1着をすべて当てる難しさに注目が集まった。的中率は5レースを10頭立てとした場合、超難関の10万分の1とされてきたが、想定以上に的中者が続出。これまで最大2億円のキャリーオーバーに達した実績はない。

     さらに、五重勝式は当初、ばんえい競馬のみだったが、現在は岩手、笠松、兵庫、福山、佐賀、荒尾の6地方競馬でも導入。「ばんえい独自」の宣伝文句は通用しなくなった。

     5重勝式の通年販売で発売額増を期待していた帯広市ばんえい振興室は「キャリーオーバーが増えれば売れるはず」と望みをつないでいる。(中津川甫)

     ばんえい十勝は9日午前10時、帯広競馬場開門時から女性先着100人に「母の日」プレゼントとしてカーネーションを贈る。またこの日のメーンレース「ダスキンオビヒロ賞第3回カーネーションカップ」(午後4時50分発走予定)表彰式終了後、表彰台周辺で女性若干名に優勝騎手がカーネーションを贈呈。このほかのイベントは次の通り。

     ▽ヒマワリの種プレゼント=8日の最終レース(午後5時25分同)終了後と、9日の開門(午前10時)、入場門で両日各250袋

     ▽3重勝予想大会=9日午前11時からスタンド1階中央で受け付け開始、第9〜第11レースの勝ち馬を予想、的中者で5万円分の馬券購入券を分配する。確定前馬券2000円で1口応募できる。


    << 前へ 1 2 3 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全11件中)
    著作権 十勝毎日新聞社