΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    能力検査 174頭試練の走り
    2010年4月11日(日)

    新馬が力走、第1レースでトップの(6)タイムクイーン(鈴木恵介騎手)=11日午前8時2分ごろ

     ばんえい十勝は11日午前8時から帯広競馬場で第1回能力検査を行った。24日に開幕する新年度開催で競走馬デビューを目指す新馬など174頭がエントリー、合格を目指して試練の走りに挑んだ。

     能力検査は、デビュー前のばん馬が実際の競走と同様に騎手がそりに乗ってレースを行い、調教状況やレースタイムなど能力を調べる。合格馬は24日開幕の新年度開催で順次デビューする。

     この日の検査はファンらに一般公開したほか、インターネットでも全国に生中継。開催日のレースと同様に実況アナウンサーの井馬博さんが各レースを名調子で場内・ネットで伝えた。愛馬が検査に臨んだ生産者らは合格基準タイム(馬場水分1%で4分30秒)内にゴールすると歓喜していた=合格馬の名簿・生産者名などは後日掲載。(横田光俊)


    一口馬主希望者による第1回能力検査視察ツアーも(昨年4月の同検査)

     新年度にばんえい十勝で初めて導入される一口馬主への関心が高まり、これまでに十勝管内を含む全国から約160件の問い合わせが来ている。11日に帯広競馬場で行われる第1回能力検査には、購入する新馬を選ぶため東京から馬主希望者のツアーも実施、17日に東京・有楽町で行う説明会には約40人が出席予定。一口馬主クラブ・有限会社シルクホースクラブ(東京・阿部幸也社長)は「まずは1頭を選んで馬主募集をスタートさせたい」と意気込んでいる。

    全国問い合わせ160件 ツアーも関心高
     同制度は地方競馬のインターネット馬券販売を行う楽天競馬=競馬モール(同・木村美樹社長)運営=と同クラブが共同で、全国から出資者を募って行う。1口1万5000〜2万5000円程度の出資(全100口)で今春デビューの新馬を購入、きゅう舎への預託料も1口月額1500円で参加できる。11日の第1回能力検査見学のツアーを馬選びのために実施するなど、全員参加型で進める。

     2月下旬から資料請求の受け付けを開始したところ、同クラブには「十勝をはじめ全国から約160件の応募があった」(阿部社長)と手応え十分。この企画には有名競馬評論家の須田鷹雄氏、競馬アナウンサーで著名な矢野吉彦氏、芽室町在住の作家でNPO法人とかち馬文化を支える会専務の旋丸巴氏が全面協力、視察ツアーや東京での説明会でもばんえい十勝のPRに努める。

     阿部社長は「この手応えなら、まずは新馬1頭を選んで、馬主を募集していける。さらに多くの問い合わせ・応募を期待している」と語る。問い合わせはシルクホースクラブばんえい係(フリーダイヤル0120・17・7939、ファクス024・544・0677)へ。(横田光俊)


     
    11日に第1回 能検を公開 
    2010年4月9日(金)
    全国のファン・関係者が見守る中で新馬が合格を目指す第1回能力検査(昨年4月)

    参加頭数は減少 実況も 
     ばんえい十勝は11日午前8時から、帯広競馬場で第1回能力検査を行い、一般公開するほかインターネットで生中継する。新年度に競走馬デビューを目指す新馬などが参加するが、今回のエントリーは174頭(2歳馬173頭、3歳馬1頭)と昨年度比47頭(21%)減、新生競馬初年度(2007年)に比べて155頭(47%)減と減少傾向が続き、馬主の確保が課題となっている。

     能力検査は、デビュー前のばん馬が実際の競走と同様に騎手がそりに乗ってレースに臨み、調教状況やレースタイムなど能力を検査する。合格した馬は24日開幕の新年度開催で順次デビューする。

     第1回検査は新年度開催を前に最も多くの新馬が参加。全国からファン・生産者・馬主らが集まり、愛馬や注目される血統の馬の合格を見守る。今回は午前6時半に開場、同8時から第1レース、約20分間隔で第18レース(午後2時20分発走予定)まで行う。全レースの模様を井馬博アナウンサーが実況、インターネットサイト(http://banei.oddspark.com/player.html)で生中継する。

     不況下で馬主が減少、現在の賞金額では多くの場合で競走馬を持ち続けることが経済的に厳しいことも反映し、競走馬の購入が減り続けている。この結果、第1回能力検査の参加頭数は新生競馬初年度の329頭(うち出走309頭、合格278頭)から、08年度の278頭(同266頭、同216頭)、昨年度221頭(同204頭、同161頭)と年々減り続け、今回初めて100頭台に。今年度は2回目以降の検査で最終的には計200頭以上になる見通しだが、競走馬の減少傾向は競馬の運営に影響を与える。

     新年度から始まる「一口馬主制度」の普及・拡充、賞金の見直しなど馬主対策が緊急の課題となっている。(横田光俊)


     
    リッキーお出迎え 小学校入学式
    2010年4月8日(木)
    リッキー号と笑顔で触れ合う新入学児童(8日午前9時50分ごろ、帯広大空小学校。山下僚撮影)

    にこにこ初登校 帯広大空小 
     十勝管内の多くの小学校で入学式が行われた8日、各学校ではぴかぴかのランドセルを背負った新1年生が緊張と喜びの中、晴れの日を迎えた。今年度末で閉校する学校では最後の入学生が地域の人々に祝福されて学校生活をスタート、小規模特認校指定校では制度を利用した学区外の児童が仲間入りした。ばん馬が訪れ、交通安全を誓った学校もあり、各学校は新1年生のかわいい笑顔であふれた。

     帯広大空小学校(嘉藤篤校長、児童420人)では、ばんえい十勝のPRで活躍する「市特別嘱託職員」のばん馬リッキー号が駆けつけた。

     市や帯広署、十勝総合振興局、市交通安全推進委員連絡協議会、ばんえい競馬関係者などから約50人が参加。道見英徳副市長が「元気に明るく、安全に暮らせるよう皆さんに協力願いたい」とあいさつした。

     午前9時半ごろには、新入学児童53人が保護者らに手を引かれ、次々と登校。「リッキーだ」と駆け寄って記念撮影などを楽しみ、黄色いランドセルカバーと交通安全啓発グッズの入った手提げ袋を受け取った。久野さんは「リッキーはかわいかった。学校では友達といっぱい遊んで勉強も頑張りたい」と笑顔で話していた。(小寺泰介)




    工事が中断された帯広競馬場内の複合施設建設現場(8日午前11時40分、山下僚撮影)

     帯広競馬場で7日に始まった複合施設(観光交流拠点施設)の建設工事で、地主の十勝農協連(山本勝博会長)は8日までに、市と土地賃貸借契約の正式な事務手続きが完了していない上に事前通告もなく着工したとして、市に工事の中止を求めた。市は農協連の抗議を受けて急きょ工事を中断、8日正午現在、再開の見通しは立ってない。農協連側は、工事現場の原状復帰の要請も含めて対応を協議している。

    市「契約日は4月1日」
     山本会長は同日午前、十勝毎日新聞の取材に対し、「土地の契約前に事前通告なく工事を進めるのは大変な問題。とんでもない話で市の不手際に驚いている」と遺憾の意を示した。工事現場は現在、地盤のアスファルトをはがされた状態で放置され、作業員もいなく閑散としている。

     複合施設の建設工事は7日午前に本格的に開始。競馬場入場券売り場や馬の資料館西側の敷地で、作業員が重機を使い、土地の基礎づくりなどを進めていた。

     農協連側によると、河合正廣副市長ら市側から事業説明と謝罪の申し入れはあったが、山本会長は抗議の意思を含めて門前払いし、対応は事務方同士で協議しているという。

     農協連は建設工事を十勝毎日新聞の報道(7日)で把握し、土地契約書の事務手続きが完了しないまま、事前相談もなく進んだことを問題視した。6日に開かれた農協連の臨時総会でも工事着工は報告されていない。

     土地契約交渉を進める市の米倉進農政部長は「契約日は4月1日になるが、契約書は事務手続きで遅れるのが一般的」と釈明。山本会長は「複合施設は賛成だが土地の契約はまだされていない。顧問弁護士と今後の対応を検討したい」としている。(中津川甫)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全27件中)
    著作権 十勝毎日新聞社