΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    ウンカイの子1、2位

    第1回能力検査で一番時計をたたき出したトモエウンカイ(右が松井浩文調教師、左が担当の川上充きゅう務員)

     ばんえい十勝は11日、帯広競馬場で、競走馬デビューを目指す新馬などが挑む第1回能力検査を行った。174頭のエントリーのうち166頭(2歳馬165頭、3歳馬1頭)が出走、130頭(2歳馬129頭、3歳馬1頭)が合格した。一番時計(トップタイム)は1分43秒5でトモエウンカイ(松田道明騎手、松井浩文調教師、生産者は池田町・坂東孝一さん、馬主は酒井兼益さん)、2位タイムはプリンセスヤヨイ(鈴木恵介騎手、小林長吉調教師、生産者は上士幌町・宮崎勝治さん、馬主は高柳稔さん)で、いずれも父は往年の名馬ウンカイ。24日開幕の新年度開催で、新馬の活躍が大いに期待される。

     合格率は78%、合格馬のうち十勝産駒は57頭だった。合格馬のうち10頭がウンカイの子だった。

     予想専門紙バンエイ金太郎の澤田金治さんは「今回の能力検査はドラマチックだった。走路の砂が入れ替わり、馬場水分も午後には1%を切る重い馬場で、2分を切る馬が出るとは驚き。サカノタイソン(2003年引退、史上最多の19連勝の記録達成)とともに競い合ったウンカイの子供たちが、サカノタイソンの子供たちと競い合うドラマがこれから始まる」と期待する。

     携帯電話サイト「かちモバ」で予想を担当する小寺雄司さんも「今年は面白い年になる。能力検査で成績上位の馬はデビュー直後から力を発揮、検査で下位の馬の中にも瞬発力があって第2障害のキレがあり、4開催目(6月)ごろから変身して活躍する可能性のある馬が何頭もいた。春先のレースは穴馬をじっくりと探す楽しみもある」と有望馬の輩出を予見している。(横田光俊)

    1番時計トモエウンカイ 驚異の“デビュー”
    2番手のタイムで快走したプリンセスヤヨイ(鈴木恵介騎手、小林長吉調教師)もウンカイの子供だ

    最高の血統 頂点を目指す
     名前も血統も文句なし、驚異の牝馬トモエウンカイが登場した。

     「トモエ」はもちろん、昨年までばんえい記念3連覇のトモエパワー(馬主は函館・酒井兼益さん)。池田町・坂東孝一さんの牧場で生まれ、酒井さんの牧場で心血を注いで育てられた。

     「ウンカイ」は松井浩文調教師が騎手時代に主戦ジョッキーを務め、重賞7勝を含む26勝を挙げてサカノタイソンとともに黄金時代を築いた十勝産駒の名馬ウンカイ(生産者は帯広市・三井宏悦さん、2004年引退)の子であることを示す。

     その名に恥じない走りだった。砂が全面入れ替わって重くなったコースで2分を切り、全道から集まったファンがどよめく1分43秒5。「第2障害もひと腰。普段はおとなしいが、荷物を引くとおっかないぐらいに引っ張る。松田道明騎手がうまく慣らしてくれた」と松井調教師は騎手の腕をたたえた。体重も910キロと十分に成長してきている。

     担当きゅう務員の川上充さんは「まじめな性格で『行きたい、行きたい』という気持ちが強い」と言う。母馬は、今年3月の重賞イレネー記念を制したテンマデトドケ(生産者は坂東さん)と同じ北海山波。「最高の血統。大事に育ててイレネー記念を制したい」と松井調教師。自身が騎手時代にダイヤコトブキで同記念を制した1990年以来の新馬の頂点を目指す。そして将来は「トモエパワーの跡継ぎにしていく」(同調教師)と力を込める。

    帯広の街などパレード 23、24日 乗り手の女児4人募集

     24日に新年度が開幕するばんえい十勝応援のため、国の無形民俗文化財「チャグチャグ馬コ」(岩手県滝沢村)保存会メンバーら17人が来帯する。ばん馬4頭などが華麗な装束を着け、鈴の音を響かせて23日午後1時から帯広の中心街をパレード、翌日も帯広競馬場で写真撮影会、パレードを行う。岩手県出身の騎手・調教師らばんえい競馬で活躍、引退したばんえい競走馬も同村でチャグチャグに参加するなど、十勝と岩手の馬文化交流が花開く。乗り手の女児(小学1年生まで)4人を募集している。

     昨年10月、NPOとかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)が滝沢村関係者の協力を得て装束を借り、帯広競馬場でリッキー号などでパレードしたところ大好評だった。

     今回は保存会の引き手、踊り手、村役場職員ら17人が大挙して来帯、村を挙げてばんえい十勝を応援する。ばんえい競馬は岩手県との縁が深く、ベテランの鈴木勝堤騎手、若手の菊池一樹騎手ら同県出身者が大活躍、引退馬が同村内に引き取られるなど交流があった。馬文化を支える会の旋丸巴専務は「滝沢村(人口約5万3000人)は日本一人口が多い村で元気があり、ばんえい応援に力を入れている。馬文化を通じてさらに人と馬の交流を」と期待する。

     パレードは23日午後1時に帯広中央公園を出発、市役所、帯広郵便局前、藤丸前を経て西2条通を南下、JR帯広駅前から東進、大通を北上、広小路も通る。チャグチャグ装束はばん馬4頭が着け、ほかに競走馬1頭も練り歩く予定。24日は帯広競馬場で午前10時から馬具装着の実演、正午から撮影会、午後2時からパレードを行う。

     同支える会は両日のパレードで馬に乗る女児(体重20キロまで、小学1年まで)2人ずつ(計4人)を募集している。問い合わせは同会事務所(0155・67・6890、火・金曜のみ)へ。(横田光俊)

    チャグチャグ馬コ
    「日本3大馬祭り」の一つ。毎年6月、蒼前(そうぜん)神社から盛岡八幡宮まで豪華絢爛(けんらん)な馬具装束の馬と愛らしい稚児が乗って練り歩く

    手軽な経費で「オーナー」気分 「十勝からも大いに参加を」

     ばんえい十勝活性化の“切り札”と期待される「一口馬主」が新年度開催(24日開幕)にスタートする。全国から注目され、10、11日には馬選び視察ツアーが帯広競馬場などで行われた。企画する国内有力クラブのシルクホースクラブ(東京)の阿部幸也社長(47)は「ばんえい競馬を支えるために十勝からも大いに参加を」と訴える。一口馬主の魅力などを聞いた。(横田光俊)


    「一口馬主で競馬を支えましょう」と参加を呼び掛ける阿部幸也社長  

    −ばんえい競馬で一口馬主の実現は悲願でした。同馬主になる魅力は?
     手軽な経費(最初にクラブ入会金1万円、馬の購入費1口2万〜2万5000円。毎月の経費は会費1050円と、きゅう舎への預託料1口1500円の予定)で馬主気分を味わえます。所有馬がレースに出るたびに、ハラハラドキドキ。一喜一憂しながら馬の成長を喜びます。馬を家族のように思い、きゅう舎と親しく付き合いながら、競馬を支えることができます。

    −ばんえいで企画した理由は。
     当クラブは1984年からJRA(日本中央競馬会)の一口馬主を始め、シルクジャスティス(97年の有馬記念優勝馬)など活躍馬を出してきました。「地方競馬でも」とファンの声に応え、馬の流通の面からも地方で進める必要性を考え、昨年からホッカイドウ競馬でも始めました。同年夏に帯広に来てばんえい十勝を見ました。熱心に支える活動を進めている人々がいる。世界で唯一のばん馬の血統を無くしてはならないと思いました。

    −全国のファンから大きな反響ですね。
     2月に企画を発表したところ、これまでに問い合わせは約180件。十勝の皆さんからも来ています。17日に東京・有楽町で開く説明会には約40人が出席予定です。今回の視察ツアーにも各地から15人が参加、馬選びのプロセスを見ていただきました。

     −今後の進め方は?
     きゅう舎から出していただいた候補馬の中から、今回の視察と第1回能力検査の結果を受けて1頭をまず選びます。東京での説明会を経て、馬主の募集を始めます。5月の大型連休後ごろまで募集を続けて、同月中ごろにレースデビューをと考えています。

    −十勝のファンも楽しみにしています。
     地元の十勝の皆さんにもぜひ一口馬主に参加していただきたい。全国のファンと一緒に、ばんえい十勝を存分に楽しみたいと思っています。

     ※一口馬主制度の問い合わせは、同クラブばんえい係(フリーダイヤル0120・17・7939)へ。

     ばんえい競馬の運営受託会社「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM、新名貴之社長)は、2009年度の四半期別売得金額(馬券発売額)をまとめた。

     第1〜3四半期は前年度実績を下回ったが、第4四半期(1〜3月)は前年度比1・1%増の33億9000万円だった。

     四半期別で見ると、第1四半期(4〜6月)は同11・8%減の20億8900万円、第2四半期(7〜9月)は同10・4%減の26億6100万円、第3四半期(10〜12月)は同9・8%減の25億8400万円と厳しい状況が続いた。

     ところが今年に入り、5重勝式馬券の導入など発売額を伸ばした。ただインターネット販売は委託先への販売手数料も発生するため、帯広競馬場や直営場外の発売収入より収益性が低い課題もある。

     同社は「10年度開催は5重勝式馬券発売の通年化効果を期待したい」としている。(中津川甫)


     
    「一口馬主」新馬とご対面 
    2010年4月11日(日)

    帯広競馬場で候補の新馬を視察するツアー参加者(10日午後2時半ごろ)

    視察ツアー 道内外から15人参加

     気軽に馬主気分を味わいながら、ばんえい十勝を支えようと初めて導入される「一口馬主」の馬選び視察ツアーが10、11の両日、帯広競馬場などで行われ、関東、道内、管内からの参加者15人が、今春デビュー予定の有望新馬4頭の候補と対面、第1回能力検査の走りも見物した。

     一口馬主は馬の購入代金、きゅう舎への預託料を100口で分割する全員参加型の「一口ファンド」。インターネット馬券販売の楽天競馬と、国内有力・一口馬主クラブのシルクホースクラブ(阿部幸也社長、会員1万人、東京)が共同企画、これまでに全国から約180人の問い合わせが来ている。

     1泊2日の視察ツアーには東京、千葉、埼玉、神奈川などのほか、室蘭、帯広から15人が参加。10日は競馬場内で有望新馬の候補4頭と対面、調教師らから馬の能力・血統などを聞いた。同日夜には、ばんえい十勝を応援する有名競馬評論家の須田鷹雄さんの司会で、携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の専門家・小寺雄司さんらから、ばんえい競走馬について解説を受けて理解を深めた。

     11日朝からは競馬場で能力検査を見て、候補馬の走りを確認した。東京と千葉から職場の同僚3人で参加した女性たちは「ばんえい競馬応援のために毎年3回、いろいろな人と連れ立って帯広競馬場に来ている。どの馬もとてもかわいい。視察ツアーは内容が濃くて楽しめた。ぜひ馬主になって、ばんえい十勝を支えたい」と意欲を見せていた。

     同クラブは能力検査の結果を受けて1頭を選び馬主の募集を開始する。17日には東京で説明会を開催、5月の大型連休明けごろまで募集を続け、同月中ごろのレースデビューを目指す。問い合わせは同クラブばんえい係(フリーダイヤル0120・17・7939)へ。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全27件中)
    著作権 十勝毎日新聞社