΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     24日に開幕するばんえい十勝のPRのため、岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」(藤倉百松支部長)と競馬関係者によるパレードが23日午後1時前から帯広の中心街で行われる。チャグチャグ馬コ装束のばん馬4頭と競走馬1頭が帯広中央公園を出発、市役所を同1時に表敬訪問、帯広郵便局前、藤丸前を経て西2条通を南下、JR帯広駅前から東進、大通を北上、広小路も通る。時間は約1時間。24日は帯広競馬場で午前10時から馬具装着実演、正午から撮影会、午後2時からパレードの予定。


    開業したきゅう舎前で笑顔の西弘美調教師とオオバコ号

    「活躍馬育て重賞を」

     24日に新年度が開幕するばんえい十勝で元スター騎手の西弘美さん(51)が調教師デビューする。昨年末に騎手を引退するまで30年間で2479勝、最高峰の重賞レースばんえい記念は2008年、09年にトモエパワー号で連覇するなど5勝を挙げ、はにかみ笑顔が人気のジョッキーだった。新生競馬4年目のスタートに向け「子供を育てるようにスターホースを育てたい」と充実の笑顔で張り切る。

     西さんは岩手県大野村(現・洋野町)出身。小学4年から造材作業の馬による丸太引きで父を手伝い、同5年からばん馬大会に出場。18歳の時、弟康幸さん(現調教師)がばんえい競馬のきゅう務員になるため渡道、「それに付き添ってきて自分もきゅう務員になった」。21歳で騎手デビュー、2年目にはばんえい記念に出場するなど才能が開花、89年には名馬イエヤス号で同記念に勝利するなどスター騎手になった。

     長男謙一さん(24)も07年に騎手デビュー、同年のNAR(地方競馬全国協会)新人騎手賞に輝き、ばんえい初の現役親子騎手の活躍は話題を呼んだ。大橋和則調教師(46)も義弟。ばんえいを支える偉大な競馬ファミリーだ。

     きゅう舎にはオオバコ号(牡5歳、通算15勝)、今季デビューの新馬レットフジ号(同2歳)など有力馬が11頭。「馬に聞いて習ったことを次の馬に教える。子供を育てるのと同じ。馬と同時に騎手も育てなければ。(息子には)場数を踏んでほしい」と語る。知人の馬主が見つけたイチイ(オンコ)の銘木に刻まれたきゅう舎名看板の前で「スターホースを育てて肩掛け(重賞優勝馬の記念)を狙いたい。ぜひ競馬場でばんえいの応援を」とファンに呼び掛けた。(横田光俊)



    アンケート結果を受けてコースの砂を入れ替え、力勝負が復活した帯広競馬場(11日の能力検査で)

    砂入れ替え、出走表大文字版通年配布へ

     ばんえい十勝の運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、新名貴之社長)は同競馬初の本格的な来場者アンケート(3月6〜8日・帯広競馬場、回答595人)の結果をまとめた。同競馬の魅力(複数回答)は1位が「レースの迫力」、2位「馬そのもの」となり、3位「ギャンブルとしての楽しさ」を大きく上回り、ファンはレースそのものを楽しんでいる傾向が初めて明らかになった。24日開幕の2010年度開催では、ファンの声に応えてコースの砂を入れ替えてパワーレースを復活、来場者の平均年齢「57.9歳」の結果を踏まえて出走表の大型文字版を通年配布する。

     来場者アンケートは市が2008年4月26日に129人を対象に実施したことがあるが、今回は年齢・馬券購入費・滞在時間・魅力・インターネット経験・施設やレースの満足度など17項目にわたる初の詳細な聞き取り調査。

     来場者の平均年齢は57.9歳。60歳台(33%)、70歳代(24%)、50歳台(17%)の順に多く、60歳以上が6割以上(64%)だった。20〜30歳代も21%で5人に1人は若者も来場。居住地は帯広市内(46%)、その他十勝管内(33%)で管内が約8割を占めた。馬券購入費は1人平均1万5877円。競馬場への来場時間は正午前が74%と多く、平均滞在時間は4.7時間。

     ばんえい競馬の魅力(複数回答)は1位が「レースの迫力」(299人)、2位「馬そのもの」(220人)、3位「ギャンブルとしての楽しさ」(147人)、「騎手」(62人)、「場内イベント」(22人)などの順だった。

     この結果を受けてOPBMは、新年度開催前にコースの砂を入れ替え、迫力のある力勝負のレースを実現。また「ギャンブルを楽しむお客も相当数いる」として来年夏をめどに高配当が期待される3連単(1〜3着の馬を順番通りに当てる)馬券の導入を目指す。

     高齢者の入場が多いことから、競馬場入り口で配布する出走表を従来の倍の文字サイズにした拡大文字版を新年度から通年で配ることにした。(横田光俊)


     市、オッズパーク・ばんえい・マネジメントが19日に発表した「2010年度ばんえい十勝開催計画」の要旨は次の通り。

    〈基本方針〉
     原点に立ち戻り、「馬力(うまぢから)」でばんえい十勝の未来を切り開く1年。

    〈アクション〉
     安定的に継続していくためのスキーム(枠組み)を地元企業、ファン、関係者全員で確立。売り上げ重視の発売戦略の下、収支均衡を図る。複合施設との連携、地元イベントとの連携などで十勝の観光資源としての価値を高める。

    〈開催日程〉
     4月24日〜来年3月38日の26開催150日。薄暮開催は行わず、ナイター開催を6月19日〜10月11日の51日間。

    〈発売計画〉
     総額で108億7659万円(前年度実績比1.3%増)を見込む。新設の網走場外は1億5600万円。

    〈競走の充実〉
     (1)発売が伸びる年末と年始(各5日間)、金曜・祝日開催など売り上げ重視の開催日を編成。
     (2)コースの砂を水はけのよいビリ砂利に入れ替え、パワー競馬の実現と雨天による開催中止リスクを回避。
     (3)夏に最高格付BG1の重賞「ばんえいグランプリ」を実施して前半のクライマックスに。
     (4)世代対抗重賞、来年1月に牝馬限定特別競走4戦・重賞1戦を固めた「プリンセスシリーズ」など開催。
     (5)リーディング調教師・騎手による特別競走など実施。
     (6)格付け体系の変更で、ベストメンバーによるフルゲートのレース編成を可能に。

    〈プロモーション戦略〉
     (1)今季のコンセプトは「馬力(うまぢから)」
     (2)立ち予想、勝ち馬予想ゲーム、馬券購入券の活用など来場者各層の満足度を上げる施策。
     (3)ふわふわランド、ばん馬まつり、ゆるキャラ選手権、秋の収穫祭、婚活イベント、調教撮影ツアーなど地元住民、観光客が来場する施策。

    〈新規場外開設と広域連携・インターネット発売の拡大〉
     (1)7月中をめどに網走場外を設置予定。
     (2)Aiba場外でのイベント強化でホッカイドウ競馬との相互連携。
     (3)南関東など道外地方競馬でのばんえいイベント開催と広域発売の推進。
     (4)5重勝式馬券(前年度1日平均193万円)の年間発売、連動キャンペーン実施。
     (5)休催期間中の南関東競馬の場外発売、北見と名寄場外でのホッカイドウ競馬・南関東競馬を全レース発売。

    〈来場者のニーズに応える施策〉
     ▽「パワー競馬を」=コースの砂入れ替え実施。
     ▽「場内が暗い」=照明の入れ替え実施。
     ▽「分煙徹底を」=旭川、北見など新設場外での喫煙スペース設置。



    完成した「チャグチャグ馬コ」行事PRポスター

    ポスターでPR 23日、市内中心街パレード

     24日に新年度が開幕するばんえい十勝応援のため、岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」(藤倉百松支部長)と同村役場職員ら計22人がバスで来勝、ばん馬4頭などが鈴の音を響かせて23日午後1時前から帯広の中心街をパレードする。翌日も帯広競馬場で写真撮影会、パレードを行う。ポスターが完成し、関係者は「観覧に集まって」と呼び掛けている。

     「日本3大馬祭り」の一つチャグチャグ馬コは国の無形文化財で、鈴の音は環境省の「残したい日本の音風景100選」にも認定されている。毎年6月第2土曜日(今年は12日)に同村・蒼前(そうぜん)神社から盛岡八幡宮まで15キロを豪華絢爛(けんらん)な馬具装束の馬と愛らしい稚児が乗って練り歩く。

     今回は「同じ農用馬を使った地域興しを続ける十勝と一緒に頑張っていきたい」(同村商工観光課)とバスで村民22人が来勝、NPOとかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)、ばんえい十勝関係者とともに行事に臨む。パレードは23日午後1時前に帯広中央公園を出発、市役所前同1時、帯広郵便局前、藤丸前を経て西2条通を南下、JR帯広駅前から東進、大通を北上、広小路も通る。24日は帯広競馬場で午前10時から馬具装着の実演、正午から撮影会、午後2時からパレードの予定。関係者は「きれいに着飾った馬を見に来て」とPRする。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全27件中)
    著作権 十勝毎日新聞社