΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年4月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    来場者を魅了したチャグチャグ馬コのパレード

     ばんえい十勝の新年度初日が行われた24日、帯広競馬場は終日にぎわった。午後2時から岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」と競馬関係者によるパレードが行われ、これを目当てに来場した観客も目立った。

     パレードはPR馬のリッキー号、ミルキー号、現役競走馬のリユタカラ号、レッドファング号にチャグチャグ装束を着け、公募した女児ら4人が乗って行進。谷あゆみ調教師らも引き手の衣装で臨み、同好会の女性が手踊りも披露して拍手を浴びた。

     第9レースは帯畜大ばんえい研究会(庄野春日会長、12人)による新入生歓迎協賛レース、第10レースは、ばんえい十勝市役所サポーターズクラブ(代表・佐藤敏夫会計管理者、120人)による第10回記念レース。同クラブ120人目の会員になった前市長の砂川敏文さんが表彰式に登場、優勝馬トウリュウの西邑春夫調教師、藤野俊一騎手に賞金を手渡した。

     砂川さんは市長時代には主催者として馬券を買えなかったが、この日に生まれて初めて買った馬券が的中。「ばんえいは楽しい。仕事を引退した人も、若い人も大いに競馬を楽しみに来てほしい」と笑顔だった。この日の入場者数は前年比6人増の1771人。売り上げは「CSスカパー!」の中継時間短縮、コースの砂の入れ替えで予想が難しくなったことも影響、予算比約3.1%減の約7136万円だった。(横田光俊)


    ファンの声援を受けて今季レースがスタートした(24日午後0時20分ごろ、塩原真撮影)

     ばんえい十勝は24日、新生競馬4年目が帯広競馬場で開幕した。正門では朝から騎手ら競馬関係者、岩手県滝沢村からばんえい応援で駆け付けた「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」の一行もチャグチャグ装束のばん馬とともに来場者をにぎやかに出迎えた。第1レース(午前11時20分)から迫力あるレースに歓声が響いた。

     開幕シリーズ(5月3日まで)では重賞レース第4回オッズパーク杯(4月25日)に昨年度収得賞金上位の名馬がそろい、子供に大人気のイベント「ふわふわランド」(十勝毎日新聞社主催)が5月1〜3日に開かれるなど、主催者はスタートダッシュを狙う。今年1月からの好調な売れ行きを維持できるかどうか注目される。

     米沢則寿新市長は24日、第1レース前の午前11時18分からファンに向けて主催者あいさつを行い、「長期的に存続できるように、さらに取り組みを推し進めていく」と述べた。(横田光俊)







    ばんえい十勝は1月に国内競馬で初めてランダム5重勝単勝式勝ち馬投票券(オッズパークLOTO)を導入した。第8レースから第11レースまで5レースの優勝馬をコンピューターがランダムに買い目を選び、的中がなかった場合には次回に繰り越し(キャリーオーバー)される。最高で1口(100円)当たり2億円の配当となる。

     同馬券はインターネット投票サイトのオッズパーク(http://www.oddspark.com/)で同サイト会員を対象に発売している。開催前日の午後6時から、当日は午前8時から、発売対象の最初のレース締め切り時間まで購入できる。


    インターネットで情報入手、馬券購入もできる。
    <主な情報サイト>
     ■「ばんえい十勝公式サイト」(http://www.banei-keiba.or.jp/)=開催情報、データなど満載
     
     ■「とかち馬文化を支える会」(http://umabunka.com/)=十勝の馬文化を支援するNPO法人による熱烈応援サイト
     
     ■「私設ばんえい競馬資料館」(http://homepage1.nifty.com/riki-midori/)=競馬の記録、血統を調べ上げている個人サイト

    <馬券購入サイト>
     ■「オッズパーク」(http://www.oddspark.com/keiba/)=ばんえい馬券販売の柱に成長、レースのライブ映像・過去のレースの動画映像も配信

     ■「楽天競馬」(http://keiba.rakuten.co.jp/)=地方競馬を熱心に応援、一口馬主制度も共同企画で開始


     ばんえい十勝は24日、新生競馬4年目が開幕する。馬券発売額が2008年度から2年連続低下してきた同競馬は、今年に入ってから前年を上回り始め、回復傾向だ。体重1トンの巨体の馬が最高重量1トンのそりを引く世界で唯一の競馬としての価値、北海道・東北地方の100年を超える馬文化からもたらされる癒やしと懐かしさ、インターネットでの新たな購買力などが勢いを与え、十勝の貴重な観光資源として全国のファンを再び集め始めた。


    新生4年目、観光資源に全国注目

     十勝への経済波及効果は約65億8000万円、雇用は約600人、帯広競馬場には通年で約20万人が来場する。約107億円(昨年度)の発売額のうち、全国からインターネットで買い支える約27億円など約8割は管外のファンによる売り上げ。ばんえい十勝は全国区の人気がある。

     地元十勝からも若い女性グループ、カップル、家族連れが訪れる名所として競馬場は知られてきた。「娯楽の殿堂」に変身しつつある。

     4年目の今年は、まずレースが面白い。走路(直線200メートル)の砂が全面入れ替えられ、ばんえい本来の力勝負が戻る。昨年度重賞5勝のカネサブラック号、同3勝の最強牝馬フクイズミ号、最高峰のばんえい記念を制したニシキダイジン号などのスターホースのほか、今春デビューの新馬も逸材がそろう。それを乗りこなす騎手も昨年度に史上初の200勝を達成した「ばんえい若大将」鈴木恵介騎手(33)ら鍛え抜かれた腕が光る。

     帯広競馬場(西13南9)は市街地のど真ん中。大型連休中も名物イベント「ふわふわランド」(5月1〜3日、十勝毎日新聞社主催)が開かれ、大勢の子供たちでにぎわう。馬と人が織りなす世界でただ一つの感動ドラマを、ぜひ競馬場で体感しよう。(横田光俊)


    豪華な「チャグチャグ馬コ」装束のばん馬と練り歩く滝沢村、ばんえい競馬関係者(23日午後0時55分ごろ、金野和彦撮影)

    岩手県滝沢村 「一緒に頑張りたい」

     24日開幕のばんえい十勝応援のため、岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」(藤倉百松支部長)と同村役場職員の一行22人が参加して、ばん馬4頭などが鈴の音を響かせて23日午後1時前から帯広の中心街を初めてパレードした。

     「日本3大馬祭り」の一つチャグチャグ馬コは国の無形文化財。

     滝沢村の関係者は「同じ農用馬を使った地域おこしを続ける十勝と一緒に頑張っていきたい」と応援に駆け付け、帯広中央公園でばんえいPR馬のリッキー号など4頭に馬具装束を着け、午後1時前からパレード開始。市役所を表敬訪問後、藤丸前、広小路などを練り歩いた。

     24日は帯広競馬場で午前10時から馬具装着の実演、正午から撮影会、午後2時からパレードも行う。



    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全27件中)
    著作権 十勝毎日新聞社