΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    軽トラ夕市中止へ 帯広競馬場 
    2010年3月4日(木)
    大朝市も 産直市場常設で

     帯広市は来年度、帯広競馬場の複合施設化に伴い、同競馬場で開催してきた農産物販売の「軽トラ夕市」を中止、年に1度の「おびひろ大朝市」もやめる。7月に開業予定の複合施設に「産直市場」が常設されるため、駐車場の狭あい化や商売の競合を回避するのが目的。市は夕市の代替地を探す方向で出店農家と近く協議に入る。

     競馬場の夕市は今年度、地産地消の促進や競馬場活性化の一環で始めた。駐車場の一角を利用して6〜10月の毎週火曜日(計17回)に開催、約4000人が来場した。夕市は川西地区のとかち大平原交流センターでも開催しており、競馬場では市街地の消費ニーズの掘り起こしにつながっていた。

     競馬場では来年度、特別目的会社「とかちむら」が十勝の農水畜産物を販売する「産直市場」「デイリーマート」を計画。駐車場が手狭になるため、夕市を取りやめることにした。

     大朝市はスタンド南側の広場で毎年実施してきたが常設の産直市場があり、イベント効果が薄れる点などを総合的に判断して中止を決めた。

     市農政部は「夕市は市街地で今後もやりたいという農家が多い。継続の是非や代替地について出店農家と協議したい」としている。(中津川甫)



    第2障害を2番手で降りて難なく逆転、ゴールを目指すカネサブラック(松田道明騎手)

    松井きゅう舎 古馬重賞完全制覇に王手

     今季ばんえい十勝の重賞優勝馬による頂上決戦「第31回チャンピオンカップ(BG2)」が2月28日に帯広競馬場で行われ、1番人気の2009年NAR(地方競馬全国協会)最優秀馬カネサブラック=牡8歳、松井浩文調教師、松田道明騎手、馬主はトーヨーファーム(渡島管内八雲町・工東哲夫東陽建設会長)、生産者は旭川・坂井牧場=が“後の先”を取る作戦で2番手で第2障害を降りてから見事に逆転、驚異の今季5勝目を挙げた。松井きゅう舎はこれで、牝馬限定を除く今季ばんえい十勝の古馬重賞路線の完全制覇に王手を掛けた。馬場水分2.8%、勝ち時計は2分14秒9。激烈な2位争いはライデンロック(牡5歳、岡田定一調教師、安部憲二騎手)が0.3秒差でオレワスゴイ(同、皆川公二調教師、大口泰史騎手)を制した。

     (2)カネサブラックは前半、(8)ライデンロックを意識しながら道中(第2障害まで)も先に仕掛け、プレッシャーを掛けた。5回の休みを刻んで障害下に到着。先行逃げ切りを図る(1)エンジュオウカン(牝9歳、久田守調教師、鈴木恵介騎手)が真っ先に障害に挑むが途中停止。(8)に続いて(2)が障害をクリアするが、(8)はゴール前約30メートルで止まり逆転に成功。(2)もゴール前で詰まるが立て直して勝利。

     2番手争いは(3)フクイズミ(牝9歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)が得意の末脚でトップに迫ったがゴール前10メートルでひざをつきストップ。(8)が2度目の息を入れる間に(6)オレワスゴイが浮上したがこれもゴール前で詰まり、きん差で(8)が差し切り2着入りを果たした。フクイズミは4着だった。(横田光俊)


    驚異の今季重賞5勝目を挙げたカネサブラック(馬の右が松井浩文調教師)

    調教、騎乗に勝利の方程式 松井師、松田騎手の強力コンビ

     カネサブラックは神経質で繊細な馬だ。「調教はだれにも触らせない」と松井浩文調教師が自ら行う。「普段はおとなしいが、レースになると自分の力以上のことをする。(これを理解している)松田騎手の腕が必要」(同調教師)と松井調教師・松田騎手の強力コンビが成り立つ。

     調教の繊細さは今季の体重の増減が1033〜1054キロと21キロの間に収まっていることで分かる。「きつくするときにはやるが、疲れが出てきたら緩める。無理をするとそれをやってしまう馬だから」(同師)。松田騎手は「松井師が完ぺきに仕上げてくれる。『こうしたい』と思ったら、その通りにできる馬だ」と勝利の方程式を描ける。

     今回の相手の一番手は(8)ライデンロック。「先に仕掛けて先に行かせた」。第2障害を先に行かせ、止まったところで逆転する作戦。(8)に続いて障害を降り、意図した通りに(8)が詰まった。一気にゴールを目指した。先にやらせて、その後に取る。「後の先」を見事に取った。

     勝利騎手インタビューで松田騎手は珍しく「最後に言わせてください。(馬主の)工東会長、ありがとうございました!」。カネサブラックはこのコンビで今季13戦9勝、うち重賞は岩見沢記念、北見記念の連勝も含めて5勝。「波に乗って(最高峰レース・3月28日の)ばんえい記念も勝ちたい」(同騎手)という意欲の表れだ。


    「次は、ばんえい記念の勝利を」と宣言する松田道明騎手

     松井きゅう舎にとっても、牝馬限定を除く古馬重賞(今季全9戦)をカネサブラック5勝、フクイズミ3勝ですでに8勝。完全制覇に王手を掛けた。ばんえい記念での偉業達成に向けて「1トンのそりとなればまずトモエパワー(牡10歳)、カネサブラックも照準を合わせる。フクイズミも十分に行ける」と最強トリオで1カ月後の大一番を取りにいく。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8   

    表示件数 36-37  (全37件中)
    著作権 十勝毎日新聞社