΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    馬名刻み作品に 全国3カ所移動展

     能楽写真の有名写真家で、ばんえい競馬の取材を3年間続けてきた太田宏昭さん(東京在住)が11日からキヤノンギャラリー銀座(東京)を皮切りに、札幌、梅田(大阪)の同ギャラリーで写真展「ばんえい競馬・光と砂」を開く。従来のばんえい写真の「迫力」「力強さ」のイメージから離れ、日本の美を追求してきた太田さんの作品は「ばん馬の命の一瞬の輝きを永遠に残したい」という思いから、短い命を燃焼させる馬の美しさ、深い表情が際立つ。一頭一頭の名前を記した作品は、3カ所の写真展終了後、帯広に運ばれてきゅう舎関係者に寄贈される予定だ。


    帯広競馬場で撮影する太田宏昭さん

     太田さんは大阪芸大卒。能楽写真家協会会員で、2001年にリトアニアで能楽写真展「道成寺」を開くなど日本伝統の美を描く写真家として雑誌などで活躍。帯広競馬場には、4市共同開催時代の07年1月から通い続け、新生競馬も含めて計8回、各3日間ずつの撮影に訪れた。

     太田さんの撮影は、写した馬の名前をその場できゅう務員に聞き、カメラの写真データに声で録音しながら行う。「出会った馬、一頭一頭の名前にこだわった」と、ばん馬のまなざしを見詰めた。

     出来上がった作品42点は能の舞台を思わせる。白いたてがみに深い表情のユメノキング号(本別町産駒、08年競走馬登録抹消)、パドックで高く跳ね上がるボンバイエ号(芽室町同、09年同)、牝馬のかわいらしさが輝くトカチマドンナ号(本別町同、08年同)など、今は競馬場から消えた馬の姿も数多くとらえた。

    終了後に寄贈も

     写真展は▼キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座3ノ9、3月11〜17日)▼同札幌(札幌市中央区北3西4、4月1〜13日)▼同梅田(大阪市北区梅田3ノ3、5月13〜19日)で開催。終了後は「ばんえいきゅう舎の皆さんに見てもらう機会を設け、その場で持ち帰ってもらうようにしたい」(太田さん)と地元関係者と準備を進めている。(横田光俊)



    出店希望者に説明する国分社長(左)らSPCの関係者

    事業会社「市側は5年確約」

     帯広競馬場の複合施設化(観光交流拠点施設)で、事業予定者のSPC(特別目的会社)「とかちむら」(国分裕正社長)による出店希望者への説明会が7日午後2時、帯広市のとかちプラザで開かれた。契約期間中(5年)にばんえい競馬が廃止となった場合の対応について説明を求める声が相次ぎ、SPC側は「市側から5年は営業できるとの確約を得ている。市との約束を信用してやっていく」と答えた。

     市はSPCとの間で5年契約を結ぶ予定だが、競馬場を所有する十勝農協連は2月の理事会で、市との競馬場敷地の賃貸契約は競馬が存続していることが条件とする認識を確認している。

     説明会には農業者や飲食店経営者ら約130人が出席。事業者側は「十勝産」を主体とした産直、飲食、物販など3ゾーンに分けた施設概要、出店ブース数、費用負担などを説明、国分社長は「十勝の良さを凝縮した集大成を作り、市民、観光客に喜ばれる施設にしたい」と述べた。

     質疑応答では競馬存廃との兼ね合いのほか、「十勝産」の定義を明確にするべきとの指摘も出された。ある出席者は「競馬存廃との兼ね合いが不明確では不安を助長するだけ。計画を遅らせてでも内容を十分に練るべき」と話していた。

     SPCは同日から出店の応募受付を開始。17日に締め切り、選考を経て4月上旬に出店者を決定、7月の開業を目指している。(高田敦史)



    ナイター競馬を撮影した写真と松井さん

    新生ばん馬写した166枚

    新生ばんえい競馬の撮影を続ける写真愛好家、松井和實さん(79)=帯広市在住=の個展が、町下音更北9線の柳月スイートピアガーデンで開かれている。イルミネーションが輝くナイター競馬の写真を中心に、3年間撮りためた大小166枚を展示している。今月末まで。

     NPO法人とかち馬文化を支える会とリッキーハウスの主催。松井さんは同競馬が存廃問題で揺れた2006年ごろから帯広競馬場で撮影を始め、同法人の顧問も務める。

     もともとは独立行政法人家畜改良センター十勝牧場(町駒場)をフィールドに農用馬(ばん馬)を中心に撮影していたが、「存続運動に携わり、人情味あふれる調教師やばんえい関係者と接するうちに、のめり込んだ」という。

     特にナイター開催期は毎日のように通い、観客席2階の“指定席”から愛用のデジタルカメラとズームレンズを使い、照明を浴びて幻想的に浮かび上がるレースの模様を好んで撮影。カメラの感度、画素数、シャッター速度などを微妙に調整し、難しい夜間撮影を成功させている。会場にはこうした作品ほか、馬の吐息まではっきりと分かる真冬のレースの写真もある。

     松井さんは「写真を通じて、ばんえいの美しさなど魅力を伝えたい」と話している。4月からは帯広競馬場でも展示する。(酒井花)

     
    存廃の瀬戸際、賛否を検証
    2010年3月6日(土)
    22日とかちプラザで初フォーラム

     新生ばんえい競馬が3年目終盤を迎え、運営受託会社の累積赤字で再び「存廃の瀬戸際」にあることを受けて、ばんえい十勝が地域にとって本当に必要なのかどうか、賛否両論を検証する初のフォーラムが22日午後6時半から、とかちプラザ(市内西4南13)で開かれる。参加無料。

     NPO法人とかち馬文化を支える会(理事長・柏村文郎帯畜大教授)主催。2007年に帯広市単独主催で再スタートを切った同競馬は、運営受託のオッズパーク・ばんえい・マネジメントの今年度収支見通しで累積赤字1億2400万円となり、3年目で再び存廃の瀬戸際に立たされている。

     一方で同競馬の管内経済波及効果は年間65億円8500万円(07年度)とされ、世界で唯一のばんえい競馬の存廃を巡る議論が不可欠だ。

     「2010ばんえいフォーラム〜ばんえい十勝は本当に必要か」では、耕野拓一・帯畜大准教授が「経済波及効果」、競馬評論家の須田鷹雄氏が「ばんえい十勝の可能性について」を講演。続いて高橋正夫十勝町村会会長(本別町長)、秋元和夫帯広信金地域経済振興部長、大江史晃さん(未来の帯広競馬場デザインコンクール大賞受賞者)、古林英一北海学園大教授らがパネル討論を行う。

     主催者は「賛否両論を持つ関係者・市民、市議会議員にもぜひ参加してもらい熱い議論を」(旋丸巴・馬文化を支える会専務理事)と呼び掛けている。(横田光俊)


    6〜8日に初企画 動向把握、運営で活用へ

     ばんえい十勝の運営を受託するオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、新名貴之社長)は6〜8の3日間、帯広競馬場スタンド1階特設コーナーで、来場者を対象にした初のプレゼント付き「お客様アンケート」の聞き取りを行う。各日午前10時から午後2時まで実施する。

     同競馬場に来るファンから施設やサービスなどの満足度や改善点などをスタッフが聞き取り、4月からの新年度の運営に生かすのが狙い。これに併せて来場者の年齢層・居住地なども調べ、ファンの最新の動向も把握する。答えてもらった人には菓子・お茶缶をプレゼントする。

     同競馬場には利用者が要望を記入するアンケート用紙を入れる常設の箱もあるが「新年度に向けてまとめて要望を調べる機会を設けたかった。運営側でこれまで気が付かなかった点も出てくると思う。寄せていただいた要望で、予算面なども考慮して実現できるものは、新年度からすぐに実行したい」(新名社長)としている。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 31-35  (全37件中)
    著作権 十勝毎日新聞社