΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年3月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年6月(8)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 啓西小でばん馬の出前授業 [6/28]
  • 24日からばんえいグランプリ・ファン投票 [6/23]
  • ばんばの出走間近で ばんえい「スタート地点ツアー」24日から [6/23]
  • 23日にばんえい競馬テーマで講演会 [6/21]
  • オレノココロ驚異の末脚でV ばんえい旭川記念 [6/19]
  • ばんえい旭川記念予想、オレノココロ有力 [6/17]
  • 一部破損でそりを変更 ばんえい十勝 [6/10]
  • 3年連続黒字2億円超え 馬券発売、ネット7割 [6/6]
  • 大一番のレース 騎手が意気込み [5/28]
  • 馬車や抽選会 帯広競馬場で28日にイベント [5/24]
  • ばんえい競馬、競走用のそり更新 [5/23]
  • ばんえいの再起一冊に 帯広市単独開催10年 [5/20]
  • 「ばん馬まつり」継続 帯商青年部が引き継ぎ [5/16]
  • ばんえい十勝ビアガーデン、13日オープン [5/12]
  • 資源循環型の生産活動PR うまちかで協議会 [5/9]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ↑時間のかかる力勝負で大激戦を演じた28日の「ばんえい記念」。走路改良で同様のレースが増えるかどうか

     ばんえい十勝は29日に新生3年目の開催を終えたが、レースタイムが年々速くなり、1分台のスピードレースが続出、ファンから「走っては止まるばんえい本来の魅力が減った」と声が上がる。主催者は「2年前に入れ替えた砂が摩耗して排水パイプが目詰まり、水分が高くなって馬場が軽くなった。粗い素材に全面入れ替える」と4月1日から改良を始める。同競馬らしい力勝負が復活するかどうか。

     同競馬は200メートルの砂地のコースを走り、途中2つの障害(高さ1メートルの第1障害と、同1.6メートルの第2障害)を越える。最高1トンの重いそりを引き、途中で止まっては息を整える駆け引きが魅力だ。

     有力馬が出場する重賞レースは、従来2〜3分かかるレースが大半だった。新生初年度(2007年度)は重賞22レース中、2分以上17回、1分台5回(23%)。それが08年度は1分台が25レース中10回(40%)、今年度は同15回(60%)に増え、28日の最高峰「ばんえい記念」のみが3分を超えた。

     主催者は08年度の開始前に走路の砂を入れ替えたが細かい海砂を使用、年間通じての開催のため摩耗が激しく、排水パイプが目詰まり、晴天の日には砂ぼこりが舞った。強雨後の昨年6月13日にはスタート直後のコースが冠水、ぬかるみになって開催中止(3日後に延期)の事態も。

     このため同年10月に第1障害から第2障害まで約75メートルを「ビリ砂利」(粒の大きさ約5〜10ミリ)に入れ替え効果があった。今回は残りのコース全部とゴール後の区域、両障害の砂を35〜40センチの深さで入れ替える。同競馬運営のオッズパーク・ばんえい・マネジメントは「4月9日の走路開放で試走、新馬が挑む同11日の第1回能力検査に向けて支障がないかどうかも見極めたい」とする。(横田光俊)

    帯広や場外の落ち込み大きく



    ネットは前年比1割増

     帯広市単独開催3年目のばんえい十勝は29日、今年度開催の全日程(150日間)を終了した。馬券の発売成績は107億3613万7400円(予算比6・94%減、前年比7.09%減)で、当初予算や前年実績より約8億円下回った。薄暮レースや直営場外移転、競馬界初の5重勝式馬券導入など「暗中模索」の3年目だったが、単独開催以降では2年連続の前年・予算割れとなった。

     1日当たりの予算額を上回った開催日は計40日で全体の27%。長引く不況や娯楽の多様化、新型インフルエンザの流行といった世相を反映し、1日平均の発売額は7157万4249円(予算額7690万8110円)と縮小した。夏場の天候不順、ネット販売のシステム障害、道営場外の販売見込み日数減なども響いた。

     帯広競馬場は発売額が27億5763万4800円(予算比12・55%減、前年比8・66%減)と低迷。入場者数も前年比6.81%減の20万176人にとどまった。

     今年度移転した旭川や北見など道内6カ所の直営場外は37億4228万8800円(同3.72%減、同12.82%減)。北見、岩見沢、釧路、苫小牧、名寄で予算額を3〜6%上回ったが、最大の旭川が予算比14.87%減の14億8705万1200円と伸び悩んだ。各場外とも前年比で6〜17%近く落ち込んだ。

     ネット・電話投票は今年に入り5重勝導入などで26億5546万8100円(同3.84%減、同9.98%増)と前年を上回った。5重勝の高額配当に期待する新規ファンが増加、ばんえい史上最高の払戻金(1022万2930円)が出るなど明るい話題もあった。ただ帯広競馬場や直営場外での販売収益が約25%に対し、手数料としてさらに11.6〜15.0%が引かれるため収入は少ない。

     広域発売は15億8074万5700円(同8.87%減、同13.58%減)。当初全日程で発売を想定していた道営のミニ直営場外「Aiba」の発売日が130日間にとどまり、1日当たり約1000万円減収になった。

     市単独開催4年目は7月に複合施設(観光交流拠点施設)の開業、網走直営場外新設などで今年度実績比1.3%増の108億7659万円(予算額)を見込む。市ばんえい振興室は「来年度は複合施設ができるので宣伝に力を入れたい」(合田隆司室長)と話している。(中津川甫)


    きゅう舎一丸で2年連続2冠。服部調教師(右手前)と鈴木恵騎手(左同)ががっちり握手。ベテラン大河原騎手(左後ろ)と新鋭・長澤騎手(右同)も充実の1年をアピールした

     ばんえい十勝は29日、今季150日間の開催を終えた。注目のリーディング(最多勝)は調教師部門で服部義幸調教師(63)が102勝、騎手部門は史上初の200勝を達成した同きゅう舎の鈴木恵介騎手(33)がともに2年連続の栄冠、服部きゅう舎が2年連続2冠の快挙を遂げた。同きゅう舎はベテラン大河原和雄騎手(50)がリーディング4位の131勝、デビュー2年目の長澤幸太騎手(21)は2009年の日本プロスポーツ大賞新人賞とNAR(全国地方競馬協会)新人賞を獲得するなど「チーム服部は最高の年だった」(同調教師)と振り返り、新年度のさらなる躍進を誓う。(横田光俊)



     ドラマ満載、感動の1年だった。昨年正月デビューの新人・長澤騎手が今季も初めから快進撃。新馬のテンマデトドケの手綱を任され9月の重賞「ナナカマド賞」を勝ち取り、重賞初制覇で自信を付け新人賞獲得に向けて勢いを得た。今度は同号の主戦・大河原騎手が新馬の最高峰重賞「イレネー記念」(今年3月)を制して服部きゅう舎の今季100勝目を劇的に飾った。大河原騎手はキタノタイショウでも重賞2勝。「チーム服部のシナリオ通りに進んだ」と胸を張った。

     さらに最終盤、「ばんえい若大将」としてファンに大人気の鈴木恵騎手が2月6日に年間最多勝記録174勝を打ち立て、その後も勝ち続けて、「ばんえい記念」の開催日で最も盛り上がる3月28日に200勝達成、しかもそのレースで久田守調教師に1000勝もプレゼントするドラマを演じた。

     鈴木恵騎手は「服部先生は騎手を育てるのがうまい。新年度は自分の1000勝(現在891勝)を目指す」。長澤騎手は「目標とする先輩2人を乗り越えられるように」と決意。服部調教師は「面倒見が良くて厳しい河さん(大河原騎手)のおかげで若手が育った。鈴木恵騎手も中身の濃い乗り方をしている。新年度もこのチーム一丸で大いにやります」と力を込めた。


    リーディング表彰を受けた(左から)鈴木恵、藤野、藤本、大河原、松田の各騎手

    勝利数上位の5騎手を表彰

     今季の最多勝(リーディング)騎手の表彰式が29日午後5時15分から行われ、北海道日刊スポーツ新聞社から上位5人の騎手に表彰状が手渡され、ファンの歓声と祝福に包まれた。

     受賞したのは首位・鈴木恵介(200勝)、2位・藤野俊一(166勝)、3位・藤本匠(133勝)、4位・大河原和雄(131勝、2着104回)、5位・松田道明(同、同103回)の5騎手。4位と5位はこの日の最終レースまでもつれこむ大激戦となり、2着回数1つの差で決まった。5人の騎手は「4月24日に始まる新年度も勝ち続ける。応援よろしく」とファンにアピールしていた。


    後輩の騎手たちから祝福を受ける久田守調教師(中央)

    13年目で達成記録更新 「馬、後輩ともに育てる」

     ばんえい十勝の久田守調教師(57)が28日に1000勝を達成、29日午後2時15分から帯広競馬場で表彰式が行われた。「馬のことだけを考え、後輩の騎手も育てていく」と馬も人も育てる名トレーナー。騎手時代に2103勝を挙げた「2000勝ジョッキー」の調教師1000勝は史上初の快挙、調教師開業13年目での1000勝達成は山田勇作調教師の19年目を大きく更新した。十勝に根付いた活動を続ける久田さんには、後輩の騎手、大勢のファン、卓球で活躍する娘たちから花束が贈られ、来場していた映画「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督も祝福した。

     久田さんは北見市出身。1972年に騎手デビュー、細身の体で努力を重ね、24年間に重賞57勝を含む2103勝を挙げて、ミスターばんえい金山明彦氏(通算3299勝、現在調教師)と並んで黄金時代を築いた。97年に調教師開業、重賞23勝を含む1000勝目を28日の第8レースで、鈴木恵介騎手の年間200勝と同時に達成した。

     「鈴木恵介騎手には『チャンスの年だ。200勝を絶対に取れ』と言っていた。まるで舞台がセットされたような勝ち方」と久田さん。

     2006年公開のばんえい競馬を舞台にした映画「雪に願うこと」では久田きゅう舎のマルニシュウカン(08年引退、現在種牡馬)が「ウンリュウ」として出演したが、表彰式後には根岸監督から祝福を受けた。「ウンリュウの子が来春デビューする。楽しみ」と監督と笑顔で語り合った。

     表彰式では長女、次女、三女からの花束も。次女、三女は卓球の全道大会優勝など十勝のスポーツ界も盛り上げている。

     「馬のことばかり考えて自分の顔も長くなってきた。後輩の騎手たちも育てて勝ち星を挙げてきた。馬の側に立った調教に徹する」と今後も手腕を発揮していく。(横田光俊)



    騎手らから花束が贈られ笑顔の砂川市長

     ばんえい十勝は29日に今季を終了、最終レース(午後5時半発走)前に主催者を代表して砂川敏文市長がファンにあいさつした。4月勇退の同市長にとって最後の場面となり、来場者を見送った後、騎手、調教師、支援団体から花束が贈られ、胴上げされた。

     同競馬が4市開催で廃止の危機を迎えた際、市長の決断で存続が決まり、2007年から新生競馬が帯広市単独で始まった。約200人のファンの前で市長は「今年もばんえい競馬は頑張った。長く長く続けていきたい」とあいさつ。ファンに囲まれ感謝の言葉をもらった市長は「本当に、残して良かった」。入場門で観客の見送りを終えた後、調教師会(岡田定一会長)、騎手会(藤本匠会長)、ふれあい動物園スタッフの谷あゆみ調教師らから「市長のおかげで続けられた」と花束を受け、騎手全員で胴上げ。市長は「ありがとう」と涙を浮かべた。(横田光俊)

    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全37件中)
    著作権 十勝毎日新聞社