΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     帯広競馬場の複合施設化で、市は事業期間(5年間)の経過後、事業予定者から施設所有権の譲渡も選択できるようにする方針だ。4月1日付で締結する契約の中に文言を盛り込む方向。市は建設費全額を補助するが、事業予定者が所有権を持つことに異論が出ていた。事業予定者は所有権にこだわっておらず、5年後に諸般の事情を考慮し所有権移転の是非を判断する。

     施設所有権の問題は1月下旬の市議会産経委員会でも取り上げられ、市は事業予定者の特別目的会社(SPC)「とかちむら」の意向として、「無償で(施設を)市に譲渡することも考えている」と説明していた。

     所管する市商工観光部は「契約段階で5年後、譲渡を受けるか受けないのか、市が選択できる形で契約や仕組みを考えたい」と強調。5年後の所有権移動の是非については、「メリット、デメリットを含めて全部洗い出し、検討する」としている。

     市が施設所有権を所有した場合、土地の転貸リスクが解消される半面、修繕費を含めた維持管理費や解体費の負担、固定資産税収入が無くなるなど新たな課題も生じる。

     高額補助と施設所有権の関連をめぐっては、とかち市民オンブズマンの会(長谷川亮会長)が「市民の税金で建てた施設の所有権がなぜ民間企業になるのか」と反発。経済界や市民にも波紋を広げていた。高額補助への批判を受け、市は地代を取らない代わりに補助額を当初の2億円から1億8000万円弱に圧縮していた。(中津川甫)



    馬車の上から盛大に豆をまく(左から)鈴木勝堤、村上章、大口泰史ら7騎手

    ばんえいファン200人に

     ばんえい十勝は1日午後2時45分から、帯広競馬場スタンド前で一足先に豆まきを行った。集まったファン約200人に福が来るように、7人の人気ジョッキーがミルキー号の馬車の上から豪快に豆の入った菓子袋をまいた。

     同競馬ジョッキーの年男(西謙一騎手、菊池一騎手、ともに23歳)はレース騎乗が重なったため参加できなかったが、その代わりに昨年10月に大病から復帰、不屈の闘志で活躍する鈴木勝堤騎手(51)ら福を呼ぶ7騎手が臨んだ。馬車の上から段ボール箱3つ分の豆菓子を盛大にまいた。

     鈴木勝騎手は「ファンとばんえい十勝に、大いに福が来るように」と気持ちを込めていた。
    (横田光俊)


    第2障害をひと腰でクリア、独走で勝利したエンジュオウカン(鈴木恵介騎手)

    2着に14.3秒差

     ばんえい十勝は1月31日、4歳以上牝馬女王決定戦の重賞第20回ヒロインズカップ(BG2)を行った。単勝3番人気のエンジュオウカン(9歳、久田守調教師、鈴木恵介騎手、馬主・細野俊秀さん、生産者は根室管内中標津町・延寿武好さん)が見事なひと腰で第2障害をクリア、独走でゴールを切る圧勝で4年ぶり2度目の女王の座を勝ち取った。エンジュオウカンは昨年のカーネーションカップに続いて今季重賞2冠。久田きゅう舎はこの重賞で3連覇。

     激しい2位争いは6番人気のワタシハスゴイ(4歳、皆川公二調教師、安部憲二騎手)が入り、馬単1万4880円の万馬券が出る波乱となった。

     レースは晴天で馬場水分2.7%とコースが乾燥、序盤から遅いペースで進んだ。第2障害までの道中でエンジュオウカンは5回の休みを刻んだ。

     ギャンブラークイン、トカチプリティーなどが先に障害で仕掛けたが止まり、十分にためをつくったエンジュオウカンがひと腰で乗り越え、あとは独走で2着に14.3秒差を付けて勝利、勝ちタイムは2分16秒4。
    (横田光俊)

    さえる手綱さばき 鈴木恵騎手 久田調教師も絶賛


    今季2冠達成のエンジュオウカン(馬の左が久田守調教師、同右が鈴木恵介騎手)

     今季騎手リーディングのトップを走る鈴木恵介騎手の腕がさえわたった。久田守調教師は「(勝因は)好騎乗に尽きる」と絶賛した。

     不利とされる端枠(1コース)ながらも、それを逆に生かしてじっくりとほかの馬の動きを見た。「(馬場水分)2.7%でタイムが掛かる。速い馬には不利で、エンジュオウカンにはちょうどいい。道中で(休みを)刻めた」と自分のペースに持ち込んだ。

     勝負所の第2障害。ほかの馬が早めに仕掛けたが途中で止まった。「エンジュオウカンは行こうとしたが止めた。ほかが苦戦しているのを見て、ひと呼吸、ふた呼吸おいてから行けた」と絶妙のタイミングでひと腰。障害を降りた時点で勝利を確信した。

     重賞6勝目のエンジュオウカンは「もともと素質のある馬。120%の力を出してくれた。馬のおかげ」(同騎手)と人馬一体の勝利だった。

    鈴木恵騎手マジック「2」 年間史上最多勝


    年間史上最多勝まで目前の鈴木恵介騎手が勝利インタビューに応える

     鈴木恵騎手は昨年度、ばんえい競馬史上年間最多勝(173勝、2000年度・坂本東一氏=現在調教師)まであと1勝に迫る172勝でリーディングトップを飾った。今季もこれで171勝。史上最多勝利の記録達成が目前に迫るが「勝ちは意識していない。1鞍(くら)1鞍を大事に乗るだけ」と平常心だ。久田調教師は「この勢いで200勝達成を」とエールを送る。


    地方競馬でも4位

     ばんえい十勝は1月31日、国内競馬で初めて導入したランダム5重勝単勝式勝ち馬投票券(オッズパークLOTO)でキャリーオーバー2日分を加えた的中馬券(1票)の払い戻し金額が1022万2930円となり、ばんえい競馬史上初めての1000万円超え馬券、国内地方競馬でも史上4番目の高配当となった。

     今回は1月25日と30日の2日分のキャリーオーバー590万9165円が加わった。同重勝は8レースから11レースまで5レースの優勝馬をコンピューターがランダムに買い目を選ぶが、この日は3レース目を終えた時点で的中の残りは65口、続く4レース目の終了時で同6口になっていた。最終レースで6口のうち1口が的中した。

     同馬券はインターネット投票サイトのオッズパーク (http://www.oddspark.com/)
    で同サイト会員を対象に発売している。開催前日の午後6時から、当日は午前8時から発売対象の最初のレース締め切り時間まで購入できる。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6   

    表示件数 26-29  (全29件中)
    著作権 十勝毎日新聞社