΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

     帯広市は来年度、ばんえい競馬会計(特別会計)で負担してきた帯広競馬場の賃借料に関し、中地のスポーツ施設と複合施設の部分は一般会計で支出する方針を固めた。特別会計の負担を軽減、競馬運営受託会社の赤字縮減を狙った措置。

    開催日もサッカーなど利用可能に

     市は2010年度一般会計予算案に、スポーツ施設部分(1540万8000円)と複合施設部分(514万円)の賃料・計2054万8000円を計上した。

     帯広競馬場をめぐっては、市は今年度、地主の十勝農協連に対し年間1億5000万円の借地料を支出。ゴルフ練習場を除く土地(約28万平方メートル)と施設を借りている。このうちスポーツ施設の土地は約3万5000平方メートル、複合施設の使用面積は約1000平方メートルとなっている。

     スポーツ施設は現在、サッカーやラグビーなどに使われているが、競馬開催日は走路に球が舞い込む恐れ、競技審判が吹く笛に競走馬が影響を受ける可能性があり、使用時間を制限できる競馬会計で負担してきた。半面、中地の利用が少なく、有効活用を求める声も出ていた。

     市は一連の経費見直しの中で、競馬開催日に中地を利用しても、レースへの妨害や悪影響は生じないと判断。来年度は特別会計ではなく、一般会計の教育費で賃料を負担し、競馬開催日も利用できるようにした。

     市ばんえい振興室は「当初は中地を使用することでレースへの影響を心配したが、利用しても問題はないと考えた。今まであまり使われていなかったので、有効活用されれば」としている。

     十勝農協連は来年度の賃借料に関し、現在より圧縮する方向で調整しており、市は対応を見極めてから最終的な額を決める。(中津川甫)


    大記録達成、ファンからもらった花束を掲げて歓声に応える鈴木恵介騎手

    6日の第10レース、鈴木恵介騎手はギンガリュウセイ号で鮮やかに第2障害を越え勝利する

     ばんえい十勝で歴史的な大記録が達成された。「ばんえい界の若大将」としてファンに人気の鈴木恵介騎手(33歳、服部義幸きゅう舎)が6日、年間勝利数を174勝として坂本東一氏(現在調教師)の2000年の記録173勝を更新した。鈴木恵騎手は7日にもメーンレースを制して同日現在175勝。この勢いで今季残り22日開催中に夢の「200勝」達成がなるかどうか、シーズン終盤のばんえい十勝で最大の話題だ。

    坂本氏の173勝10年ぶり更新 「次の目標は200勝」

     6日の2勝は、いずれも鈴木恵騎手の腕がさえた。第8レース、ツバキダイヤ号(牝6歳、林豊きゅう舎)は3番手で第2障害を降り、ゴール直前に4頭が並ぶ激戦で大逆転勝利。これでタイ記録とすると、オープン馬が居並ぶ第10レースは鮮やかな障害越えでギンガリュウセイ号(セン6歳、久田守きゅう舎)で先行、逃げ切った。

     記録達成後のセレモニーでは、この時を朝から待ち続けたファンから花束を受けて「うれしいのひと言」と感無量の表情。この日の2勝は「どちらも馬の全能力を出し切れた。馬主さん、きゅう舎の皆さんのおかげ」と感謝した。

     渡島管内森町出身。父が馬主で子供のころから馬が近くにいた。中学生の時、父に連れられて岩見沢競馬場でばんえい競馬を見て騎手にあこがれた。森高校を卒業後、18歳できゅう務員に、21歳で騎手デビュー。坂越えの名馬ミサイルテンリュウ号(槻舘重人きゅう舎、昨年11月死亡)との出会いが運命を変えた。「どんな場面でも冷静に。馬にたくさんのことを教えてもらった。大きなレースに勝って自信になった」と振り返る。

     昨年度、最多勝騎手になったが、坂本氏の記録にあと1勝届かなかった。「あれだけ頑張っても届かなかった。とんでもない大記録だ」。今季の大躍進の契機は、義父の鈴木勝堤騎手(2005〜07年度の年間最多勝騎手)が一昨年から昨年秋まで脳腫瘍(しゅよう)で戦列を離れたことだ。服部調教師は「義父の代わりにばんえいを引っ張ろうと発奮、努力した。思い切りのよさ、第2障害を降りてからの勝負強さは本物だ」と絶賛する。

     鈴木恵騎手は「次の目標は200勝。自分でも次に超えられない記録をつくりたい。ばんえい関係者とともにこの挑戦で盛り上げたい」と決意する。(横田光俊)

     帯広市は8日までに、2010年度予算案の主要事業をまとめた。4月の市長選を控えた骨格編成だが、一般会計は前年度当初比1.6%(12億5500万円)増の777億5100万円となり、公的資金の繰り上げ償還を除いても3.5%増となった。特別、企業会計を含む総額は同0.3%増の1321億4630万円。帯広競馬場の観光交流拠点施設整備費の5年間の債務負担行為限度額を1億9090万円に設定、初年度事業費3884万円を盛り込んだほか、ばんえい競馬会計には前年度比5.2%(6億767万円)減の111億1959万円を計上した。

     最終的な予算案は19日に発表。3月1日開会予定の市議会定例会に提案する。

     社会体育施設の管理運営費には10億1037万円を計上。年間を通しての営業となる帯広の森屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)の維持管理費は約2億300万円で、うち一般財源支出は1億4500万円。

     ばんえい競馬会計は売り上げ見込み(1日当たり)を前年度当初より439万円少ない7251万円とし、収益事業収入を108億8034万円とした。帯広競馬場の賃貸料のうち複合施設や中地のスポーツ施設の2054万円は一般会計で負担する。新たに網走場外発売所を開設する。

     空港事業会計では、名古屋線の路線維持のため愛知県と連携して空港着陸料を軽減、使用料収入を530万円減額した。

     このほか、防災無線のデジタル化事業に2億4985万円、西地区福祉センター建設事業費に5771万円。三中、六中を統合して11年度に開校する「翔陽中」の校舎耐震改修工事と、体育館の改修費に3億7883万円、豊成小の移転改築事業費に11億9990万円を盛り込む。(中津川甫、原山知寿子)


    昨年10月の重賞岩見沢記念で快勝したカネサブラック号

    受賞記念しファンに雄姿

     NAR(地方競馬全国協会)グランプリ2009のばんえい最優秀馬に選ばれたカネサブラック号=牡8歳、松井浩文調教師、馬主はトーヨーファーム(工東哲夫社長)、生産者は旭川・坂井牧場、主戦ジョッキーは松田道明騎手=の受賞記念でファンとの撮影会が7日午後3時ごろから帯広競馬場パドック内で行われる。先着10組、同日午前10時から1階インフォメーションで受け付ける。撮影で使うカメラは持参。

     カネサブラック号は通算129戦49勝、2着27回と強さを発揮。特に昨年は4大記念レースのうちの岩見沢記念、北見記念を制するなど重賞5勝を挙げ、ばんえい最強馬の称号「NARグランプリ最優秀馬」として4日に東京で表彰を受けた。

     撮影会の問い合わせはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825、競馬場内)へ。(横田光俊)


    ばんえい最優秀馬 カネサブラック号

     昨年、全国の地方競馬で最も活躍した新人騎手に贈られるNAR(地方競馬全国協会)グランプリ2009の優秀新人騎手賞に輝いた長澤幸太騎手(21歳、服部義幸きゅう舎)と、同年の岩見沢記念、北見記念など重賞5勝(全12戦8勝)の最強馬としてばんえい最優秀馬に選ばれたカネサブラック号(牡8歳、松井浩文きゅう舎、馬主はトーヨーファーム・工東哲夫社長、生産者は旭川・坂井牧場、松田道明騎手)の表彰式が4日午後5時半から東京・目黒雅叙園で行われ、全国の競馬関係者から祝福を受けた。

     長澤騎手は昨年1月10日に初騎乗・初勝利を飾り、9月には重賞・ナナカマド賞をテンマデトドケ号で制して、ばんえい史上初のデビュー年重賞勝利を達成するなど同年に65勝と快進撃。一生に一度の名誉・新人騎手賞を受けた長澤騎手は共同記者会見で「たくさんの馬に乗せてもらって馬主さんをはじめ、きゅう舎の服部先生やスタッフに感謝の気持ちでいっぱい。昨年はけがをして(2週間休んで)しまったが、今年はけがをしないで1年をしっかり一生懸命やって、昨年より多く勝ちたい」と決意を語った。

     最優秀馬のカネサブラック号の表彰式では馬主のトーヨーファーム・工東社長がNARの仲田和雄理事長から表彰の盾を受け取った。工東社長、2007年秋から全レースに騎乗する松田騎手とともに式に臨んだ松井調教師は07年度のトモエパワー号に続いて2度目の栄冠。「いい感じで来ている。この勢いでチャンピオンカップ(2月28日)、ばんえい記念(3月28日)もカネサブラックで勝ちにいく」と宣言した。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全29件中)
    著作権 十勝毎日新聞社