΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    新人初勝利を遂げた渡来心路騎手(騎乗馬ユウセンスピード)

     正月に騎手デビューした渡来心路(こころ)騎手(20歳、今井茂きゅう舎)が13日の第6レースで初勝利を飾った。9戦目での勝利。騎乗したユウセンスピード(牡4歳、同きゅう舎)は自分の担当馬で、しかも1月9日のデビュー戦(6着)で騎乗した。「自分が勝てたことよりも担当馬に勝利をプレゼントできたことの方がうれしい。やっと勝てた。デビューからここまで大変だった。きつかった。これで肩の荷が下りた。次の2勝目を目指して頑張ります」とコメントした。

     ばんえい競馬を主催する帯広市は7月をめどに、網走市内に直営場外発売所を新設する方針を固めた。馬産地の網走周辺のファンを開拓し、不振が続く馬券発売の増加を狙う。

     直営場外の開設は2004年の名寄に続き7カ所目。市単独開催以降では初めて。市は来年度のばんえい競馬会計(特別会計)予算案に、網走直営場外の開設経費を盛り込んだ。

     網走直営場外は、網走市中心部の商業ビル1階の利用を予定。自動発売機を用意し、職員も数人程度配置する予定。帯広市ばんえい振興室では、網走市(約4万人)を中心に斜里町、小清水町など近隣のファン開拓も想定している。

     同室は「北網地方は馬主や生産者など競馬関係者が多く(4市開催の)組合時代にも網走場外開設の話があった。農業や漁業が基幹産業でもあり、農閑期や休漁期の売り上げ増加にも期待したい」と話している。(中津川甫)

     ばんえい十勝は14日午後5時45分から、元高崎競馬騎手で歌手活動を続ける福元弘二さん(34)の「ばんえい十勝応援ライブ」を帯広競馬場スタンド2階ファンルームで行う。地方競馬の廃止を体験した元騎手が「ラブ&ホース」「二度と地方競馬を廃止しないで」と訴える。参加無料。

     福元さんは1996年に川崎競馬で騎手デビュー、99年に高崎競馬に移籍、イケメン騎手「モッチ」の愛称で人気を呼んだが、2004年12月の高崎競馬廃止のため引退。生涯成績71勝。引退後、「競馬の廃止は競馬関係者、馬の生活のすべてをなくしてしまう。存続を」と歌で応援を決意。作詞・作曲、演奏活動を始め、各地の競馬場などで歌を披露。今回はバレンタインデーに合わせて来勝、新作のばんえい応援歌「バンバレ!」などを歌う。当日は福元さんのオリジナルCDも競馬場内特設コーナーで販売する。(横田光俊)


    ばん馬の馬そりを楽しむ家族連れ

    初の「婚カツ」大盛り上がり 1日まるごと白鳥まつり

     「1日まるごと白鳥まつり」が7日、十勝川温泉アクアパークで開かれた。大勢の家族連れが訪れ、ばん馬そりやトラクターに乗るなどにぎわった。男女に出会いの場を提供する「婚活」イベントも初めて行われ、会場は大いに盛り上がった。

     「第19回おとふけ十勝川白鳥まつり」(28日まで)の一環。町商工会、JAおとふけ、JA木野の3青年部が主催し、5年前から開いている。

     会場では、ばん馬「リッキー号」が引っ張る馬そりの騎乗や、スノーモービルの後ろに付けたボートに乗り、こぶを乗り越える「スノーラフティング」、トラクターの試乗などを展開。中華まんじゅう「十勝川温泉モール豚まん」も数量限定で提供した。

     婚活イベントの「お友達から始めましょう」には20〜30代の男女28人が参加。ネームプレートを胸に付け、会場の催しを2人ずつ組になって楽しんだ。同イベントに参加した町内の男性(39)は「普段は楽しめないものがたくさんあった。参加してよかった」と話していた。

     主催者によると、この日の来場者数は午前中だけで約1200人。「昨年までは土曜日に開いていたが、日曜日に変更したことで増えた」と手応えを話していた。(伊藤寛)

     
    騎手との「真冬の交流会」
    2010年2月9日(火)
     NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)は12日午後6時から、帯広競馬場(西13南9)でばんえい十勝で活躍している騎手との初の「真冬の交流会」を開く。

     交流会は例年、夏に開いていたが、今回は冬の十勝の魅力を体験してもらおうと実施。真冬の競馬場で、おでんを食べながら騎手と語り合える。抽選会あり。翌日の13日午前7時からは朝の調教の様子も見学、同8時半から「スペシャルバックヤードツアー」で装蹄所、競馬場内の馬の診療所なども見学する。

     参加料は小学生以下1000円、中学生以上は同会会員2500円、非会員3000円。問い合わせは同事務局(0155・67・6890)へ。冬の寒さに負けず奮闘する騎手・ばん馬に感動すること間違いなし−。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全29件中)
    著作権 十勝毎日新聞社