΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年2月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    現在の経営状況などについて語る新名社長

     ばんえい競馬の運営受託会社「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(帯広市、OPBM)は24日、今年度の収支見通しについて3800万円の赤字になることを発表した。OPBM側は経営赤字に伴う事業継続に危機感を訴え、「新たなスキーム(枠組み)」を地域主導で確立するよう求めた。新名貴之社長(37)に現在の経営認識、将来展望などを聞いた。(中津川甫)

    地域で新たな枠組み確立を

      −新たなスキームとは。
     単純に言えば、帯広市がばんえい競馬をやる、またはやるための仕組みをつくるということだ。裏を返せばOPBMに委託する形とは限らないということもあり得る。あくまでも主催者は帯広市。弊社の経営判断で(存廃の)すべてが決まってよいのか。

     市が主催者としてやり続けるとはっきり言う形もありだし、運営の受託業者を使ってやるということであれば、受託業者がきちんと株主に説明できるようなものを用意してほしいということだ。

     −現在の経営状況は。
     瀬戸際だ。前年度も赤字なので厳しい。累損も残っている。内部留保は当然ない。資金繰りの問題は収支とは別に対策している。それも累損が増えていくと、いずれ限界が来る。だから急がないといけない。来年度にも新スキームを決めて確立しないと、後はない。

     −赤字見通しの理由を。
     馬券売り上げの落ち込みが大きい。夏場の天候不順、冬場に雪が多かった影響もある。要素はいろいろある。

     −新年度の売り上げ向上策は。
     ばんえい記念と同じ規模のレースを夏の盆時期に開きたい。観光客や帰省客も楽しめる。勝毎花火大会を見て十勝川温泉に宿泊、平原まつり、大レースを見て帰省するというストーリーができる。複合施設(観光施設)が完成すれば、観光客が買い物をしながら競馬を楽しめるので、期待している。

     −市長選の影響は。
     もちろん注目している。市長イコール主催者。地域にとってばんえいは必要なのか、しっかりと考えて自分の政策に織り込んでほしい。それが曖昧(あいまい)のままで終わると、また曖昧なまま進む。候補者が考え方を出し、争点にしてもらった方が、納得感のある振興になる。何となくだが、市民の皆さんの競馬に対する考え方も醸成されていない。(市長選で)議論をしてほしい。


     ばんえい競馬経営会議が24日午前10時、帯広競馬場で開かれ、運営受託会社「オッズパーク・ばんえい・マネジメント」(OPBM、帯広市、新名貴之社長)は今年度の収支見通しに関し、3800万円の赤字になることを明らかにした。参入した2007年からの累積赤字は1億円台を超え、1億2400万円に膨らむ見通しとなっている。

     OPBM側は来年度も2600万円(累積1億5000万円)の赤字を見込んでいる。同社は「地域にとってばんえい十勝が必要か否かを見極める必要がある。必要とするならば継続可能な新スキームを地域主導で確立しなければいけない」とし、市の主導性発揮を求めている。

     経営会議には委員の砂川敏文市長、新名社長、佐々木啓文十勝馬事振興会長、大野清二馬主協会長、久田守調教師会副会長、渡辺純夫東洋農機会長が出席。

     OPBM側は今年度当初予算時は7700万円の赤字見通しを示したが、経費削減(1億300万円)、ばんえい競馬会計財政調整基金からの補てん(5000万円)により、3800万円にまで圧縮。それでも、馬券収入の低迷に伴う受託収入の減少(1億1400万円)が大きく影響した。

     単独開催4年目となる来年度は、市とOPBMの経費削減を1億2200万円と見込んでいる。新名社長は「赤字ではこれ以上続けることはできず、いまは瀬戸際にある。(存廃について)われわれの経営判断に依存しない仕組を議論してほしい」と述べた。(中津川甫)

     
    さあ狙ってみますか−
    2010年2月23日(火)
     ばんえい十勝は22日、国内で初めて1月に導入したランダム5重勝単勝式勝ち馬投票券(オッズパークLOTO)で6日連続的中がなく、キャリーオーバーが816万8182円に達した。

     5重勝馬券は現在、ばんえいを含めて5カ所の地方競馬でランダム式を実施しているが、今回のキャリーオーバー額は2月3日の692万8638円(園田競馬・兵庫県)を上回り、国内史上最高額になった。

     同重勝では1月31日にばんえい史上最高の1022万2930円、国内史上4番目の高額配当が出ているが、その時のキャリーオーバーは590万9165円だった。次に当たればさらに高額になる可能性も…。

    インターネット投票サイトのオッズパーク(http://www.oddspark.com/)で、次は27日開催分を26日午後6時から発売する。購入単価は100円。さあ狙ってみますか−。




     新生ばんえい競馬発足(2007年4月)時から悲願だった「一口馬主」が今春から、ばんえい十勝に導入される。「誰でも気軽に馬主気分」を味わえることにファンは大歓迎、馬主・競走馬が減り続ける同競馬の危機打開、存続に向けての確実な一手になることが期待される。共同企画する楽天競馬とシルクホースクラブは「世界唯一のばんえい競馬をなくしてはならない」と意気込んでいる。

     一口馬主は07年の金融商品取引法改正により地方競馬でも導入可能に。愛馬会法人が競走馬を購入、その費用は小口に分割して会員(出資者)を募る。馬はクラブ(馬主)法人に現物出資、きゅう舎への預託料(月額15万円)も小口で分割。JRA(中央競馬会)では30年以上の歴史を持ち、その有力クラブ「シルクホースクラブ」(阿部幸也社長、会員約1万人)とネット馬券販売の楽天競馬(投票会員約6万人)が全国から会員を募る。

     阿部社長は2月中旬に帯広競馬場を訪れ「この競馬をなくすことは良くない。ばんえいのために活動する方々と手を携えていきたい」、楽天競馬の小原清治運用・企画開発室長は「馬資源の確保のために全国のファンの力を」と力を込める。


    馬主は競走馬、きゅう舎関係者と家族同様の付き合いができるのも魅力だ(名牝サダエリコ号と関係者、2008年撮影)

     新年度にまず1〜2頭から実施するが、この企画に協力する芽室町在住の作家・旋丸巴さん(NPO法人とかち馬文化を支える会専務)は「以前から必要性を訴えていた制度が実現するので感無量。馬券以外でも応援したいファンの協力で、ばん馬生産者・きゅう舎を支えてほしい」と、4月17日には東京・銀座で開催予定の説明会にも出向く。

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)はかつて700人以上いた馬主が現在、438人に減少。競馬の根幹となる競走馬の確保が危機的状況だ。小坂良孝事務局長は「一口馬主をきっかけに個人馬主になる人も出てくれれば」と期待している。一口馬主の問い合わせ先はシルクホースクラブばんえい係(フリーダイヤル0120・17・7939)へ。(横田光俊)


    引退式で雄姿を見せたグレートサンデー号(馬の右が槻舘調教師、左端が主戦の藤野俊一騎手)

     ばんえい十勝は21日午後2時45分から、今季で競走馬を引退する名物馬グレートサンデー号(牡11歳、槻舘重人調教師、馬主は北斗市・前川浩作さん、生産者は日高管内平取町・互野居衣夫さん)の引退式を帯広競馬場で行った。馬名通りに日曜日に勝つ巨体の「利かん坊」(槻舘調教師)は大人気だった。大勢のファンが別れを惜しんだ。

     2001年4月30日(月曜日)にデビュー戦勝利。その後、同年度の8勝は4連勝も含めていずれも日曜日。「名前通り」と評判になり、02年2月のイレネー記念(日曜日)で重賞初制覇。オープン馬として04年度には北見記念2着、帯広記念3着など活躍した。体重1100キロを超える巨体で高体重馬の選抜戦「ビッグウエイトカップ」は02年、05年に2回優勝した。引退後は新得町の牧場で種牡馬(しゅぼば)となる。

     引退式ではファンから花束を受けた槻舘調教師が「温かい応援ありがとうございました」、主戦ジョッキーの藤野俊一騎手が「障害を降りれば末脚を見せた。いい子馬をたくさん(ばんえい十勝に)出してもらって、それにまた乗ってみたい」とあいさつ。同号はファンの前で何度も大きくいななき、やんちゃぶりを誇示した。22日のメーンレースでラストランに臨んだ。

     携帯電話サイト「かちモバ」で予想担当の小寺雄司さんは「ツボにはまると実に強い馬。気持ちで走り、連勝もすれば大負けもする。玄人受けする面白い馬でした」と振り返った。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全29件中)
    著作権 十勝毎日新聞社