΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    大人気の携帯電話ストラップ人形「GO!バージ」

    - 2010年12月19日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    栗毛と顔の「流星」も表現
    帯広、東京などで発売

     ばんえい競馬の存続運動の中から生まれた携帯電話ストラップ人形「ちびっこばん馬」シリーズで、中高年の星として大人気の競走馬ゴールデンバージ号(牡13歳)を模した「GO!バージ」が登場、再び全国的な人気を呼んでいる。帯広出身のぬいぐるみコーディネーター柏本理江さん(横浜市在住)が企画、同号の顔と毛色の特徴をとらえて完成した。帯広競馬場、大井競馬場(東京)などで発売開始後、同号を知らないファンも「かわいい」と買い求め、ばんえい十勝のPRに役立っている。

     同シリーズは同競馬が存廃の危機に陥った2006年12月に発売開始、ばん馬の愛らしさをアピールして、これまでに約2万個を販売。ばんえいグッズで最大のヒット商品になっている。今回は、リストラ寸前から競走馬に今年7月に復活したゴールデンバージ号を応援するために、帯広の清原三枝子さん(プラン82代表取締役)と共同で企画した。

     柏本さんは「ゴールデンバージ号に大勢のファンが元気をもらっている。その“癒し感”を出したかった」と、同号の栗毛を表現するために毛足の長い高級生地を使用、顔の白い模様(流星)も入れ、ふさふさとしたたてがみと尾も表現、限定1000個(1個400円)を売り出した。

     11月末から順次、帯広競馬場内のリッキーハウス、大井競馬場、JR帯広駅のキヨスク帯広スーベニア店、同新得駅の新得店、同池田駅の池田店、ホテル日航ノースランド帯広、とかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館2階)で発売したところ、「顔がかわいい」「手触りがいい」と大好評。1人で何個も買い求める客もいる。

     同号はファンの応援を受けて復帰後10戦3勝、このところのレースでは3着2回としぶとい頑張りを発揮、最盛期を迎える冬の競馬でさらなる活躍が期待される。同ストラップの問い合わせはプラン82(電話0155−22−8282)へ。


    騎手試験に合格、活躍を誓う(右から)赤塚さん、井上さん、島津さん、西さん

    - 2010年12月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    「早く一流に」と活躍誓う 
     地方競馬全国協会(NAR)はこのほど、騎手免許試験の新規合格者を発表、ばんえい十勝では4人の厩務(きゅうむ)員が合格し、18日午前に帯広競馬場で記者会見した。4人は来年1月のデビューに向けて「ベテラン騎手に負けないレースを見せたい」などと決意を語った。若い力による同競馬の活性化が期待される。

     合格したのは赤塚健仁さん(19)=根室市出身、久田守厩舎=、井上真司さん(23)=釧路管内弟子屈町出身、今井茂雅厩舎=、島津新(あらた)さん(20)=北斗市出身、岩本利春厩舎=、西将太さん(21)=青森県八戸市出身、西康幸厩舎=。

     赤塚さんは祖父が馬主で、根室高校卒業後に厩務員になり2年目で合格。「久田調教師に試験の時にアドバイスをもらった。ベテラン騎手に負けないようになりたい。(オープン馬)ギンガリュウセイ号に乗れるように」と抱負を語る。井上さんは牛の削蹄補助の仕事から転職して厩務員になり、試験を2回目で合格。「鈴木恵介騎手のようにリーディングにいつもいられるように。はつらつとしたレースを」と決意を述べた。

     島津さんは祖父厚さん、父信さんがいずれも馬主で、小さいときから馬に親しんできた。「騎手を目標にしてきた。藤野俊一騎手のようにどんな馬でも乗りこなせるように。誰にも負けない騎乗を」と意気込む。西さんは父康幸さんと伯父弘美さんが元騎手で調教師、いとこ(弘美さんの長男)の謙一さんが騎手という競馬ファミリー。「父(騎手で964勝)をまず超えたい。西家の中では誰にも負けたくない。早く一流の騎手に」と奮闘を誓う。

     新人ジョッキー4人は来年1月1日付で免許交付、同3日に帯広競馬場でファンにお披露目、同8日以降の開催で順次デビューする予定だ。(横田光俊)



    - 2010年12月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、「騎手からの年賀状」抽選会を18、19の両日、帯広競馬場スタンド1階中央の特設コーナーと、旭川など直営場外売り場で行う。時間はいずれも午前11時〜午後1時。確定前馬券1000円で1口応募できる。応募用紙がなくなり次第終了。

     当選は総勢340人(当選発表は年賀状の発送をもって代える)。当選者には、申し込んだファンが選んだ騎手から、直筆サイン入りの年賀状が届く。また帯広競馬場の会場では、抽選会参加の先着50人にお菓子をプレゼントする。




    ばんえい競馬の来年度開催で大筋合意し、記者会見する米沢則寿市長とOPBMの藤井宏明会長(右から。15日午後4時45分、金野和彦撮影)

    - 2010年12月16日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市とオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM、新名貴之社長)は15日、ばんえい競馬の来年度開催について大筋合意し、開催を前提に協議すると発表した。今後5年間をめどとした中期戦略に関し、協議することでも一致した。新たな枠組みとして経済界など第三者を交えた新組織を設立、観光面など総合的観点で競馬の経営安定化や振興策を議論する。OPBM側は同日、高橋勝坦帯広商工会議所会頭に協力要請した。

     米沢則寿帯広市長、親会社の藤井宏明ソフトバンク・プレイヤーズ社長(OPBM会長)、新名社長が同日午後、市役所で記者会見した。

     市単独開催5年目を迎える来年度に向けて、米沢市長は「地域が誇る世界で唯一のばんえい競馬、馬文化を地域づくりに生かしたい。競馬関係者の協力をいただき、経営の安定化や魅力ある競馬の実現に取り組む」と説明。全国の地方競馬の馬券発売情報を一元化する「共同トータリゼータシステム」の来年度導入に伴い、新たな種類の馬券が販売される見通しを示した。

     OPBMが負担する競馬経営の赤字については「今までと同様」とし、改めて公費で補填(ほてん)しない考えを強調。運営受託契約は単年度更新を基本とするが、「今までの反省を踏まえ、5年ぐらいの中期でこの事業をどう見ていくのか、きちんと両者で確認したい」と述べた。

     合田隆司ばんえい振興室長は新組織に関し、「競馬関係者、経営的にばんえい競馬を外から見る方に入ってもらい、委員会方式のようなものを作り(経営安定化策を)検討したい」と説明した。

     藤井氏は競馬場内の「とかちむら」完成が継続開催に向けた大きな判断材料になったとし、「赤字は出ているが、もう1回仕切り直しをして、5年先のスパンで考えていこうと話し合いをしている。5年後の未来に期待を持ちながら来年度もやっていきたい」と語った。(中津川甫)

    ビジョン立案具体化できれば OPBM
     OPBMの藤井宏明会長と新名貴之社長は15日午後、十勝毎日新聞社を訪れ、ばんえい競馬の来年度開催に向けて方向性や意気込みを語った。

     新名氏は米沢市長が向こう5年間のビジョン立案や新組織の立ち上げに言及したことに触れ、「その流れに期待して新たなスキーム(枠組み)を具体化できれば良い」と語った。

     道に支援を求める考えについては「馬産は市内だけでなく管内町村、北網、根釧、道南にもある。道は全道の馬産振興にどう取り組むのか求められている。道に期待する部分はあるが、どういう形で求めるかは市の戦略」と述べた。

     藤井氏は米沢市長の印象について「明らかに経営感覚があると感じた。ある意味で信頼関係はつくりやすい」と強調。新組織に関しては「競馬場を観光拠点として実現するための議論、実践できるメンバーを集めないといけない。中に入るメンバーが何らかの寄与、責任を持って判断ができる人が入ってもらえるとうれしい」と語った。


    ポスターを製作した介護福祉科2年生

    - 2010年12月16日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     来年度も開催される方向となったばんえい競馬を応援しようと、さまざまな動きが広がっている。専門学校生が高齢者向けの“ガイドマップ”を自作して福祉施設などに寄贈するほか、足寄の農業者が自作の歌でCDを製作、帯広競馬場で発売する予定で、話題づくりに一役買っている。

     帯広コア専門学校(帯広市西11南41、橋本進一校長)の介護福祉科2年生32人が、帯広競馬場やとかちむらの施設を紹介したポスターを作製した。

     来年から介護福祉士として活躍する学生が、高齢者や障害者にばんえい競馬を楽しんでもらおうと企画。4つのグループが「ザ・ばんえい オススメ観光案内」「グルメ&体験いいとこ取り」などのポスターを完成させた。

     11月中旬に帯広競馬場に“取材”に行き、ばんえい競馬の魅力やとかちむらのメニューのほか、高齢者らが安心して競馬場に足を運べるようにトイレやスロープ、案内看板などのバリアフリー情報を写真やイラストをふんだんに使って模造紙にまとめた。

     中野沙彩さん(21)は「誰が見てもわかりやすいように作った。わくわくした気持ちで(デイサービスなどの)利用者の人に楽しんでもらいたい」と話していた。4枚のポスターは学生の就職先や実習先の施設に贈る予定。(澤村真理子)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社