΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい番記者によるブログ「カスリの横田」を始める!
     ばんえい朝調教が絵になる厳寒の季節になった。

     ファン待望の「朝調教見学ツアー」が2010年12月26日に始まった。毎週日曜日午前6時から(2011年1月1日の土曜日にも実施、翌2日も実施)。料金は競馬場3階のプレミアムラウンジ利用込みで2000円。申し込み先は0155・34・0825(帯広競馬場内、オッズパーク・ばんえい・マネジメント)
     
     有名カメラマンがこぞって狙い、アマチュアカメラマンも垂涎の撮影テーマだ。しかし、これまでは「撮り逃げ」も多かった。ばんえいの写真だけ撮って、馬券買わないで帰るカメラマンが多かった。撮影対象との人間関係を築いた上で、撮影した写真は被写体の人々にプレゼントする。これが「写真撮り」の最低限の礼儀だ。

     撮影だけして、馬券を買わないで帰ることはするな。馬券の買い方、狙い目、騎手へのヤジの飛ばし方など、ばんえいの極上の楽しみ方を、このカスリの横田が親切に教える。赤いコート(または青色ダウン)・灰色毛糸帽子、カメラをぶら下げ、パドックのいつもの場所(最も厩舎寄りの場所)でニコニコ馬を眺めているから声掛けてくれ。(横田光俊)


    鮮やかな先行逃げ切りを見せたミスタートカチ(松田道明騎手)

    - 2010年12月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は26日、年末を飾る最高グレードBG1の重賞レース「第39回ばんえいダービー」(3歳オープン)を行い、3番人気のミスタートカチ(牡、前原和信調教師、松田道明騎手、馬主は東京都・小島智子さん、生産者は本別町・横山伴英さん)が会心の先行逃げ切りで重賞初制覇、3歳王者に輝いた。タイムは1分50秒9(馬場水分3・8パーセント)。2着は1番人気のテンマデトドケ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手)、3着には8番人気のファーストスター(牡、長部幸光調教師、尾ケ瀬馨騎手)が入った。

     序盤から(5)ミスタートカチが先行してペースをつくった。第2障害まで1回の休みを刻み、十分なリードを築いたまま後続が障害下に着く前に仕掛け、ひと腰でクリアして独走。(5)はゴール前でやや脚が鈍り(2)テンマデトドケの猛追を受けたが、それをかわして逃げ切った。(横田光俊)

    前原調教師10年ぶり重賞勝利
    松田騎手潜在能力引き出す

     前原和信調教師は、2000年1月4日のポプラ賞(勝利馬キタノキング)以来10年ぶりの重賞勝利。その時も松田道明騎手の騎乗だった。「真面目一本の馬。実力があるのに勝てずにやきもきしてきたが、馬の力を引き出してくれた」(前原調教師)と手放しで喜んだ。

     ミスタートカチは新馬ではデビュー戦から3連勝など9勝、重賞も2戦で2着とトップクラスになった。今季は2着、3着が多く、得意の先行をしながらも勝利を逃していた。しかし前走(今月18日)で松田騎手は「思い切って(休みなしの)直行を掛けて勝利。調子を上げているのを実感した」。迎えたこの日も、序盤から一気に先頭に立ち押し切った。「ずーっと馬を信頼していた。いつかはやると思っていた」と松田騎手。前原調教師は「騎手の思い切った騎乗がはまった」と絶賛する。

     馬主の小島智子さん(東京、会社員)は重賞初制覇。今年1月から同号の馬主になった。熱心なばんえいファンで、イベントを自ら企画するなど積極的に関わっている。「ダービーが取れる馬が欲しいと希望して、この馬のオーナーになった。ばんえいなら『ダービー馬』の馬主になれる。大勢のファンに馬主になってほしい」と、さらに応援活動に力が入る。


    協定書を交わした米沢市長と遠藤署長(右から)

    - 2010年12月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市と帯広署は27日、帯広競馬場への暴力団員入場拒否に関する協定を結んだ。両者が情報交換などを密にし、競馬場からの暴力団員排除を目指す。

     同日午前11時、米沢則寿市長が同署を訪れ、遠藤博署長と協定書を交わした。遠藤署長は「暴力団員を排除し、安全・安心な競馬場づくりに向けて全面的に協力する」、米沢市長は「警察の力を借りながら、皆さんに安心して来ていただける競馬場にしていきたい」と述べた。

     同競馬場は今年、「とかちむら」がオープンした効果で入場者数が増加していることもあり、暴力団員の入場に対して危機感を募らせている。11月には市ばんえい競馬実施条例の施行規則を改正し、暴力団員排除を明文化した。暴力団員が来場した際には警察と連携しながら、同規則や競馬法などに基づいて退去を求めていく。(丹羽恭太)

    - 2010年12月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広市は27日までに、ばんえい競馬の2011年度開催計画案を、所管する農林水産省に提出した。全26開催で、開催日数は153日。07年度の市単独開催以降、開催計画日数が150日を超えるのは初めて。

     来年1月に総務省に対しても、開催の指定申請を行う。

     市単独開催5年目を迎える来年度は、開催時期を例年の4月下旬から1週間早める方向で検討。北海道など関係機関との調整が整えば3日間増やす考え。今年度も全26開催だったが、開催日数は150日間だった。

     市は「計画案の日数は調整次第で変わることもあるが、今年度と同程度の開催日を設けたい」としている。(中津川甫)


    番組に登場する今井千尋さん(左から2人目)、姉の果歩さん(左)、弟の大翔(ひろと)ちゃんと渡来騎手(右)、オーロラプリンス号

    - 2010年12月27日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の今井茂雅調教師(48)一家を取り上げたNHK教育テレビのドキュメタリー番組「カラフル!世界のこどもたち」(9月30日初回放映)が反響を呼び、第2弾が今月30日午後7時35分から放送される。JRA(日本中央競馬会)騎手を目指す今井さんの次女千尋さん=帯広啓西小=が語り手になり、厩舎(きゅうしゃ)の人々に支えられながら乗馬を練習する姿、学校での様子などが紹介される。ばんえい厩舎でたくましく育つ子供の姿は、再び全国に感動を与えそうだ。

     「カラフル!」はNHKが海外の放送局と国際共同制作、昨年4月に始まった新タイプのドキュメンタリー番組。彩りに満ちた子供の暮らし、将来の夢、悩みや心の揺れなどを大人のナレーションなしに子供自身の言葉で伝える。今井さん一家を取り上げ9月に「ずっと馬とくらしたい」のタイトルで放送した番組は、朝起きて馬の世話をして学校に通う千尋さんの生活や、大切にしていた馬との別れ、やってきた乗用馬との出会いなど感動の場面満載で好評だった。

     続編の取材で、クルーはその後の千尋さんの成長ぶりをさらに追い続けて約20日間カメラを回し、「わたしの馬はうるさい馬」のタイトルで放送が決まった。

     千尋さんは自分の乗用馬オーロラプリンス号で、厩舎の渡来心路(こころ)騎手らに教えられて乗馬練習をするが落馬してしまう。恐怖感を乗り越えて練習を再開、やんちゃ馬の同号は去勢されることになるが…。

     母みどりさんは「1つのことをやると決めたら、最後までやり通す子供。冬休みには日高町の乗馬学校にも行く」と言い、娘が馬に向き合いながら成長する姿に目を細めている。千尋さんは番組について「学校の友達がうちの馬の名前を覚えてくれた。うれしい」と第2弾の放送を楽しみにしている。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社