΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年12月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     ばんえい十勝の“広告塔”として活躍、男性社会で奮闘する女性騎手「きよ姫」として人気だった佐藤希世子騎手(35)=尾ケ瀬富雄厩舎(きゅうしゃ)、札幌出身=が12月30日、9年間の騎手生活を終え引退した。大声援の中、最終レースでは第2障害で馬が膝をついて勝機を逃し6着。「悔しい」と最後までプロの根性を見せた。生涯成績は144勝だった。



     佐藤騎手は札幌の自営業・父雄一さん(72)、母佳子さん(68)の長女。札幌競馬場で幼時に見た白馬に夢中になり馬好きに。札幌東陵高在学中から日高管内えりも町目黒の牧場に通って乗馬に励み、ばんえい競馬の尾ケ瀬トレーニングセンター(札幌)で尾ケ瀬調教師と知り合い1997年に厩務員に。同競馬で辻本由美さん(音更出身、2000年引退)に続く2人目の女性騎手として02年にデビューした。

     デビュー年に51勝を挙げ、地方競馬全国協会優秀女性騎手賞を受賞。06年5月には同競馬女性初の100勝を達成。男性騎手に負けない鮮やかな騎乗はファンの心をつかんだ。佐藤騎手は「調教すればレースで結果が出る。仕事が面白くて、楽しかった。PR活動などで厩舎を空けることもあったが皆さんに支えてもらった」と感謝する。来年3月まで厩務員として働き、その後は札幌に移る。  
     母佳子さんは「娘ながらにすごい。馬が好きだからできたのだと思う」。高校時代からの親友・渡辺麻結さん(35)は「頑張ったな。根性があったな」と引退セレモニーで花束を手渡した。
     ばんえい十勝の女性騎手は、竹ケ原茉耶騎手(28)だけとなった。(横田光俊)


     騎手仲間に胴上げされる佐藤希世子騎手


    引退セレモニーで笑顔を見せる佐藤騎手(前列左から2人目)。騎手仲間、調教師、両親、親友らがねぎらった

     ファン投票で騎乗する騎手を決める新年1月9日の「ゴールデンジョッキー賞」。投票が競馬場・場外、ネット、郵送で行われている。新生競馬初の試み。ファンはどのような基準で選ぶのか、注目している。

     さて人情の人・横田は、文句なしに河さん(大河原騎手)に1票である。


     その理由を述べる。河さんは、取材陣の安全管理に気を配る唯一のジョッキーなのだ。危ない場所にいるカメラマンには容赦なく「危ない!」と大声が飛ぶ。その一喝に、助かった取材陣がどれだけいることか。

     普通の人は、そんな面倒なことはしない。「マスコミ対応は、広報担当の仕事だ。任せておけばよい」。これが現代の風潮だ。
     しかし我らが河さんは違う。いつも怪我と隣り合わせ、自らも何度も怪我をしている。人のことが黙って見ていられない。「おい横田さん、そこにいると危ない。馬がもし暴れたら、あんたどうなる!」。こういう言葉を出せるのは義の男だ。ばんえいベテラン騎手には、現代日本で貴重になった「一本筋の通った男」たちが大勢いる。だからばんえい十勝に通い続けたくなる。ばんえい番記者・横田光俊

     年末・年始は見るテレビがないと嘆く前に、今夜(12月30日午後7時35分)のNHK教育の「カラフル!世界のこどもたち」は、感動を呼ぶこと請け合い。
     今井茂雅調教師(48)の次女・千尋(ちひろ)ちゃんが厩舎の暮らしぶり語る。第1作「ずっと馬とくらしたい」(9月30日初回放映)が大反響、続編「わたしの馬はうるさい馬」が完成、放送されるのだ。



     ばんえい厩舎の濃密な人間関係の中で育ち、常に馬と暮らす子供たちは、人間味にあふれている。世界に誇るかわいらしさだ。ぜひ見てほしい。NHKが本気を出すと、これだけのすごい番組ができるのだ。感心する。
     ちなみに第1作は、来年1月12日、同19日の午前9時半から再放送。見られなかったら録画しよう。(ばんえい番記者・横田光俊)


     
    30日に佐藤希世子騎手引退レース
    2010年12月29日(水)
     ばんえい十勝は30日、同競馬史上2人目の女性騎手として活躍してきた佐藤希世子騎手(35)=尾ケ瀬富雄厩舎(きゅうしゃ)=の引退セレモニーを、第7レース(午後2時25分発走予定)終了後に帯広競馬場で行う。

     佐藤騎手は同レースでスズキンショウ号に騎乗して、最後の雄姿をファンに披露する。

    きよ姫の雄姿(2007年3月24日、リッキー引退レースで==撮影・横田




     馬券を人情で買うから失敗する。分かっているけど、これは仕方ない。ばんえい競馬は「情けに流される」ことが似合う。
    30日、今年最後の重賞はオイドンに決まっている。ほかは買わない。

    =写真は鈴木勝堤騎手が引退の日に乗ったオイドン
    (1)常にAー1で勝ち続ける見事さ。弱者を相手に勝ったりしない。卑怯な勝ち方はしない。
    (2)11月に引退した「しょうていさん」(鈴木勝堤元騎手)が手塩に掛けた馬である。
    (3)鈴木邦哉調教師は、私と同い年(56歳)である。ちなみに馬で言えば13歳、ゴールデンバージも私たちと同年代である。
    (4)オイドンは帯広の佐々木啓文さんの産駒、佐々木さんが馬主である。佐々木さんは、ばんえい存続に奮闘した方である。
    (5)乗り手は、今年1000勝達成、十勝・陸別町出身のサウスポー大口泰史(やすし)騎手である。やすしはとてもいい奴だ。
    (6)サウスポーの大口騎手をゴール地点で最も写真に撮りやすい1コースに入った。
     理由は、以上の通り。(ばんえい番記者=横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全33件中)
    著作権 十勝毎日新聞社