΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    ばん馬の深い表情が心を打つ太田さんの写真集カレンダー

    - 2010年11月1日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝、ばん馬の生産農家などに約4年間通い続けてきた写真家太田宏昭さん(東京在住)の「ばんえい競馬『光と砂』2011カレンダー」が完成、帯広競馬場やJRA各競馬場などで全国発売され好評だ。NPO法人十勝馬文化を支える会(柏村文郎理事長、会員330人)の東京支部メンバーと太田さんが共同して作り上げた。

     太田さんは能楽写真の大家。国内外で馬も愛情を込めて撮り続け、ばん馬は2007年1月から来勝して競馬場などで取材、競走馬の深い表情などを表現して感動を与えている。今年3月から東京、大阪、札幌のキヤノンギャラリーで巡回展を開催、6月には帯広競馬場でも開いて、作品をきゅう舎に寄贈した。

     カレンダーは、8月に東京・大井競馬場でのPR行事に集まった同会東京支部の懇親会で太田さんと会員のデザイナーが話し合い、ばん馬を全国に知らせて余剰金をばんえい振興に使う目的で企画した。B4判中とじ28ページ。36点の写真は今は亡き名馬ミサイルテンリュウ号の雄姿、引退した名牝アンローズ号が妊娠して三井牧場(帯広市)で過ごす様子、チヨノキング号の子馬(広尾町)、コブライチ号の深い表情など心に響く。

     支える会の旋丸巴専務理事は「いいシーンを撮っている」と感動、太田さんは「発売開始後『バスをチャーターして帯広競馬場に行くことにした』などと反響があった」という。

     1部1500円、帯広競馬場内の総合案内(開催日)、支える会のホームページhttp://umabunka.com/で購入できる。

     問い合わせは同会(0155・67・6890)へ。(横田光俊)


    おおぐち・ひろし
     1969年、陸別町生まれ。陸別小、陸別中卒業後、きゅう務員に。騎手に合格して91年4月初騎乗、同年6月初勝利。今月24日に1万1120騎乗目で通算成績1000勝を達成した。北見市に妻と長女(小学3年)。趣味は釣り。

    - 2010年10月31日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     十勝が生んだガッツあふれるサウスポー騎手が、ファンの期待に応えて1000勝を達成した。史上20人目、現役では9人目。ばんえい競馬が存続の危機に陥った2006年冬、存続運動の先頭に立つ大口騎手の姿があった。新生競馬発足後も、ファンへのサービス精神が最も光る騎手に「ひろし頑張れ」の声援が飛ぶ。帯広競馬場で笑顔が輝く騎手に聞いた。(文・横田光俊、写真・塩原真)

    ファンあってのばんえい、騎手は商品

    仕事は積み重ね
     −念願の大台達成、おめでとうございます。
     いやあ、ほっとしました。ファンの皆様、騎手の諸先輩に祝っていただき感謝してます。苦しい時の方が多かったのです。ここ数年、ようやく乗れるようになってきた感じです。自分の考え方で一生懸命、馬を調教して、考えてレースに臨む。その結果、勝ちが続けば馬主さん、調教師の先生に数多くの馬に乗せてもらえるようになる。すぐにできるものではない。騎手の仕事は積み重ねだと思います。

     −中学卒業後、15歳できゅう務員。つらくなかったですか。
     ばんえい競馬の神様と言われた名調教師・中西関松さんの下で2年間。中西先生が引退後は西邑春夫調教師に鍛えられてきました。「やめて帰るわけにはいかない」と辛抱し続けて、西邑先生から「そろそろ騎手を目指したら」と言われて、学科合格まで3年、実技合格までさらにかかりました。当時は何十人も騎手試験を受ける時代でしたから。有名な騎手になろうと目標があったから頑張れました。

     −思い出の馬は。
     03年に初めて重賞(旭川記念)を取らせてもらったユミタロウ号(西邑きゅう舎、生産者は帯広・佐々木啓文さん、馬主は陸別・石橋強さん、08年引退)。初レース勝利、引退レースも勝利。最初はソリを引かせようとしてもそっぽを向いて一歩も動かない偏屈な性格でした。しかし動きだしてからはスピードもある、力もありました。

    レース見てほしい
     −帯広競馬場で左利きの騎乗はファンの方を向く格好になります。ファンサービスに熱心ですね。
     ファンあってのばんえい十勝です。騎手は商品だと思っています。ばんえい競馬が無くなりかけた時には、知り合いにもばんえいの魅力を分かってもらおうとがむしゃらに動きました。今年はお客さんが増えてくれてうれしいです。とかちむらに初めて来たお客さんにも、ぜひ競馬場でレースを見て馬券を買ってほしい。ヤマ場の第2障害に挑む姿、その迫力を見て感動してほしいですね。



    「あがり框」店内で創作に打ち込む谷歩さん(右)と、個展を企画した中村さん

    - 2010年10月31日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で唯一の女性調教師、画家として活躍する谷歩(あゆみ)さん(41)の初の個展「歩(あゆみ)」が11月3日から、帯広競馬場近くのコミュニティーカフェ「あがり框(かまち)」(西10南5)で開かれる。同店に集まり、毛糸絵画「ネアリカ」を共に創作する仲間が、あふれ出る谷さんの才能に感動、プロデュースする。「調教師・谷あゆみ」から、「アーティスト・谷歩」の第一歩が踏み出される。

     奈良県出身の谷さんは幼少時から馬の絵を描いてきた。動物を飼いながら絵を制作する夢のために帯畜大に入学、卒業後に谷川牧場(日高管内浦河町)でシンザン(戦後初のJRAクラシック三冠馬)を世話。たまたま帯広で見たばんえい競馬に魅了されてきゅう務員になった。体調を崩して一時帰郷したが、再び戻って2005年に調教師に合格、翌年開業した。

     谷さんは調教の仕事と同時に絵を描き続け、作品はばんえい十勝のPRで多数採用された。缶ビール、手ぬぐい、のれん、グラスセットなどのほか、競馬場内の雪の滑り台での巨大絵画も1人で描き上げて感動を与えた。

     今年9月、競馬場近くのカフェ「あがり框」を訪れた谷さんは、経営する中村千代子さん(57)らが仲間と自由な発想で毛糸を台紙に張って作る「ネアリカ」に出合い、競馬の開催日以外はほとんど毎晩、来店するようになった。

     「ここに皆でいると気持ちが変わる」と谷さんは卵から生まれる天使の姿を明るい色調のネアリカで描いている。谷さんの学生時代からの作品はデニム地の服に描いた刺しゅうのほか、墨絵、切り絵、イラストなど数多い。中村さんは「これは宝の山。この才能を世の中に知らせて売り出したい。画集も出版したい」とプロデュースを決意、11月3日から22日までのロングラン個展を企画した。

     個展では多数の作品の中から厳選して並べ、会期中に入れ替える。同9日午後6時からは谷さんとの茶話会も開く。中村さんは「谷さんから馬は引き離せないが、重いソリ(=調教師の立場)から離れて、画家・谷歩として評価されるようになってほしい」と願い、店内で創作に打ち込む谷さんは「ありがたいです」と感謝する。

     個展の開催時間は各日午前10時〜午後6時(日曜日定休)。問い合わせは同店(0155・67・5283)へ。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4   

    表示件数 16-18  (全18件中)
    著作権 十勝毎日新聞社