΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    鈴木勝堤、佐藤希世子騎手が引退
    2010年11月8日(月)
    - 2010年11月7日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝のベテラン鈴木勝堤(しょうてい)騎手(51)と、ばんえい競馬史上2人目の女性ジョッキーとして活躍してきた佐藤希世子騎手(35)が今年限りで引退することが6日、発表された。

     鈴木勝騎手は岩手県遠野市出身。1981年初騎乗、通算成績は2307勝、うち重賞40勝。2008年秋に脳髄膜腫を患って手術を受け、昨年10月に復帰、名騎乗を見せてきた。「若い騎手に頑張ってもらおうと思った。今後は地元旭川で馬を生産、育成する立場からばんえい競馬とかかわっていきたい」と語る。22日に最終騎乗の予定。

     佐藤騎手は札幌市出身。02年初騎乗、06年には女性騎手初の100勝を達成、ばんえい競馬の広告塔として活躍した。通算成績144勝。「現在、けがで騎乗していないが、最後は皆さんの前でレースができるよう治療に専念している。引退後は未定だが、新たな一歩を踏み出したい」とコメントしている。(横田光俊)


    谷歩さんの才能があふれる個展会場

    - 2010年11月3日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で唯一の女性調教師で画家の谷歩(あゆみ)さんの初の個展「歩(あゆみ)」が3日から、帯広競馬場近くのコミュニティーカフェ「あがり框(かまち)」(西10南5)で始まった。

     幼少時から馬の絵を描いてきた谷さんが、帯畜大在学時代につくった刺しゅうから、墨絵、切り絵、イラスト、帯広の中学生・中村嘉磨智(かまち)君の詩とコラボレーションした毛糸絵画「ネアリカ」の作品など約100点が並ぶ。谷さんの幅広い才能に触れられ、気に入った作品はポストカード(1枚・150〜200円)にできる。9日午後6時からは谷さんとの茶話会も開かれる。

     個展の開催時間は午前10時〜午後6時(日曜日定休)。22日まで。問い合わせは同店(0155・67・5283)へ。(横田光俊)

    - 2010年11月3日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で12月12日に開かれる3歳以上馬齢選抜の新設重賞レースの名称は、公募の結果「ドリームエイジカップ」に決まった。10月2日から名称を募集したところ全国から658件の応募があり、近藤一也さん(オホーツク管内滝上町在住)が命名した名称が採用された。同レースは3、4、5、6歳と7歳以上の5世代の通算収得賞金上位2頭ずつで競う世代対抗戦として注目される。


    1000勝達成で花束を受け取り笑顔の鈴木恵介騎手

    - 2010年11月2日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で昨シーズン、前人未到の年間200勝を達成した鈴木恵介騎手(34)=服部義幸きゅう舎=が今季も快進撃を続け、1日も3勝を挙げて通算1002勝(今季111勝)として史上21人目、現役10人目の1000勝ジョッキーになった。2008、09年度の最多勝(リーディング)騎手でファンには「若大将」と大人気。「次の目標は(最高峰重賞の)ばんえい記念制覇と3年連続のリーディング」と決意を語る。

     1日の第5レースでスーパートップヒメ(牝3歳、長部幸光調教師)に騎乗して快勝、大台達成で鈴木騎手はガッツポーズ、観客席に向かって手を挙げて声援に応えた。「緊張はしていなかったが『早く1000勝取れ』と周りがにぎやかで。うれしい」と丸い顔に笑みを浮かべた。第9、第10レースも連勝した。

     渡島管内森町出身。祖父がばん馬の生産者、草ばん馬大会の出場者で、その影響で森高校卒業後にきゅう務員になった。1998年に騎手デビュー。門脇税(ちから)きゅう舎、金山明彦きゅう舎を経て服部きゅう舎に所属、名調教師の下で力を蓄えた。初の重賞(2002年・ホクレン賞)を獲得した名牝サダエリコ号(金山きゅう舎、通算34勝)は「難しい馬だったが、鍛えられた」。一昨年度には遂に年間最多勝(172勝)、昨年度は記録(173勝)を大幅に塗り替える200勝で2年連続のトップだった。「多くのいい馬に乗せてもらったおかげ。感謝したい。応援よろしくお願いします」と活躍を誓う。

     表彰式は7日(時間未定)に行われる予定。(横田光俊)



     
    テンマデトドケが勝利・菊花賞
    2010年11月1日(月)

    先行馬をごぼう抜きして勝利したテンマデトドケ

    - 2010年11月1日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    後方から一気の差し
     ばんえい十勝は10月31日、3歳オープン三冠重賞レースの第2弾となる第35回菊花賞(BG2)を行い、同世代トップの実力を持ちながら今季勝ちがなかった5番人気のテンマデトドケ(牡、服部義幸調教師、大河原和雄騎手、馬主は幕別町・石川達敏さん、生産者は池田町・坂東孝一さん)が後方から一気の差しで勝利、重賞3勝目を挙げた。タイムは1分58秒2(馬場水分1.5%)。2着はタケノビジン(牝、今井茂雅調教師、安部憲二騎手)、3着はトレジャーハンター(牡、金田勇調教師、鈴木恵介騎手)。

     トップハンディのばんえい重量720キロを引きながらも(6)テンマデトドケの力が際立った。第2障害までの道中も後方に位置して勝機をうかがい、第2障害は(9)トレジャーハンターが真っ先に降りて先行、(6)は6番手で降りたが一気に加速して先行4頭を次々に抜き、ゴール際で詰まった(9)もかわして鮮やかな逆転劇を演じた。(横田光俊)

    5キロ増勝利につながる テンマデトドケ
    きゅう舎一丸で体調戻す

     「きゅう舎のスタッフ全員でテンマデトドケの体調を戻すことに全力を挙げた。前走(10月23日)から体重5キロ増。その5キロが大きい。最後の勝利につながった」と大河原騎手は強調した。

     昨シーズン、2歳でナナカマド賞(昨年9月)、新馬の最高峰イレネー記念(今年3月)を制覇、世代トップに立った。しかし稼ぎ頭の宿命で、今季はハンディをもらいクラス上との戦いを強いられて9戦0勝と苦しみ続けた。「夏には猛暑で食が細った。担当の大野哲広きゅう務員をはじめ全員で世話して、今回にぎりぎり間に合った」(服部調教師)と明かす。

     この馬は先行でも後方からの差しでも自在に勝てる力がある。前半は後方に位置し、第2障害でもほかの馬が仕掛けても動じなかった。「馬からの『行きたい』というサインに合わせて上った」(大河原騎手)と馬の力に合わせ、後半は驚異の末脚。「そりゃー」と大河原騎手の気合と同時に先頭でゴールを切った。

     今後も「出走ローテーションは難しいが、期待の馬。頑張る」(服部調教師)。「性格は身勝手な馬だが、力がある。ハンディをもらってもクリアすることが、上に行く馬の条件。キタノタイショウ(牡4歳、服部きゅう舎、重賞3勝など18勝)のいいライバルになってくれたら」と1歳上の世代トップ馬と競り合える馬にじっくりと育てていく。


    重賞3勝目を挙げたテンマデトドケ(馬の右が服部義幸調教師)



    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全18件中)
    著作権 十勝毎日新聞社