΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    引退記念レースのオイドンで豪快な騎乗を見せる鈴木勝堤騎手

    - 2010年11月23日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は22日、鈴木勝堤騎手(51)=鈴木邦哉きゅう舎=の引退記念レース、セレモニーを行い、名ジョッキーの最後の雄姿にファンが声援を送った。この日に7回騎乗した同騎手は1勝を挙げ、生涯成績は29年間で1万7850戦2313勝(うち重賞40勝)、歴代6位の勝利数だった。

     年間最多勝を4回(2002年度、06年〜08年度)獲得している名手の騎乗は最終まで話題を呼んだ。第6レースにライデンホマレ(牡5歳)で勝利。第9レースの「鈴木勝堤騎手引退記念」レースでは重賞ナナカマド賞(10月11日)を制している期待の新馬オイドン(牡2歳)で豪快騎乗を見せて4着だった。

     最後の騎乗となった第11レースはナリタボブサップなど豪華メンバーの特別戦。ウメノタイショウ騎乗の同騎手は第2障害でまさかの転倒、ほかの馬に影響を与えたとして戒告処分を受けるおまけ付き。「最後まで波瀾(はらん)万丈。いやあ、終わった」と苦笑いしながらゴール地点で報道陣と握手を交わした。

     最終騎乗を終えて引退セレモニーに臨んだ。娘婿の鈴木恵介騎手から花束を受け取ると「よろしく頼みます」と若手騎手に競馬の将来を託し、孫4人から花束をもらって笑顔がはじけ、後輩騎手から胴上げされた。一時代を築き、明るい性格・厚い人望でファンを獲得したスター騎手は今後、旭川で競走馬の生産・育成に打ち込む。(横田光俊)

     
    引退の鈴木騎手 29年間振り返る
    2010年11月22日(月)

    思い出の重賞レースの肩掛けを手に騎手人生を振り返った鈴木勝堤騎手

    - 2010年11月22日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    幸せな生活だった 次は名馬生産を
     ばんえい十勝を盛り上げ、22日で引退の名ジョッキー鈴木勝堤(しょうてい)騎手(51)=鈴木邦哉きゅう舎=のトークショーが21日午後、帯広競馬場で行われ、同騎手は1億円馬アサギリ号と獲得した重賞レースの肩掛けを手にして29年間の騎手人生を振り返り「幸せな生活だった。今後は生産者としてばんえい十勝を後ろから支えたい」とさわやかな笑顔で語った。

     鈴木騎手は岩手県遠野市出身。水沢競馬の騎手を目指したが兄・邦哉さんを頼って1979年、ばんえい競馬のきゅう務員に。81年に騎手デビュー、通算成績は2312勝、うち重賞40勝。2008年秋に脳髄膜腫の手術を受け、09年10月に復帰していた。

     トークショーは鈴木騎手が獲得した重賞レースの肩掛けが並ぶ前でアナウンサー小枝佳代さんの司会で行われた。思い出のレースは「若いころにアサギリ号で勝利した1991年のグランプリ」と肩掛けを手にし、引退の決意は「病気で1年休んだ後、何とか元気な姿をファンに見せることができた。潮時は雪が降る前に(家がある旭川に)帰ろうかなと、あす(22日の引退)を選んだ」と語った。

     22日の引退記念レースでも騎乗のオイドン号(牡2歳)は「初めて触った時に『ものが違う。(新馬重賞レースの頂点)イレネー記念が取れる』と思った。自分の手でイレネー記念を取れなかったのが少し心残り」と述べた。ばんえいの若手騎手には「自分の持つ技と考え方のほとんどを伝授した。今後は(家の)牧場で馬を調教して、来年走る馬をつくってこようと思う」と決意を述べ、会場を埋めたファンから「いい馬つくってくれ」と声援を浴びた。同騎手は22日の第11レースで最後の雄姿を見せた。(横田光俊)

    - 2010年11月19日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で今月引退する鈴木勝堤(しょうてい)騎手(51)=鈴木邦哉きゅう舎=の引退関連行事が20日から帯広競馬場で行われる。

     スタンド1階(22日まで)では往年の名レースの映像放映、獲得した重賞レースの肩掛けを展示、同騎手へのファンのメッセージを受け付ける。21日午後1時45分からは表彰台で同騎手のトークショー。22日に引退セレモニー(時間未定)を行う。

    - 2010年11月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝で7カ所目の直営場外として9月25日にオープンした網走場外発売所の愛称が「アプスポット網走」に決まった。一般公募で81件の応募があり、北見市の長瀬達也さんが命名した名称が採用された。「アプ」はアイヌ語で流氷。発売所がある商店街「アプト・4(フォー)」とも近い名称として選ばれた。




    ファンの質問に笑顔で答える谷さん

    - 2010年11月10日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    創作の原点など語る
     ばんえい十勝で唯一の女性調教師で画家の谷歩(あゆみ)さんの初の個展「歩(あゆみ)」が開かれているコミュニティーカフェ「あがり框(かまち)」(帯広市西10南5)で9日午後6時から、谷さんとファンの茶話会が開かれた。

     谷さんの刺しゅう、切り絵、イラストなどが並ぶ会場に20人が集まり、谷さんは質問に答えて「小さいころ、奈良県の実家に紙があって絵を描き始めた。絵画教室の先生が自由に描かせてくれた。小・中学校の美術の先生も褒めてくれて伸ばしてもらった。高校時代は油絵で色を出すのが得手でなく切り絵がメーンだった」と創作の原点を披露。

     高校生の夏休みに三重県の酪農家でアルバイトして「牛に触りたい」と思い、「生き物をなりわいにして絵を描ければ」と帯畜大に進学。バイク旅行もした学生時代を語った。現在、調教師で活躍しながら夕方などに画作に取り組んでいる。

     会場のファンからは「谷さんの作品に感動して、帯広競馬場に本州からも観客が来ている」「谷さんをもっと有名にしたい」と応援する声が続々と出た。

     個展は22日まで。時間は午前10時〜午後6時(日曜日定休)。イラスト・切り絵の作品などはポストカードにして購入(1枚150〜200円)できる。問い合わせは同店(0155・67・5283)へ。(横田光俊)

    << 前へ 1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全18件中)
    著作権 十勝毎日新聞社