΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年11月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(7)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • ばんえい馬 チャグチャグ馬コ披露 [9/19]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2010年11月30日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬の支援団体や騎手、調教師など6団体が、ばんえい競馬振興連絡協議会を設立する。ばんえいにかかわる組織が横のつながりを強め、世界で一つの競馬や十勝の馬文化の継続に向けた活動を行う。12月1日に帯広商工会議所で設立総会を開く。

     構成団体は、経済界を中心としたばん馬と共に地域振興をはかる会(川田章博会長)のほか、十勝馬事振興会(佐々木啓文会長)、ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)、NPO法人とかち馬文化を支える会(柏村文郎理事長)、ばんえい十勝騎手会(藤本匠会長)、ばんえい十勝調教師会(岡田定一会長)。

     振興をはかる会が呼びかけた。各団体は生業や地域振興、観光資源、馬文化の継承など、ばんえい競馬が地域に必要で開催継続を望む方向は一緒だったが、連携した動きはなかった。設立後は同競馬の普及、啓蒙(けいもう)や国への要望などの活動が想定される。

     主催者や運営者とは対等な立場を持つため、帯広市やオッズパーク・ばんえい・マネジメント、競馬場の敷地を所有する十勝農業協同組合連合会などは、賛助団体として参加を呼びかけた。川田会長は「振興策を行う中でも各団体の都合や方向がばらばらだった。言うことは一つで、団体の必要性はあった」と話している。(安田義教)


    圧巻の独走で完勝したダイリンビューティ(細川弘則騎手)

    - 2010年11月29日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は28日、帯広競馬場で3歳牝馬ナンバーワンを決める「第35回ばんえいオークス」(BG1)を行い、2番人気のダイリンビューティ(小林長吉調教師、細川弘則騎手、馬主・生産者は石狩市の早坂末光さん)が第2障害を先頭で越えて独走、2着のキクスイナイト(谷あゆみ調教師、工藤篤騎手)を8秒以上突き放し、重賞2勝目を挙げた。タイムは1分32秒4(馬場水分3%)。3着はヒロノクィン(西康幸調教師、西謙一騎手)だった。

     ばんえい重量670キロの定量戦。ダイリンビューティの強さが際立ち序盤から他を引っ張った。第2障害もほぼ同時に仕掛けたタケノビジンがひざを折る中、ひと腰でクリア。そのまま自慢の末脚で快走し、最後まで後続を寄せ付けず完勝した。(関根弘貴)

    実を結んだ山対策 小林調教師細川騎手 「驚くほどの出来」
     山(第2障害)対策が実を結んだ勝利だ。

     9位に終わった前走(15日、とかち足寄賞)以後、「辛抱するような調教に切り替えた。じっくりと山を登らせることで山を越えるときの腰の入れ方を馬の体に覚え込ませた」と小林長吉調教師。今回よりも軽馬場(3・5%)だった前走で「一つ、二つ引っ掛かっていた」(小林調教師)障害をひと腰でクリアし、独走でゴールまで駆け抜けた。

     馬体重はマイナス10キロだったが「調教で絞れただけ」(小林調教師)と万全の態勢。得意の軽馬場の後押しもあって第2障害までの道中にもゆとりがあった。「ある程度、前で競馬しようと思っていた」という細川弘則騎手の想像を超える快走だった。

     「先行しても無理に引っ張っていた感じ」(同)という過去の印象を払しょくしてからは独壇場。第2障害を降りてからは、後続を寄せ付けなかった。小林調教師、細川騎手が「驚くほど最高の出来」と声をそろえる圧巻のレースだった。

     「第2障害まで先行し、山を一番先に降りる」というイメージ通りの展開での勝利に小林調教師は大満足の様子。今後は「性根と力をマッチさせて、さらに強くする」つもりだ。細川騎手も「将来は、ばんえいを代表する馬になってほしい」と期待していた。


    ふるさと納税でばんえい支援を」と訴える須田さん

    - 2010年11月28日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の応援活動を続ける競馬評論家須田鷹雄さん(東京、須田鷹雄商店社長)が、ふるさと納税制度によるばんえい競馬振興基金への寄付を全国の競馬関係者・ファンに呼び掛けている。この呼び掛けで昨年は国内の著名競馬関係者らから個人の現金寄付75件約1514万円が集まる成果を生んでいる。同制度では寄付のほぼ全額が控除される仕組みで、納税者が税の使い道や貢献したい自治体を選べるメリットがある。須田さんは「ばんえい十勝を応援したい全国の人々の気持ちをくみ上げることができる」として今年も12月末までの寄付手続きを訴えている。

     ばんえい競馬振興基金は2007年の新生競馬開始に際して馬主協会、調騎会が寄付した基金を元に始まり、翌年から帯広市へのふるさと納税(「おびひろ応援寄附金」)対象事業になった。昨年秋に須田さんがこの制度に着目、知人の著名競馬関係者らに呼び掛けたところ、市企画課によると個人で75件計1513万9544円の寄付が集まった。市の対象14事業での同年の寄付計97件1695万5544円の大半を占めた。

     昨年は全国のふるさと納税対象事業で競馬振興は帯広市だけだったため競馬関係者に注目されたが、今年は日高管内日高町でホッカイドウ競馬応援事業が新たに入った。しかし須田さんは「ばんえい競馬を応援したいという人は全国にいる。十勝にばんえい競馬があるために道外からお金が集まるという例がこの制度」とばんえい十勝の存在意義を強調する。

     同制度では例えばその年の課税対象額200万円の人で、寄付金控除上限の目安は3万円。12月末までに市に寄付、受領証明書をもらって翌年3月末までに確定申告すれば住民税の控除などが受けられる。実質上、税の使い道と納付先を指定できる。オッズパーク・ばんえい・マネジメントは「寄付金により施設整備やイベント開催ができる。帯広が古里ではない納税者も、帯広の納税者も、幅広くばんえい応援のために利用できる制度」としてばんえい十勝のホームページ(http://www.banei-keiba.or.jp/)でもPRを進めている。(横田光俊)


    - 2010年11月25日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は28日の3歳牝馬限定の重賞レース「第35回ばんえいオークス」(午後5時10分発走予定)にちなみ、レディースデーを同日行う。

     女性の帯広競馬場入場が無料となるほか、女性限定の模擬レース・プレミアムラウンジ利用・馬券購入券1000円分贈呈・騎手との記念撮影など「チャレンジばんえい」(事前申し込み・電話0155・34・0825)、ソメスサドルのショルダーバッグなどが当たる「女性限定ばんえいオークス勝ち馬予想大会」(午後1時10分〜同5時10分、確定前馬券1000円分提示で1口応募)を行う。

     またこの日は2007年度までの市営競馬組合開催時代に北見競馬場で名物だったお焼き「ばんば焼き」が復活、北見場外発売所で限定販売(1個100円)するほか、開門(午前10時半)から先着50人にプレゼントする。

    - 2010年11月24日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬馬主協会は27、28の両日、帯広競馬場(西13南9)内の「とかちむら」で、ばんえい十勝の「馬券プレゼント&ガイドツアー」を行う。

     とかちむら内の各店舗で500円以上の飲食・買い物をしたことを示すレシートを持参、両日とも午後0時55分(先着60人)、同2時5分(同40人)に100円の単勝馬券をプレゼントする。

     ガイドツアーは両日とも同1時20分、同2時半の2回行い、レース観戦を案内する。

    1 2 3 4 次へ >>  

    表示件数 1-5  (全18件中)
    著作権 十勝毎日新聞社