΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2010年10月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    限定メニュー提供
     ばんえい十勝は10日、帯広競馬場のばん馬堆肥(たいひ)から生産している名品マッシュルームを全面的にPRする初の「とかちマッシュデー」を行う。場内の飲食コーナー、とかちむらのキッチン各店で同マッシュを使った限定メニューを提供する「とかちマッシュジャック」のほか、全12レースを同マッシュ生産の鎌田きのこ(帯広市川西町、池内幸介社長)が協賛する。

     同競馬場と、とかちむらで1つの食材を1日限定でメニュー提供するのは初の試み。午後1時半からは「マッシュくん塗り絵」(先着30人、塗り絵参加者に同マッシュ1パックを贈呈)、同2時からは「とかちマッシュ重さ当てクイズ」(確定前馬券1000円以上提示で応募用紙1枚配布、景品は同マッシュ1箱を上位5人にプレゼント。結果発表は同4時半ごろ)を行う。





    - 2010年10月9日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬騎手会(藤本匠会長、会員29人)は8日午後6時から、帯広競馬場スタンド南側でファンとの交流会を初めて開いた。家族連れのファン約50人が集まり、騎手提供のレアものグッズが当たるじゃんけん大会などで盛り上がった。

     藤本会長は自身の3000勝達成記念グラス、鈴木恵介騎手と工藤篤騎手は貴重な勝負服、松田道明騎手はサイン入り置き時計など、豪華な景品を提供して力いっぱいの大サービス。

     料理の方も藤野俊一騎手が腕を振るって自慢の海鮮焼きそば、大口泰史騎手が豪快にフライドポテトを作るなど盛りだくさん。安部憲二実行委員長は「これだけ喜んでもらえたのでぜひ次回もやりたい」。レース同様、ファンサービスにも、ばんえい競馬の騎手たちは全力を尽くす。



    - 2010年10月6日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     STV(札幌テレビ)の人気番組「どさんこワイド179」が7日午後3時48分から同5時48分までの時間枠で、帯広競馬場内「とかちむら」から明石英一郎、西森ちほ両アナウンサーの出演で公開生放送を行う。ばんえい十勝で「ハッチャキ」に頑張る関係者を紹介、明石さんの人間ばん馬体験なども放送する。全道に十勝の笑顔を送る観客の参集を呼び掛けている。

     「どさんこ−」は夕方のローカルワイド番組で最高の視聴率を誇る。来年の20周年に向けて「ハッチャキ!どさんこ、十勝キャラバンinとかちむら」を企画、昼前のPR中継も含めて夕方まで明石さんらが現場に張り付き、オンエア枠は計10回。ばんえい十勝で初の本格的なテレビ生中継となる。

     2人のアナウンサーはミルキー号の馬車に乗って登場、とかちむらの産直市場で売られている十勝の新鮮食材、飲食店の逸品メニューとそれを作る人々を次々に紹介する。

     また、とかちばん馬まつり(16、17日)で行われる人間ばん馬を明石さんが体験、“中高年の星”ゴールデンバージ号など競馬の話題も次々に放送し、中継時間外は観客とのゲームなどを楽しむ。

     準備に取り組んできた五十嵐広美STV帯広放送局長は「地元の人々と楽しく放送するのが番組の目的。十勝の皆さんの笑顔を全道に紹介したい。大勢の方に集まってほしい」とPRしている。(横田光俊)



     
    ばんえい12月の新重賞名称公募
    2010年10月6日(水)
    - 2010年10月5日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は、12月12日に実施する新設重賞レースの名称を公募している。3歳、4歳、5歳、6歳と7歳以上の5世代から通算収得賞金上位各2頭が出走する世代対抗戦。名称はレースの特徴の「馬齢選抜」を分かりやすく表現し、親しみやすく、短いものが望ましい。

     応募は(1)帯広競馬場、直営場外で応募用紙に記入(2)公式ホームページ(http://www.banei-keiba.or.jp/topics/jushokoubo.html)から(3)名称案とその由来、住所、氏名、電話番号、Eメールアドレス(ある人のみ)を記入して郵送(〒080・0023帯広市西13南9、帯広競馬場内、オッズパーク・ばんえい・マネジメントあて)−の各方法で。24日午後6時締め切り。採用者のうち1人を帯広競馬場に招待(旅費は上限3万円まで)、不採用者から抽選で5人にとかちむら特産品セットが贈られる。




    バラを使ったヘアアレンジが人気だったフェスタ会場

    - 2010年10月4日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    競馬場 バラでいっぱい

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)は3日午後2時、初の女性向けイベント「キラ☆もりバラフェスタ」を帯広競馬場で開いた。バラを使ったヘアアレンジなど「かわいい」がいっぱいのイベントで、おしゃれをした女性でにぎわった。

     競馬場スタンド南側の特設会場入り口からバラで装飾された「バラロード」が設けられ、バラのアクセサリーを使ったプロの手によるヘアアレンジ、ネイルアートなどに若い女性や家族連れが大勢訪れた。競馬場を初めて訪れた市内の20代の女性は「施設もきれいで楽しい」と笑顔。

     この日のメーンレース「楽天競馬杯紅バラ賞」はたてがみをきれいに飾り付けた4歳牝馬10頭が出走、1番人気のホクショウマドンナ号(藤野俊一騎手、大友栄人調教師)が勝利し、女性ファンを喜ばせた。(横田光俊)


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 26-30  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社