΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年12月(2)
2017年11月(15)
2017年10月(11)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • ナカゼンガキタが重賞初制覇 ばんえいオークス [12/4]
  • コウシュハサマー有力 ばんえいオークス [12/2]
  • オイドン号引退 種牡馬に [11/28]
  • ファンや馬、家族らに「ありがとう」 大河原騎手インタビュー [11/27]
  • 人気ジョッキー大河原和雄騎手の引退セレモニー [11/27]
  • センゴクエース逆転勝利、ばんえいドリームエイジ杯 [11/27]
  • ばんえいドリームエイジカップ予想 [11/25]
  • 26日大河原騎手とオイドン号の引退セレモニー ばんえい十勝 [11/25]
  • ばんえい大河原騎手、調教師免許試験に合格 [11/18]
  • ばん馬の足元も冬仕様 蹄鉄付け替えシーズン [11/16]
  • カレンダーで十勝発信 [11/13]
  • ブルーオーシャン4歳女王に ばんえいクインカップ [11/13]
  • ブルーオーシャン有力 あすクインカップ [11/11]
  • ばんえい冬支度 コースの砂障害を撤去 [11/7]
  • コウシュハサマー重賞初制覇 ばんえい菊花賞 [11/6]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    上:力には自信のある「警備のプロ」がそり引く「ALSOKセキュリティズ」
    下:ガンダムなどのキャラクターで会場を盛り上げる「(株)シバタの仲間GZV3」


    - 2010年10月14日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     16、17日に帯広競馬場で開催される「ばん馬まつり」の催しの一つとして「2010ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」(17日)が開催される。ばんえい競馬で力強くそりを引くばん馬を人間に置き換えたレースで、管内外の力自慢や馬産農家、仕事仲間らで作るバラエティー豊かな28チームが出場し優勝賞金88万円を懸けて激突する。注目の2チームを紹介する。

     初出場の注目チームは、北海道綜合警備保障帯広支社(帯広市西10南2)の社員で構成する「ALSOKセキュリティズ」(帯広)。そりを引くのは、普段、警備や現金輸送などをに従事する屈強な5人の「警備のプロ」。加藤敏紀支社長は「十勝・帯広の文化であるばんえい競馬を盛り上げ地域振興につなげたい」と話し、野上博文監督は「ALSOKは『強いんだぞ』というところを見せたい」と意気込みを語る。おなじみのフレーズ「1、2、3、4、ALSOK」の掛け声で優勝を目指す。

     昨年、会場で写真撮影を求められるなど、注目を集めたガンダムが再び帯広競馬場に立つ。「(株)シバタの仲間GZV3」(帯広)は自動車部品販売などを手掛ける「シバタ」(同市東1南10)の従業員6人でエントリー。精巧に作られたガンダムは今年も健在。今年は“秘密兵器”として「マジンガーZ」も投入する予定という。昨年は無念のリタイアだっただけに、リーダーの澤座弓人さんは「チームワークで完走するとともに会場を盛り上げたい」と話し、優勝&パフォーマンス賞を目指す。(大谷健人)




     
    ばんえい十勝 16日から昼間開催
    2010年10月14日(木)
    - 2010年10月14日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は16日から昼間開催(開門午前10時、第1レース発走同11時半、最終レース同午後5時25分〜同40分)となる。16、17の両日は、ワールド人間ばん馬チャンピオンシップなど「とかちばん馬まつり」と関連行事が催される。主なイベントは次の通り。

     ▽とかち癒(ゆ)とりフェスタ見本市(16、17日各午前10時〜午後5時、十勝産食品の試食など)▽とかち食べ歩き(同、初披露の「とかちハヤシ」のほか、ご当地メニュー「中華ちらし」「枝豆サラダめん」など提供)▽こども縁日・ミニ4駆コース無料開放(同午前10時〜午後4時)▽2010ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ(17日午前10時半・開会式。同11時半〜午後2時25分・予選、午後4時10分・決勝、同4時50分・閉会式)▽ばんえい獣医診療実演(16日午前11時半)▽ばん馬装蹄実演(17日午前11時半)▽HBCラジオイベント(17日午後1時・おぢさんツインカム・ミニトークショー、同1時半と同2時半・もんすけゲーム)▽重賞レース「第35回クインカップ」(17日午後5時15分)


    圧倒的な強さを見せたオイドン

    - 2010年10月12日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は11日、今季デビューした2歳馬による初の重賞「第33回ナナカマド賞」(BG3、2歳オープン別定)を行い、1番人気のオイドン(牡、鈴木邦哉調教師、鈴木勝堤騎手、馬主・生産者は帯広の佐々木啓文さん)が圧勝で世代トップの座を揺るぎないものとした。タイムは1分30秒(馬場水分4%)。2着はニュータカラコマ(牡、岩本利春調教師、藤野俊一騎手)、3着はフナノコーネル(牡、松井浩文調教師、松田道明騎手)だった。テンポ良く3度刻んで、第2障害までにレースの主導権を握ったオイドン。障害手前で短くもうひと息入れると、真っ先に仕掛けて難なくクリア。障害を下りてからもライバルを寄せ付けず、余裕を持ってゴールを切った。(丹羽恭太)

    カムバック後重賞初勝利 鈴木勝騎手
     2008年秋に脳髄膜腫を患い、昨年10月24日に復帰した鈴木勝堤騎手(51)。「ナイターは体力的にきつい」と苦笑しながらも、今シーズン最後のナイターでカムバック後初の重賞制覇を成し遂げ、多くの騎手仲間やファンの祝福に満面の笑みで応えた。

     ベテラン鈴木騎手の騎乗で、オイドンはデビュー以来10戦8勝と圧倒的な強さを見せている。休養明けの前走を感冒でキャンセルし、今回は1カ月以上空いての出走だっただけに、鈴木邦哉調教師は「ゴール前でバテないか不安はあった」というが、実弟で、通算2302勝の名手勝堤騎手がその不安を一掃する騎乗を見せた。「第2障害までに3回刻めば勝てると思っていた。楽に先頭に立てて、思い通りのレースができた」と会心の勝利を振り返った。

     05年1月のチャンピオンカップを制したミサキスーパー以来、5年10カ月ぶりに兄弟に重賞タイトルをもたらしたオイドン。「初めて見たときから久々の大物だと感じた。競争のセンスが抜群」(邦哉調教師)、「誰が乗っても出世できる馬」(勝堤騎手)と2人から太鼓判を押され、さらなる快進撃に期待が高まる。

     
    ゆるキャラ21体の力走に大歓声
    2010年10月12日(火)

    かわいいゆるキャラの徒競走に家族連れが大喜び(折原徹也撮影)

    - 2010年10月12日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は11日、今季ナイター最終日を迎え、帯広競馬場は各地の癒やし系キャラクターの着ぐるみによる「ゆるキャラ選手権2010」でにぎわった。16組21体が出場、会場は家族連れで埋まり「かわいい」と大歓声。10、11日の連休を含む9日からの3日間の入場者数は昨年比約1・8倍の7179人に上り、売り上げも好調だった。

     同選手権は昨年に続き2回目の開催で、参加キャラも昨年より6組増えた。管内から元気くん(本別町)、しばれ君(陸別町)、ハルニレンジャー(豊頃町)、観光宣隊しんとくレンジャー(新得町)、ぐらんでぃー(鹿追町)のほか、札幌のテレビ父さんなども出場した。

     午後3時すぎ、スタンド前に全キャラが登場すると家族連れなど約300人が集まり、子供たちは各キャラに抱きついて大喜び。音更小3年の畠山瑠那さんは「テレビ父さんがかわいい」と笑顔。

     1回戦の徒競走はしばれ君がトップでゴール、2着ぴぴっとかちまい(十勝毎日新聞)、3着TURFY(JRA)、4着ぐらんでぃー。この上位4着とファン選出のイータ君(帯広税務署)による2回戦・ばんえい模擬レースでは、キヨマサ号(尾ケ瀬馨騎手)騎乗のTURFYが1着に入り、初優勝を遂げた。

     10日は、ばんえい堆肥(たいひ)から作られる名品キノコ「とかちマッシュ」を場内全店でメニュー提供する「とかちマッシュデー」が盛況だった。3日間の各日の売り上げも前年比8〜15%増と好調だった。(横田光俊)



    ばん馬まつりのPR用Tシャツを着て勤務する職員(帯広信用金庫本店)

    - 2010年10月10日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     16、17日に帯広競馬場で開かれる「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)を盛り上げようと、帯広市内の金融機関は8日、ばん馬まつりをPRする特製のTシャツを着て業務を行った。

     ばんえい競馬を応援しようと2008年から実施している。昨年と同様、6金融機関(北洋銀行、北海道銀行、みずほ銀行、北陸銀行、帯広信用金庫、十勝信用組合)が参加した。

     帯広信用金庫本店(高橋嗣明本店長)では窓口業務を行う職員など30人ほどが、ピンクや白のTシャツを着用して接客した。利用客からは「(あしらわれている)ばん馬のキャラクターがかわいい」と好評だった。

     高橋本店長は「帯広・十勝の文化であるばんえい競馬やまつりを盛り上げたい」と話していた。まつり開幕前日の15日にもTシャツを着用して勤務する。(大谷健人)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 21-25  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社