΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     

    【クインカップ】最後の粘りを見せて勝利したホクショウマドンナ(鈴木恵介騎手)

    - 2010年10月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝は17日、新生競馬発足(2007年4月)後最多入場者を記録する中で4歳牝馬オープンの重賞「第35回クインカップ」(BG3)を行い、1番人気のホクショウマドンナ(大友栄人調教師、鈴木恵介騎手、馬主は井内昭夫さん、生産者は芝桜高橋牧場)が第2障害を降りた直後にトップに立ち、同じ大友きゅう舎のヒマワリカツヒメ(安部憲二騎手)の追撃をかわして重賞初制覇。タイムは1分55秒5(馬場水分4.2%)。3着はカツタカラヒメ(岩本利春調教師、大口泰史騎手)。この日は“中高年の星”として全国的人気のゴールデンバージ(牡13歳、山田勇作調教師、松田道明騎手)が第8レースで2カ月ぶりに出走、2着に入った。

     クインカップは将来のばんえい女王を輩出する重要な1戦。前半は3回の休みを刻みながらゆったりとしたペースで進んだ。(1)カツタカラヒメ、(6)コマクインが真っ先に第2障害に挑んだが途中で止まり、(9)ワタシハキレイズキ、(3)ホクショウマドンナがひと腰でクリアした。(3)は障害下であっさりと首位に立って独走。3番手で降りた(5)ヒマワリカツヒメが追撃したが、(3)は脚が鈍りながらも粘って1馬身差で逃げ切った。(横田光俊)


    重賞初制覇を遂げたホクショウマドンナ(馬の右が大友栄人調教師)

    馬体成長、最後押し切る

     ホクショウマドンナが、新生競馬史上最多の観客(7098人)で埋まった歴史的舞台で力を見せた。馬主・井内昭夫さん(空知管内由仁町)の孫・奨馬ちゃん(2歳)がかわいい勝負服を着て応援。父・等さん(33)は元きゅう務員で馬を熟知する。「昨年から強くなった。いい馬になった」と調教を絶賛した。

     同号は大友栄人調教師の下に昨年春に来た。「血統(父・コーネルトップ)、素質ともに十分な馬だが、えさの食いが悪かった。焦らないで大事に体を作った」と同年秋まで時間をかけ、9月からいきなり3連勝。昨季は6勝、2着も9回と活躍し、今季も約2カ月休養後の6月から出走して2連勝など勝ち続けた。

     主戦の鈴木恵介騎手は「以前はゴール前で詰まることもあったが、体重も増えて馬力もついた。馬の能力を出し切るだけ」と決戦に臨んだ。先行型のほかの馬はいたが、雨で軽い馬場ながらもゆったりとしたペースで「道中は楽だった」。第2障害をひと腰で上がり、勝利を確信した。一気に先頭に立ち、終盤で速度が落ちながらも押し切った。「馬の力を信じてうまく乗ってくれた」と大友調教師。

     ばんえいの歴史に残る大友きゅう舎の名牝アンローズ(2009年引退)もクインカップ優勝(02年)を機に頭角を現した。「ホクショウマドンナも馬格がある。体ができればもっと上を狙える」(大友調教師)、「いい牝馬になる」(鈴木恵騎手)と期待を込めた。


     
    「人間ばん馬」に28チーム出走
    2010年10月18日(月)

    必死の形相でそりを引く出場者の姿に、多くの声援が送られた「人間ばん馬ワールドチャンピオンシップ」(17日午後0時10分、帯広競馬場、金野和彦撮影)

    - 2010年10月17日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場の「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)は開催2日目を迎え、17日午前11時半からメーンイベントである「2010ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」が実施された。「人間ばん馬世界一」の称号を懸け、管内外28チームが集結。晴天の下、女性騎手を乗せた150キロの鉄そりを引くレースは白熱の展開が続き、場内やスタンドから大きな声援が送られた。

     「ばん馬まつり」での人間ばん馬は、2008年から管外チームの参加を受け付けて「世界大会」となり、今年で3回目。レースはばんえい競馬で使う実際の馬場を使用。スターティングゲートから女性騎手が発走し、第2障害手前までの110メートルを走って鉄そりに騎乗。高低差1・7メートルの障害を含む残り90メートルを5人で引き、ゴールを目指す。

     午前11時半の予選第1レースには帯広の2チームを含む5チームが出走。出場者は顔を真っ赤にしながらばん馬顔負けの力強さで坂を駆け上がっていき、場内からは大きな声援と拍手が送られた。

     帯広ローターアクトクラブの応援に駆けつけた増田さやかさん(24)と長森祥嗣さん(29)は「練習時間が短かったけれど一生懸命頑張ってくれた。私たちも力をもらった」と健闘をたたえていた。(大谷健人)

     
    ばんえい、昼間開催後半スタート
    2010年10月16日(土)

    昼間開催スタートとばん馬まつりの催しでにぎわう帯広競馬場(16日午前11時40分ごろ。折原徹也撮影)

    - 2010年10月16日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     帯広競馬場で開催のばんえい十勝は16日、昼間開催の後半が始まった。来年3月28日まで計75日間開かれる。場内では「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が開幕。ご当地グルメの提供などの催しに管内外から客が訪れた。17日は人間ばん馬レースが行われる。

     ばんえい十勝は、昼間開催前半(4〜6月)とナイター開催(6〜10月)を終え、昼間開催の後半がスタート。午前11時半発走の第1レースから全12レースが組まれた。17日には第35回クインカップ(BG3、午後5時15分発走予定)が開かれる。

     ばん馬まつりは、地元経済界が中心に企画して4年目。今年はご当地グルメやコーンポタージュ、蒸しカキなどが味わえるフードコーナー「とかち食べ歩き」のほか「こども縁日」「リッキー・ミルキーふれあいコーナー」など多彩な催しを行った。

     午前中は雨天の下、家族連れなどがレースの合間にイベントを楽しんだ。市内の会社員刈田泰さん(39)は子供2人と来場。「子供が馬を見るのが好きで月3、4回は遊びに来ている。あすの人間ばん馬も楽しみ」と笑顔を見せていた。

     17日午前10時半から開会式が行われる「2010人間ばん馬ワールドチャンピオンシップ」では、女性騎手を乗せた150キロのソリを5人が引く迫力のレースを展開する。管内外28チームが参加し、予選(午前11時半)、決勝(午後4時10分)で競う。勝ち馬を予想する大抽選会も開かれる。(安田義教)

     
    16日から「とかちばん馬まつり」
    2010年10月15日(金)
    - 2010年10月15日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     「とかちばん馬まつり」(ばん馬と共に地域振興をはかる会主催)が16、17の両日、帯広競馬場で開催される。ご当地グルメや十勝の秋の味覚などの販売をはじめ、17日には「2010人間ばん馬ワールドチャンピオンシップ」が開催される。また観光スポットを無料で回れるシャトルバスも運行され、味覚と文化、景観などを一度に味わえるイベントとなっている。

     「ばん馬まつり」は2007年から始まり、今年で4回目。ご当地グルメやドーナツ、蒸しカキなどが味わえるフードコーナー「とかち食べ歩き」や「こども縁日」、「リッキー・ミルキーふれあいコーナー」「帯広市畜産フェア」(17日のみ)などの多彩なイベントが催される。

     17日午前11時半からの「人間ばん馬」には管内17、管外11の計28チームが“出走”。女性騎手を乗せた150キロのソリを5人が引き、優勝賞金88(ばんば)万円を目指して激走する。

     同日のばんえい競馬のメーンレースは「クインカップ」(BG3、午後5時15分出走予定)。4歳牝馬ナンバーワンを懸けた乙女の熱い戦いが繰り広げられる。


    「癒とりフェスタ」をより楽しむために製作されたガイドブック

    - 2010年10月15日掲載十勝毎日新聞紙面より -
     
    「とかちばん馬まつり」(16、17日)に合わせ、帯広競馬場を発着点に市内と近郊の観光スポットを巡る無料シャトルバスが初めて運行される。帯広商工会議所が中心となって展開している「とかち癒(ゆ)とりフェスタ」事業の一環として行われる。

     シャトルバスは2ルート。一般市民らによる観光案内人「ライフコンシェルジュ」も同乗し十勝の観光資源について解説する。ルート上の柳月スイートピアガーデンでは、乗車パスを提示すると500円以上の買い物で「十勝この実」が1個プレゼントされる。北斗病院ではパス提示で乳ガン検診割引券がもらえる。

     実行委員会の野村文吾副委員長は「地元の人が十勝の観光スポットや景観を再認識することで、(管外への)観光PRの足がかりにしたい」としている。

     バスの運行は両コースとも第1便は午前11時出発。1時間ごとに計6便運行する。

     周遊ルートは次の通り。
     ▽A(東北)コース=帯広競馬場−池田まきばの家−池田ワイン城−幕別いちご園−十勝川温泉展望台−十勝川温泉−柳月スイートピアガーデン−帯広競馬場▽B(西南)コース=帯広競馬場−新嵐山スカイパーク−帯広の森・はぐくーむ、紫竹ガーデン遊華−北斗病院−真鍋庭園−北の屋台(車窓からの見学のみ。降車不可)−帯広競馬場。

    見どころや特産品紹介帯商などガイドブック
     帯広商工会議所などは、ばん馬まつりにあわせて、「とかち癒(ゆ)とりフェスタ」ガイドブックを製作した。無料シャトルバスツアーの見どころ、十勝の特産品「Myとかち商品」を紹介している。

     冊子はA5版カラー12ページ。フェスタの概要やバスツアーで回る施設、今後のイベントを紹介している。

     1万2000部製作。帯広商工会議所、帯広競馬場のほかシャトルバスツアー対象の施設などで配布する。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 16-20  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社