΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
    - 2010年10月21日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     日本テレビ系列(道内はSTV)の番組「ズームイン!!SUPER」は22日朝、ばんえい十勝の“中高年の星”ゴールデンバージ号の人気、盛況のとかちむらなどを特集枠「ズーム流」(午前7時25分から約10分間の予定)で全国放送する。UHBは「のりゆきのトークDE北海道」(同9時55分から)で、競馬場堆肥(たいひ)から作られる「とかちマッシュ」など帯広の新グルメを取り上げる。




    ゴールデンバージ号と対面した西川会長(右)。左は山田調教師

    - 2010年10月19日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     日本の競馬界を支える社団法人中山馬主協会(西川賢会長)の60人が18日、帯広競馬場を研修で訪れ、ばんえい十勝を視察した。西川会長(日本馬主協会連合会副会長、ウエスタンファームオーナー)は歌手・山田太郎で知られ、多くのスターを輩出、帯広出身の小学生演歌歌手さくらまやをスカウトした新栄プロダクション社長を務める。競馬界・芸能界の大物を迎えた競馬関係者は歓喜し、“中高年の星”として全国に有名になったゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作きゅう舎)との対面も実現した。

     JRA(日本中央競馬会)の中山馬主協会(会員389人)は1949年創立、61年の歴史を誇る。世界一の売り上げを記録する年末のG1「有馬記念」で知られる中山競馬場(千葉県船橋市)を拠点に、会員には有力者がそろう。研修は国内外で行い、今回は「会員には帯広出身者もいて、同じ競馬だが平地とは違うばんえい競馬の仕組みや歴史を学びたい」(西川会長)と、日高地方の視察も含めて2泊3日の日程で来道した。

     レース、装鞍(あん)所、練習馬場などを視察した会員らは競走馬の値段、きゅう舎への預託料、報償金なども調べて「これほど低い賞金額できゅう舎はよく頑張っている」。西川会長は「農業日本一の十勝に根付いた歴史のある競馬だと分かった。レースは間近で見ると迫力がある」と感心、テレビで全国的人気のゴールデンバージ号と対面して山田調教師と握手を交わした。

     西川会長(62)は20歳で馬主(当時日本最年少記録)になった競馬界の有名人。歌手・山田太郎として「新聞少年」(65年発表)がヒット、NHK紅白歌合戦にも出場し、今年9月には事務所の先輩・村田英雄の名曲「花と竜」「男の土俵」をカバーしたシングルCDを発売した現役歌手でもある。同シングルの発表会には、子会社「シンエイ5(ファイブ)」所属のさくらまやも出演、村田の「祝い節」を歌った。「さくらをスカウトしに帯広に来たことがある。素晴らしい歌手だ。次は新曲『スカイツリーは雲の上』を歌ってもらう」と、十勝が生んだ歌姫のパワーにも期待を込めた。(横田光俊)



     
    人間ばん馬、十勝勢が初優勝
    2010年10月18日(月)

    管内勢で悲願の初優勝を果たし喜ぶ「豊頃農協青年部プリンス」のメンバー

    - 2010年10月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    豊頃町農協青年部プリンス 管内勢初V

     帯広競馬場で17日に開催された「2010ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」で、豊頃町農協青年部プリンス(豊頃町)が優勝、賞金の88万円を手にした。大会が始まってから2年連続優勝の網走管内美幌町チームの3連覇を阻み、管内勢では初の栄冠。

     同チームは豊頃町の農家で構成。予選では2位のチームに14秒以上の差をつけるなど、圧倒的な強さで1位通過した。十勝勢唯一の決勝進出チームで、場内の声援を一手に集めた。

     決勝では、5人の引き手が予選より30キロ重い180キロのそりをグングンとけん引し、第2障害(高低差1.7メートル)の頂上でトップに。下りにさしかかった地点でバランスを崩し、あわや転倒という場面もあったが、前年王者の「怪力王1世」を振り切り、先頭でゴールに飛び込んだ。

     バランスを崩した場面を振り返り「予選が大差だったので(競った展開に)焦ってしまった」と相澤祥浩キャプテン(33)。日ごろの農作業と大津の浜でのトレーニングの成果を発揮し、井下睦男監督(48)は「地元で管外チームが優勝するのを悔しい思いで見ていた。選手が本当によく頑張った」と、会心の笑みを浮かべていた。(大谷健人)

     決勝の順位は次の通り。
     (1)豊頃農協青年部プリンス(豊頃町)(2)怪力王1世(美幌町)(3)べこべこ(別海町)(4)ガクエンテイオー(札幌市)(5)怪力王2世(美幌町)



    ばん馬まつりなどが開かれ、単独開催では最多の入場者数を記録した17日の帯広競馬場(金野和彦撮影)

    - 2010年10月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    「ばん馬まつり」「ゴールデンバージ号」けん引、馬券もまずまず

     ばんえい十勝は17日、帯広競馬場(本場)の入場者数が7098人を数え、単独開催になった2007年以降では最多を記録した。同競馬場で開かれた「ばん馬まつり」(16、17日)、観光交流施設「とかちむら」との相乗効果に加え、“中高年の星”として話題を集めているゴールデンバージ号(牡13歳)の出走も重なり、大勢のファンや家族連れが来場した。売り上げも7953万7000円(予算比102.85%、前年比94.12%)とまずまずだった。

     これまでの最高は07年5月4日の7009人。17日の来場者数は、「ばんえい記念」(BG1)が開催された3月28日の入場者数(3522人)の倍以上となった。

     17日は帯広の最高気温が20.1度と平年(15.2度)を大きく上回るなど天候にも恵まれ、「とかちばん馬まつり」には大勢の家族連れや観光客が来場。駐車場に入る車の行列もできた。

     登録抹消から復活し、快進撃を続けるゴールデンバージ号も第8レースに出走、2着に入る力走を見せ、中高年のファンや子どもから大声援が送られた。

     まつりを主催した「ばん馬とともに地域振興をはかる会」の川田章博会長は、「ばんえいと市民の距離が縮まっていることが入場者数に表れた。競馬場が単なるギャンブルの場から脱却し、ばん馬との触れ合いの場になっている」と強調。

     ばんえい競馬を運営するオッズパーク・ばんえい・マネジメント(OPBM)の新名貴之社長は、「ナイターからデイ開催に切り替わる時期は売り上げが落ち込むが、16、17日はともに予算額をクリアした。家族連れなど従来にはなかったファン層も競馬場に訪れている。売り上げ増につなげたい」と語り、今季後半に向けて意欲を新たにしていた。(大谷健人)


     
    2カ月ぶり登場ゴールデンバージ
    2010年10月18日(月)

    【8レース】猛然と追い込み2着に入ったゴールデンバージ(松田道明騎手)

    - 2010年10月18日掲載十勝毎日新聞紙面より -

    取材や観客殺到

     人間で言えば56歳、一度引退後に復帰して活躍するゴールデンバージの2カ月ぶりのレースには、テレビ・雑誌・新聞など約20社が取材に駆け付け、本番前のパドックも観客で埋まり、馬券も圧倒的な一番人気。室蘭市から来た男性(70)は「ここで会えて感激した」。

     レースは苦手の第2障害でてこずり5番手で降りたが、抜群の末脚で2着に。松田道明騎手は「人気だから、最低でも2着と思っていた」とほっとした表情。休養中は草ばん馬で活躍、競馬場に戻ってから山田勇作調教師が仕上げてきた。左に行きたがるくせは、松田騎手の腕で折り合いを付けた。「まだ馬体が良くなっている。スタミナも十分。末脚の伸びもある。まだまだ頑張れる」(松田騎手)、「きょうの走りを見て自信が持てた。レース勘を取り戻すと調子も上がっていく」(山田調教師)と、勢いは止まらない。次走は23日の第9レース(午後3時55分発走予定)になる見込みだ。


    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 11-15  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社