΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年10月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     
     
    幸運をもたらす「開運蹄鉄」
    2010年10月25日(月)


    - 2010年10月24日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     手で触れば幸運をもたらすという「開運蹄鉄(ていてつ)」が、帯広競馬場スタンド入り口に23日開設されたゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作きゅう舎)応援コーナーに登場、大人気となっている。

     ばんえい十勝で“中高年の星”として全国的人気の同号が復帰戦勝利(7月19日)など3勝した際に着けていた蹄鉄だ。馬主の川端悟さん(空知管内奈井江町)が提供、磨き上げて飾った。中高年のファンたちが「幸せをもらおう」と触りまくっている。

     この日の第9レースに登場した同号の馬券は圧倒的な1番人気。後方からの追走が届かず4着に終わったが、約2200人の観客数は重賞レース並みに多かった。「走りを見ていると自分もまだまだ頑張れると思う」「無理をしないで、まだ何年も走ってほしい」と、ファンの願いが同号をさらに後押ししている。




    ばんえい応援できゅう舎食堂に住み込み、食事提供を手伝う青山祐子さん

    - 2010年10月23日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい競馬馬主協会(大野清二会長)の呼び掛けから発足した市民活動「十勝応援団」代表を務める青山祐子さん(56)が、映画「雪に願うこと」の舞台にもなった帯広競馬場のきゅう舎食堂を手伝い1年になる。きゅう舎の単身者らが利用していた名物食堂は、経営者夫妻が体調不良で昨年夏から約4カ月間休業、見るに見かねた青山さんが札幌から移住して食堂に住み込み、騎手・きゅう務員への食事提供とともにイベント企画でばんえい競馬を支えている。

     青山さんはオホーツク管内遠軽町出身。父は道議会議員を3期務めた正男さん。STV(札幌テレビ)の番組「ズームイン!!朝!」の報道スタッフとして働き、退職後は牛乳消費キャンペーン「ミルクランド北海道」の初代ミルクガール、公共施設の指定管理者・イベント運営のアクティオ(本社東京)の創設に参加して同社で12年間専務として活躍、国際花と緑の博覧会(1990年・大阪)の運営などにかかわった。

     幕別町発祥のパークゴルフのイベント化を目指して帰道、札幌で企画会社を立ち上げ、北海道洞爺湖サミット(2008年)ではエコ・ギャラリーの統括ディレクターを務めた。

     知人のばんえい競馬馬主の誘いで同年秋、帯広競馬場を訪れて馬券を買い「文句なしに楽しかった。子供のころに遠軽の実家で、馬が引いていたそりで遊んだ記憶があった。ばんえい競馬は北海道の歴史そのもの。競馬関係者も親しみやすい」と熱烈なファンになった。

     昨年4月に「十勝応援団」を立ち上げ、イベント企画で応援を続けた。その中で同年7月から、きゅう舎食堂が閉まり騎手やきゅう務員らが困っていることを知り、手伝うことにした。同11月に食堂は再開、札幌の会社を休止して帯広に移住、食堂に住み込んだ。食品衛生責任者の資格なども取得した。

     営業は朝(午前7時〜9時半)と夕(午後5時〜7時)。定食(500円)やめん類などを出す。常連の鈴木勝堤騎手(51)は「皆、助かっている。家庭の味でおいしい」と、健康にも気遣ってくれるメニューに大助かり。

     青山さんは「イベントでは現場が大切。店に来る競馬関係者の声を大切にして応援活動を続けたい」と意気込んでいる。(横田光俊)


    - 2010年10月23日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝のオープン馬で女性ファンを中心に最高人気の牝馬フクイズミ号(9歳、松井浩文きゅう舎、尾ケ瀬馨騎手)は、24日午後5時10分発走の重賞レース第31回北見記念で勝利すると、今年1月2日の帯広記念に始まり、旭川記念(6月20日)、岩見沢記念(9月26日)に続いて1年間で4大記念レースを制する史上初の“グランドスラム”を達成する。

     同競馬ではタカラフジ号とスーパーペガサス号(いずれも引退馬)が、1年間での達成ではなかったものの4市開催だった当時の各競馬場での古馬4大レースを制している。


    - 2010年10月22日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     ばんえい十勝の競走馬で“中高年の星”として全国的大人気のゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作調教師、松田道明騎手)は23日、帯広競馬場の第9レース(午後3時55分スタート)で発走予定。レース前のパドックには前レース終了後の同3時25分ごろ登場する。同号は人間で言えば50歳台後半ながら、7月19日の復帰戦勝利など今季は5戦で3勝を挙げている。

    - 2010年10月22日掲載十勝毎日新聞紙面より -

     通算999勝としている大口泰史騎手(41)=西邑春夫きゅう舎、陸別町出身=は、23日に7回の騎乗を予定しており、1000勝達成の可能性が高い。同騎手は1991年4月22日に初騎乗、同年6月3日に初勝利。同競馬で数少ない左利きで、豪快な騎乗スタイルのサウスポーとしてファンに人気がある。23日は第2レースから登場、第11レースのドオーダッシュ、最終レースのキョウエイトップなど人気馬にも騎乗予定。

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ >>  

    表示件数 6-10  (全31件中)
    著作権 十勝毎日新聞社