΂񂦂\
BANEI THEATER
HOME > 2010年1月
CATEGORY カテゴリー
BACKNUMBER バックナンバー
2017年10月(8)
2017年9月(15)
2017年8月(12)
2017年7月(9)
2017年6月(9)
2017年5月(11)
2017年4月(20)
2017年3月(19)
2017年2月(15)
2017年1月(13)
2016年12月(13)
2016年11月(13)
2016年10月(11)
2016年9月(7)
2016年8月(11)
2016年7月(11)
2016年6月(4)
2016年5月(4)
2016年4月(19)
2016年3月(16)
2016年2月(8)
2016年1月(9)
2015年12月(8)
2015年11月(10)
2015年10月(10)
2015年9月(9)
2015年8月(11)
2015年7月(12)
2015年6月(8)
2015年5月(4)
2015年4月(19)
2015年3月(19)
2015年2月(14)
2015年1月(11)
2014年12月(13)
2014年11月(8)
2014年10月(20)
2014年9月(14)
2014年8月(20)
2014年7月(14)
2014年6月(9)
2014年5月(8)
2014年4月(23)
2014年3月(25)
2014年2月(9)
2014年1月(22)
2013年12月(17)
2013年11月(23)
2013年10月(19)
2013年9月(16)
2013年8月(9)
2013年7月(15)
2013年6月(18)
2013年5月(8)
2013年4月(15)
2013年3月(20)
2013年2月(10)
2013年1月(11)
2012年12月(15)
2012年11月(18)
2012年10月(13)
2012年9月(11)
2012年8月(11)
2012年7月(8)
2012年6月(8)
2012年5月(9)
2012年4月(22)
2012年3月(21)
2012年2月(14)
2012年1月(9)
2011年12月(16)
2011年11月(7)
2011年10月(16)
2011年9月(21)
2011年8月(13)
2011年7月(7)
2011年6月(15)
2011年5月(9)
2011年4月(29)
2011年3月(23)
2011年2月(17)
2011年1月(34)
2010年12月(33)
2010年11月(18)
2010年10月(31)
2010年9月(30)
2010年8月(24)
2010年7月(24)
2010年6月(19)
2010年5月(11)
2010年4月(27)
2010年3月(37)
2010年2月(29)
2010年1月(38)
2009年12月(31)
2009年11月(19)
2009年10月(26)
2009年9月(21)
2009年8月(15)
2009年7月(17)
2009年6月(23)
2009年5月(16)
2009年4月(25)
2009年3月(20)
2009年2月(16)
2009年1月(17)
2008年12月(21)
2008年11月(8)
2008年10月(19)
2008年9月(3)
2008年8月(2)
2008年7月(2)
2008年6月(5)
2008年5月(1)
2008年4月(5)
2008年3月(2)
2008年2月(12)
2008年1月(14)
2007年12月(12)
2007年11月(5)
2007年10月(3)
2007年9月(10)
2007年8月(2)
2007年7月(6)
2007年6月(22)
2007年5月(39)
2007年4月(54)
2007年3月(33)
2007年2月(19)
ENTRY エントリー
  • 女性騎手と交流、トークショーやエキシビションレースも [10/17]
  • ミスタカシマV牝馬20年ぶり、ばんえいナナカマド賞 [10/16]
  • ミラクルカオリ牝馬V 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会 [10/15]
  • あすナナカマド賞 2歳馬初の重賞 [10/14]
  • ばんえい十勝 14、15日に1歳馬決勝大会 予想大会も [10/13]
  • 発売額 前年比31%増 本場は落ち込み続く ばんえい前半終了 [10/10]
  • 180キロの鉄そり引く 人間ばん馬 北大陸上部が優勝 [10/10]
  • ばん馬まつり 食べて乗って 初のクイズ大会も [10/7]
  • 村上慎一調教師1000勝達成、ばんえい十勝 [9/29]
  • 禁止薬物検査結果は13頭陰性 [9/29]
  • マルミゴウカイ2冠達成 ばんえい銀河賞 [9/25]
  • ばんえいで興奮作用の禁止薬物 1頭を出走停止 帯広署に届け出 [9/24]
  • ばんえい銀河賞予想、マルミゴウカイ有力 [9/23]
  • ばんえい文化祭にぎわう グルメやイベント満喫 [9/23]
  • 23日から競馬場で多彩な催し ばんえい文化祭 [9/22]
  • LINK リンク
    ばんえい十勝 オフィシャルサイト
    ばんえい金太郎
    ばんえい十勝サポート推進会議ホームページ
    ばんえい競馬情報局
    ばん馬のいる風景 -BANEI Photo Gallery-
    ばんえい競馬に関するニュース一覧
    社団法人ばんえい競馬馬主協会
    “世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所
    マイとかち ばんえい十勝
    ばんえい競馬馬主協会、イベント本部の活動日記!
    「がんばれ!ばんえい競馬」応援企画回想中!
    がんばれ!ばんえい競馬
    のよのよ in Zの悲劇?!
    栄冠ステーブル
    地方競馬に行こう!
    日々の覚え書き
    つづけよう!ばんえい競馬
    とかち馬文化を支える会
    世界で唯一のばんえい競馬-帯広市
    Odds Park
    ソフトバンクプレイヤーズ

    WEB TOKACHI 十勝毎日新聞社

    SEARCH 検索


    ばんえい十勝劇場内
    WEB全体

    Powered by Google


     


     応援よろしくお願いします! ばんえい十勝開催中の帯広競馬場で3日、新人ジョッキー渡来心路(こころ)騎手(20)=今井茂雅厩舎(きゅうしゃ)所属=がファンにお披露目された。

     渡来騎手は現役2人目の帯広出身者。4年前にばんえいの世界に飛び込み、昨年12月に3度目の正直で騎手試験に合格。9日以降にデビュー戦が予定されている。

     目にも鮮やかなオレンジ色の勝負服でファンの前に姿を現した渡来騎手。「まだ上手に乗れないかもしれないけど、精いっぱい頑張ります」と力強く誓った。2年連続で馬券発売額が前年割れする厳しい幕開けとなり、“救世主”へと地元の期待は高まる−。


    圧倒的な末脚でゴールを目指すフクイズミ

     ばんえい十勝は2日、帯広競馬場で正月恒例の重賞レース、農林水産大臣賞典第32回帯広記念(BG1、4歳以上オープン別定)を行い、3番人気のフクイズミ(牝9歳、松井浩文調教師、尾ケ瀬馨騎手)が並み居る牡馬の強豪を下して2連覇を達成した。タイムは帯広記念史上最速の2分16秒3(馬場水分5%)。2着には2番人気のナリタボブサップ(牡8歳、大友栄人調教師、鈴木恵介騎手)が入った。

     負担重量870〜920キロの超高重量戦にもかかわらず、軽い砂の影響でレースは速いペースで展開。今年度の古馬の重賞をほぼ独占しているカネサブラック、フクイズミの松井厩舎(きゅうしゃ)勢に一矢報いようと、ナリタボブサップが先頭で第2障害を下りて逃げに入った。フクイズミは第2障害手前でじっくりとためると、難関をスムーズにクリアしてナリタボブサップを猛追。残り30メートル付近で並び、最後はばんえい競馬ナンバーワンとの呼び声が高い末脚で後続を引き離しながらゴールした。フクイズミの負担重量は昨年と同じ880キロだったが、優勝タイムは昨年より約1分早かった。

     この日の事前のレースで騎乗し、軽い馬場状態から速いペースになることを想定していたという尾ケ瀬騎手。「他の馬のペースにつられず、障害をうまくまとめる事だけ考えていた。2番手で障害を下りた時点で勝ちを確信した」と振り返った。今シーズンも重賞3勝と大活躍のフクイズミについては、「9歳になったが故障知らずで衰えが見えない。まだまだ勝てる」と力強く語った。


    帯広記念2連覇を達成したフクイズミ。馬の右が松井調教師、左が尾ヶ瀬騎手

     フクイズミ、カネサブラック、トモエパワーの3頭で挑んだ松井調教師は「前走で動きが重かったので、約20キロ減量したのが当たった。絞ったおかげで速いペースでもスムーズに障害をクリアし、最後まで動きが良かった」とフクイズミの走りをたたえた。=払戻金とあすの出走馬は14面(丹羽恭太)

     
    厳しい幕開けに ばんえい十勝
    2010年1月3日(日)

    今年最初の重賞レース「帯広記念」で盛り上がった帯広競馬場(2日午後4時20分ごろ、折原徹也撮影)

    正月開催の1、2日 入場、発売額が前年減

     ばんえい十勝は1日から5日連続開催中で、帯広競馬場には正月休み中の市民や帰省客らが多く訪れ、1年で最もにぎわいをみせている。しかし、1、2日は入場者数、発売額ともに2年連続で前年を下回り、市単独開催4年目は厳しい幕開けとなった。

     1、2日はふるまい酒やもちつき大会、抽選会など各種イベントが行われ、同競馬場は多くのばんえいファンや家族連れらで混雑。しかし、入場者数は1日が1560人(前年同日1730人)、2日が2543人(同2822人)で、2日間とも前年を下回った。

     馬券発売額は1日が7240万3400円(同8597万9600円)、最高峰レースの帯広記念が行われた2日が1億5370万9200円(同1億6221万4200円)で、それぞれ前年同日比15.8%、5.2%のマイナス。道内各地の場外発売所の売り上げが、荒天の影響で前年実績を大きく下回ったのが響いた。

     市ばんえい振興室は「年末開催からのトータルの発売額は前年度実績の94%で、これまでより若干持ち直してきているものの、依然として厳しい状況が続いている」(合田隆司室長)としている。
    (丹羽恭太)

    << 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8   

    表示件数 36-38  (全38件中)
    著作権 十勝毎日新聞社